柚子ティーが肌美容に向いてる!なぜならアレが豊富だから!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

柚子ティー

柚子ティーはお好きですか?

好きな人はもちろん、「まあ興味はあるけど」っていう人は、是非飲んでみましょう!「あんまり好きじゃないな」っていう人は、無理は良くないですが 何らかのきっかけで好きになってくれたらな~って思います。

私は、紅茶よりもコーヒーよりもココアよりも、ずばり柚子ティーをオススメします!実は、柚子ティーをあなどってはならない理由があるのです。

(・・・といいつつ、喫茶店に行って飲むのはたいていコーヒーですけどね^^;)

柚子ティーとは?

まず先に言っておかなければならないのが、「柚子ティーとは何ぞや?」ということです。知らない人は少ないと思いますが、念のためご説明しましょう。

柚子ティー(柚子茶)とは、まさしく柚子を使ったお茶のこと・・・

・・・あれ??

よく考えたら、お茶じゃないですよね。どこにも茶葉なんて入っていないし、どう見ても柚子湯って感じですよね(^^;)

ところがどっこい!実は、広義には、お茶というのは植物などを用いた飲み物のことも指すんだそうです。これを、「茶葉茶」と区別して「茶外茶」と呼んだりするそうですよ。

柚子ティーのように植物を使った「茶外茶」には、ほかに、麦茶、玄米茶、そば茶、ゴーヤ茶、ハーブティー、ルイボスティー、昆布茶、マテ茶、桜茶などがあります。

また、植物に限らず、椎茸茶のように菌類を使ったお茶、虫糞茶のように蛾の幼虫の糞を使ったお茶もあるみたいです。

お茶といえば抹茶、緑茶、ほうじ茶、紅茶などを真っ先に思い浮かべますが、身の回りにあるお茶は、意外にも茶葉由来ばかりではないのですね。

柚子ティーの見た目は柚子を使った白湯みたいなものであり、材料が柑橘類ということでお茶と呼ぶには違和感がありますが、ああやって成分を抽出しているわけですし、立派なお茶といえそうですね♪

じゃあ、味噌汁もお茶?カレースープもお茶?一応植物からとってるし!
・・・こうやって考えると、なんだかこんがらがってきますね。が、具などを入れて料理として成り立たせているものは、お茶とは呼べなさそうですね(^^;)

柚子にはビタミンCが豊富!

柑橘類といえば、そう、ビタミンC!中でも、柚子の果皮のビタミンC含有量はトップクラスです。もちろん果汁にも、レモンほどではないですがたくさんのビタミンCが含まれています。

100g中のビタミンC量がどのくらいかといえば、

  •  柚子(果皮):150mg
  •  レモン(果皮):50mg
  •  レモン(果汁):50mg
  •  柚子(果汁):40mg
  •  グレープフルーツ:36mg

という具合です。数値を出されてもピンと来ないかもしれませんが、とにかく柚子はビタミンCの宝庫なんですね。

ビタミンCは、肌美容に欠かせない重要な栄養素

ビタミンCは水溶性の栄養素で、昔から肌に良いと言われてきました。肌のハリやツヤを求める女性たちにとって、ビタミンCの欠如は非常に大きな痛手を食らうことになります。

ビタミンCには、真皮のコラーゲンの生成をサポートしたり、シミの原因となるメラニンの生成の抑制をサポートする働きがあると言われています。

さらには、ニキビにもビタミンCは良いと言われています。皮脂の分泌量を整えたり微炎症肌を整えたりする働きがあるためです。

また、(これは主に男性に言えることですが)抜け毛の原因の大きな一つとしてコラーゲン不足があります。コラーゲンはなかなか意識的に摂りづらいため、ビタミンCを積極的に摂ることでコラーゲン生成を促すと良いと言われています。

ほか、疲労回復にも良いようで、こりゃもう、健康・美容のためには欠かせない栄養素と言えますね。

ところが、柚子をそのまま丸ごと食べるのは気が引けませんか(^^;) 柚子は、料理のアクセントで用いたり、香りづけに使ったりするのがメジャーですしね。

でも!皮を乾燥させて砂糖でまぶして食べたりする方法もあるし、先ほどから言っているお茶としての使い道もあります。

喫茶店では積極的にホット柚子ティーを飲もう!

あくまで柚子ティーがメニューに存在する喫茶店でのお話ですが、ぜひとも積極的にホット柚子ティーを飲んでみてください。

私が仕事合間にたまに行く喫茶店には、アイスとしてもホットとしても柚子ティーが存在しています。柚子の果肉と果皮が底の部分に積もり、ザ・ビタミンCドリンク!ハチミツの甘みも心の緊張をほぐしてくれます。

できれば、真夏でない限り、アイスは避けておいたほうが良いです。別にダメってことはないですが、胃腸を冷やしてしまうといけないんで、なるべくホットで落ち着いて飲むのが良いかな?と思いますね。

なお、喫茶店によっては果肉も果皮も入っていないところがあると思います。それでも悪くはないですが、できれば果皮が入っているほうがいいですね。私ならスプーンですくって食べますよ(笑) これがまたウマいんです!

自宅で作って飲むという方法も

喫茶店の柚子ティーばかり飲んでいると、金欠になりかねません(笑) コーヒーや紅茶ならまだしも、ちょっと変わったお茶というのは少しだけ値段が高かったりしますよね。だから、喫茶店に行ったとき、私はコーヒーを飲むことが最も多いです。

そこで、どうしても柚子ティーを気軽に味わいたいという人は、ぜひ自分で作って飲んでみてはどうでしょうか?

実際に柚子を買ってきて作っても良いと思います。レシピはネットのどこかに転がってると思うんで、そちらでよろしくお願いします(と たらい回し 笑)。

「いちいち作るのがめんどくさい!」という場合は、柚子の粉を買って溶かして飲んでみたり、柚子ティーバッグをお湯に浸して飲んだりすると良いと思います。

それと、柚子ティーの素(果皮入り)を使うという手もありますね。マーマレードみたいになっているので、トーストに塗っても美味しいかと思います。ビタミンCを手軽に摂取!アマゾンや楽天で検索すると出てくるかもしれません♪

飲みすぎには注意!

たいていの柚子ティーには、ハチミツや砂糖が入っています。要は、紅茶やハーブティーと違ってカロリーがいくらかあるので、ダイエット中の人は気を付けましょう。

もちろん、サイダーやコーラなどよりは遥かに少ないです。柚子ティーのカロリーは、素がティースプーン2杯分ほどで70~80kcalくらいです。砂糖が多いものだともっと多くなるでしょうし、砂糖よりハチミツが多いものだと50kcalくらいのものもあるようです。

そのため、1日1杯であればさほど気にすることはないでしょう。ただ、糖尿病の人は、念のため医師と相談の上で味わわれたほうが良いかと思います。

まとめ

今回は、柚子ティーと肌美容の関係についてお話ししましたが、ご理解いただけましたか?

柚子ティーにはビタミンCが豊富!ビタミンCは肌を整えたり美しくするためには欠かせない栄養素!そして、喫茶店にホット柚子ティーがあったら、進んで飲んでみましょう!家で作って飲むのもイイネ!

・・・ざっとまとめてしまうとそんな感じです。

でもまあ、柚子ティーばかりに固執するのも変なので、ほかにも栄養バランスを考えて、ありとあらゆる物を食べてみたいものですね。ビタミンCひとつとっても、パプリカやピーマンにもたくさん含まれているんですし♪^^

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 飲み物   パーマリンク