ウォーキングが肌にいい!?ストレスとシワに、さよならグッバイ!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

walking

夏が終わって秋になると、ウォーキングをする方が増えますね!歩くことはとても楽しく、気分も朗らかになります。

ウォーキングは心身を健やかにしますが、実は肌にもとても良い効果があります。つまり、日頃溜まったストレスを大いに発散できる上に、シワまでがさよならグッバイ!・・・まあ、消えはしませんが、美肌のためには、ぜひともウォーキングをオススメしたいものです。

では、細かく見ていくことにいたしましょう。歩くことが億劫な人は必読ですよ!

ウォーキングならスポーツ嫌いでもOK!

身体をあたためるような運動を考えてみましょう。しかしたくさんありすぎて困りませんか?

例えば、野球が嫌いな人に野球を勧めたり、バレーが嫌いな人にバレーをやれと押し付けたりしても、高確率でやらないと思います。そのため、ここではまず誰でも気軽に楽しめて、なおかつ効果を感じることのできるウォーキングを取り上げました。

基本的には、いくら歩くのが嫌いな人でも歩かないで生き抜くようなことはありません。そのため、歩きの量を増やしたり質を考えたりすることはイメージがしやすいと思います。

とはいっても、そうしたところで肌への効果がすぐに感じられるわけではありません。日々の継続がやはり功を奏すと思いますので、その点を忘れないようにしながら、以下のお話をお読みいただけたらと思います。

ウォーキングをすると身体があたたまる!

当然な話かもしれませんが、ウォーキングをすると誰でも身体があたたまります。なので、夏場に歩くのは地獄だし、冬場には寒さを忘れることができたりしますよね。

でも、なぜ身体があたたまるのか、考えたことはありますか?
まあ、ちょっと考えれば、血液循環が良くなることは誰でも分かることではないかと思います。

また、歩くときには体中の筋肉を頻繁に使っています。筋肉は動かすと熱を発するため、体温が上がります。毎日歩けば筋肉も多く付いてきますので、それによって発熱量も増えるようになります。

(そういえば、歩いていないときにも基礎代謝が身体では起こっています。

基礎代謝というのは、運動をしていなくても常に体内で起きている代謝のことです。だから、体温が無くなって死ぬようなことは起き得ないのですが、なんと、筋肉が増えれば基礎代謝が良くなるという話があります。

しかし、筋肉と基礎代謝には相関関係が無いという説もあります。というのも、実際に筋肉を増やしても、基礎代謝を計測すると数値が低かったという統計データがあるためです。

なので、今回は、筋肉と基礎代謝の関係にまつわる話は除外します。)

とにかく、身体があたたまるのは、血液循環が良くなったり筋肉の熱が増加したお蔭だということです。加えて、その熱によってあたためられた血液が体のすみずみまで行き届くことによって、体中がポカポカになったりもします。

身体があたたまると美肌になる!?

以前もどこかで似たようなことをお話ししたかもしれませんが、
血液というのは、栄養や酸素を身体中に運んだり、老廃物を排出しようと流してくれる役割があります。

さて、ここで想像してみましょう。この働きが、肌に関係しているのです。

・・・そう、歩くことによって鼓動が速くなって血液が体中に勢いよく流れ、肌に必要なビタミンやミネラルなどの多くの栄養を行き渡らせます。その結果、ハリやツヤのある健やかな肌を作り上げられるようになります。

また、体の代謝も向上しますから、老廃物の除去もスムーズに行われるようになります。

まあ、魔法のようにすぐに良くなるという即効性のある方法はないですが、少しずつ改善はされていくと思います。ウォーキングは、シワやたるみを減らしていくための方法のうちのひとつなのですね。

ここで話をまとめましょう。

身体があたたまることと肌に効果があることがどう関係しているのかというと、ごくシンプルに考えて、要は、
あたたまる → つまりは血液循環が良い → すなわち栄養が肌に行き渡っている → はい美肌♪ といった具合です。

俗に言う「身体をあたためる」というのは、美肌の為に必要なことだったのですね。

血液循環が良くなるのは、ホルモンのお蔭だった!

歩くことによってホルモンも多く分泌されます。これは知ろうとしない限り知り得ない情報ですが、肌の美容を考えた場合にはけっこう大事だったりします。

鼓動が速くなることの原因とされるホルモンがβ-エンドルフィンというもので、脳内モルヒネとも呼ばれています。歩き始めてからおよそ15分で分泌されますが、これが心臓の鼓動を速め、血液循環を良くし、肌に栄養を行き渡らせます。すると肌は健やかになり、シワなどにも効果的です。

ウォーキングによって分泌されるホルモンはほかにもありますが、ここで詳しく述べると小難しくなるので割愛します。

まとめ

誰でも気軽にとっつきやすいウォーキングですが、ストレス発散だけでなく、肌のシワやたるみを改善していこうとする上でもとても大切な働きを担っています。

歩けば血液循環が良くなり、肌に栄養が勢いよく送られて代謝が促進されます。すると、肌は健康な方向に舵を切り出します。

歩くという行動は、基本的には誰しも行わずにはいられない行動です。なので、まわりと差をつけるには、とにかく歩く量を増やす必要が出てきます。ただ、身体が痛むほど歩いても逆にストレスになって、それこそ肌には良くないので、適度に多目のウォーキングを心がけるようにしましょう!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 動作や活動にまつわる肌のお話   タグ: ,   この投稿のパーマリンク