ヨーグルトが肌荒れを招く!?肌の美容への効果って…

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

ヨーグルトで肌荒れ!?

友達とお祭りに行き、お化け屋敷に入ったけどつまらなくてガッカリしたタッカでございます。

今回は、ヨーグルトのお話です。

朝食でヨーグルトを食べる人は非常に多いのですが、あなたはどんなのをお食べになりますか?私は食べてませんよー。

なぜって?・・・詳しくは下記をお読み進めくださいね♪

 ヨーグルトが腸に良いのは本当?

ヨーグルトは乳酸菌がたっぷりで、腸に良いと言われています。

便通が良くなり、腸内環境が改善されるということで、それを目的として食べる人も非常に多いでしょう。

ただ、全員がそういった効果を期待できるのかと言ったら、そうでもないようなのです。

私は以前に軽度の潰瘍性大腸炎と診断されたとき、食べるのを控えるべき食べ物の中にヨーグルトなどの乳製品が含まれていました。

普通は、「腸に良いんだから食べたほうが良いんじゃない?」と思いますよね。家族に実際言われましたので。

しかし実は、ヨーグルトって胃腸を刺激する食べ物なのです。いや、「刺激する」というよりは「刺激するおそれがある」と言うべきかもしれません。

その理由は以下のとおり。

  • * 脂肪が含まれている。
  • * 乳酸菌の酸が含まれている。

この両方が、胃腸に負担を加える原因にあります。もちろん製品にもよります。そして、

  • * ラクトースが下痢を引き起こす可能性がある。

これも製品によりますが、ラクトースという成分が、腸をグルグルと言わせて下痢を引き起こしたりします。

日本人の多くは、太古から農耕文化の中を生きてきたので、乳製品に対する耐性が弱い人も数多くいます

以上、ヨーグルトは腸には良いのは確かなのですが、それが万人には言えないということになります。

アレルギー症状も改善する、と言われていますが、長年食べていると逆効果になることもあるそうです。

ヨーグルトと肌荒れ改善の関係は・・・

腸内環境が良くなるということは、体調の改善を意味することが多いです。それも腸が第2の脳と言われているゆえんですよね。

腸内環境が悪化すると悪玉菌が増殖します。そうなれば、毒素が体内に溜まり、それが血液に溶け込んで体中を巡るため、肌荒れを引き起こし、老化を促進させます。

ヨーグルトの乳酸菌は善玉菌で、これの力によって悪玉菌が排出されます。

当然ながら、肌の美容を保っていく上では非常に効果があると言えるでしょう。肌荒れ改善をする上で、ヨーグルトは欠かせない存在です。

ヨーグルトは必要だね

ところが、先述のとおり、ヨーグルトには胃腸に刺激を与えるおそれも潜んでいます

胃に負担がかかれば消化能力が弱まり、腸に負担がかかれば水分・栄養分等の吸収率も低下してしまいます。

すると、体に必要な成分を効率良く摂取することがままならなくなり、体は元気を失っていきます。

それにつられて、肌もパワーを失い、肌荒れの改善にもならなければ肌の美容も望めません。

ただ、正直これは考えすぎかもしれません。

ヨーグルトが腸に良いと世間では言われているのだから、良いのは確かなのです。進んで食べても良いでしょう。

気を付けるべきは、胃腸に何らかの病状がある人や、牛乳を飲むとお腹を下してしまうような人です。このような人たちにとっては控えたほうが安全かなと思います。現に潰瘍性大腸炎を患っている私は、乳製品摂取を制限されておりますしね(^^;)

ヨーグルトには、肌に良い栄養素がたっぷり!

ヨーグルトの粗探しをしているような内容になってしまったので、ここで栄養素をご紹介して持ち直しをしましょう。

ヨーグルトには、肌荒れの改善にも美肌にも良い成分がたっぷりなんですよ♪

主なところを書き出すと、

  • * タンパク質 : これは体をつくっていく上で基本ですね。
  • * ビタミンA : 免疫を作る上で欠かせません。
  • * ビタミンB6 : 不足すると肌荒れやニキビが生じます。
  • * ビタミンC : 肌に良いコラーゲン生成の手助けに必要です。
  • * ビタミンE : 若さのビタミンといえばコレ!抗酸化作用や肌バリア機能を強化!
  • * カルシウム : 肌の保湿や代謝に必要です。
  • * マグネシウム : これも、カルシウムと同様に肌の代謝に必要です。

という具合です。製法によって量などに差は出てくると思いますが、肌に良い成分がたくさん入っているので、食べても下さない方であれば、積極的に食べたいものですね。

もちろん、食べすぎはいけませんよ~。胃腸に刺激が加わるかも?ということも忘れてはなりません。

あと、冷たい物よりかは温かいヨーグルトのほうがお腹に優しいかと思います。余裕があれば、レシピを研究してあたたかいくておいしいヨーグルトを作ってみても良いですね(*^^*)

まとめ

以上、ヨーグルトと肌のお話でした。

ヨーグルトは、乳酸菌と肌に良い栄養素が豊富で、腸内環境改善や肌荒れ改善にうってつけの食品です。ただ、人によって合う合わないがある・・・そこがポイントかもしれません。

合う方は食べ過ぎない程度に食べるようにし、
合わない方は、そのハンディキャップをほかの方法で補うと良いですね。

上手く付きあっていきましょう!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 食べ物   タグ:   この投稿のパーマリンク