焼けやすい肌と焼けにくい肌の違いって何でしょうか?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

焼けやすい肌

この画像のように、ハート形に日焼けをするなら嬉しいですが、
基本的に、日焼けが大嫌いな人は多いものです。

なぜなら、日焼けは肌の乾燥や老化を招き、
見た目も黒くなったり赤くなったりしてしまうからです。

白く美しい美肌を目指したい人にとっては、ほんと紫外線なんて最悪です。

でも、同じように焼けたはずの人でも、
なぜか自分より焼けてない人っていますよね。

自分だけ黒くなって、あの子だけはキレイなまま・・・。

いったい、焼けやすい肌とそうでない肌って何が違うんでしょうか?

焼けやすい=紫外線への防御反応が強い!?

焼けるなんてダメよ~ダメダメ!!
って思ってる方、その考え方こそアカンわ!!

・・・というのは言い過ぎですが、
焼けやすいっていうのは、実は良いことなんですよ!

ただし、黒く焼ける人の場合です。

その黒さの正体は、メラニン色素です。
肌が紫外線(UV-A波)を浴びたとき、自分を守ろうとしてメラニン色素を作ってバリアするんです。
(これをサンタンといいます)

だから、黒くなるっていうことは、
体の正常な反応であり、その後の紫外線の影響も最小限に抑えることができるんです。

もちろん、焼かないことに越したことはありませんが。

黒く焼けないほうがマズい

上で述べた論理でいくと、
黒くならない人のほうが紫外線の影響を受けやすいというわけです。

元々色白の人って、あまりメラニン色素が作られない肌質をしているので、
いざ紫外線(UV-B波)を浴びてしまうと、火傷を負ったように赤くなるわけです。
(これをサンバーンといいます。)

これでは、肌は傷みやすく、肌機能の低下や老化もしやすくなります。

じゃあ、黒くも赤くもならない人って?

でも、一緒にマリンスポーツをしたのに、
黒くも赤くもならない人っていますよね。

「なぜ、私だけ焼けたの・・・?泣」

それはきっと、体質的な要素もあるかもしれませんが、
なにしろその人はきちんと対策をしていたのかもしれません。

対策とはもちろん、日焼け止めを塗ることです。

特にマリンスポーツや水泳では、水の中で落ちやすいので、
休憩時間に塗り直しが必要です。

汗をかきやすい作業などでも、たびたび塗り直すことで、
日焼けを極力避けることができます。

また、鼻頭とか額っていうのは焼けやすい部位です。
そこは重ね塗りをするなどして工夫されると良いでしょう。

敏感肌の方は、日焼けしやすい!?

あと、元々敏感肌だという自覚がある方は、
もしかしたら日焼けをしやすい肌になっているかもしれません。

敏感肌というのは、単なる乾燥肌と違って、
肌機能が不安定で、肌が弱ってしまっている状態のことをいいます。

すると、日焼けに対する防御反応もうまく働かなかったり、
逆にメラニン色素が大量に出たり、肌の中に溜まり込んだりするおそれもあります。

だから、そういう方は日焼け止めのことを考える前に、
敏感肌をどうにかすることを念頭に置いてケアすることが大切です。

日焼け止めが肌を傷めてしまうこともある!

敏感肌の場合、日焼け止めに入っているUVカット成分が肌を傷める可能性があります。

だからこそ、日焼け止めを塗ることよりも、
まずは敏感肌のスキンケアを考えてみるほうが大切なのです。

肌機能が正常な状態に整えば、
新陳代謝(ターンオーバー)もきちんと働くようになって、
乾燥しにくく、またキレイな肌を保ちやすくなるのです。

焼けやすい肌とそうでない肌のまとめ

ここでざっとまとめると、

 ≪黒く焼けやすい肌≫

  • * メラニン色素が作られやすい肌
  • * 日焼け対策ができていない肌

 ≪赤く焼けやすい肌≫

  • * メラニン色素が作られにくい肌
  • * 日焼け対策ができていない肌

 ≪焼けにくい肌≫

  • * 日焼け対策がしてあり、なおかつ安定した肌
  • * 体質も関係あるかも

という感じになります。
いかがでしょうか?けっこうあっさりとまとまったと思います。

日焼け止めでオススメなものって?

最後に、オススメアイテムをご紹介します。

日焼け止めで人気なものは、
マリンスポーツ以外でしたら、一年を通して「ウェアルーUV」というものですね♪

ノーファンデーションでも使えるようになっていて、
またSPF30のオーガニック処方なので、
肌への負担のことを考えると、私は丁度良いのでは?って思います。

化粧下地として使うことができ、ローズのクセのない香りもなかなか良いです(*^^*)

公式サイトはこちら
>> ウェアルーUV

マリンスポーツのときは、水分に強く、強めの日焼け止めを使うと良いでしょう。
強めといえばSPF50・PA++++がありますが、
敏感肌の方には負担になる場合がありますのでご注意ください。

マリンスポーツには「アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+ 60mL」がオススメです。
楽天市場から購入することが可能です。

楽天市場で購入するなら
>> アネッサ パーフェクトUVサンスクリーンA+ 60mL

敏感肌の方は、まずはそのケアから 

私は敏感肌かも・・・という自覚のある方は、
季節関係なく、そのスキンケアをしっかりとすることが急がれます。

敏感肌ケアといえば、DECENCIAというブランドの「アヤナス」が代表例です。
低刺激であるのはもちろん、ばっちり肌を保護・保湿できると思います。

トライアル出来るので、ぜひ試されてはいかがでしょうか?

>> アヤナスの公式サイトはこちら

今回のまとめ 

今回は、焼けやすい肌とそうでない肌、
そして、焼けにくい肌のための対策について述べさせていただきました。

一年を通して、日焼けは身近な存在です。
夏は炎天、冬は雪焼け。季節の変わり目は肌が特に弱るので、
そこでも気が抜けません。

しっかりと対策をしていきましょう!
もちろん、食事や睡眠などもしっかり摂って
内面から強い肌を作り上げていくことも大切ですよ♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 日光や紫外線と肌の関係とは   タグ: ,   この投稿のパーマリンク