冬にはウイルス、春には花粉!ぴったりサイズのマスクで対策だ!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

ぴったりサイズのマスク

冬にはインフルエンザやノロのウイルスだの風邪菌だの、春や秋には花粉だの、そしてPM2.5に黄砂に・・・。ありとあらゆる厄介者が、空中を待っていますよね。

そこで、やはり気になるのは、それらを吸い込んでしまったときの悪影響。
鼻やノドが異常を来したり、目がショボショボしたりするだけでなく、アレルギー反応によって肌荒れが酷くなってしまったりもするし、敏感肌になったりもします。

私はスキンケアを専門にブログを書いているのですが、
飛散物の影響によって、肌が傷んだり機能が低下することで、肌の弱化や老化を招いてしまうのが非常に気になります。

そこで今回は、とりあえず、
自分ぴったりサイズのマスクで、できる限りの対策を練ってしましょう!というお話を進めていこうと思います。

ぴったりサイズのマスクといえば、「ピッタリッチ」

最近は、薬局やスーパーに行くと本当に色々なタイプのマスクが売っています。
サイズも昔より豊富になり、カラーだって色々あって面白いですよね。

でも実際、自分の顔にぴったりのサイズのマスクは、なかなか売っていません。
色々買って試してみるものの、どうしても隙間が開いてしまったり、大きすぎたり小さすぎたりしてしまいます。

そこでオススメなのが、株式会社くればぁから出ている「ピッタリッチ」。

その名のとおり、自分の顔に合わせたピッタリサイズのマスクを、
特注することで作ってもらうことができるのです。
花粉や風邪の対策や乾燥肌対策にうるさい人にとって、非常に頼もしいサービスでしょう。

特注の仕方は非常に簡単です。
ここで説明するよりも、公式サイトを見たほうが早いかもしれません。

>> 花粉・PM2.5対策に強い味方のマスク!実験結果も公開中

マスクの効果は、フィルターよりも隙間に左右されてしまう

ぴったりサイズでなければ、マスクの効果は半減すると言われています。

よく市販のマスクでは、「99.9%ウイルスカット!」という宣伝文句が書かれていますが、あれは本当でもあると同時に嘘でもあるのです。

確かに、そのフィルター自体はよく考えて作られているかもしれません。素材も悪くないでしょう。きちんと装着していれば、本当に細かい粒子まで拾ってくれるかもしれませんね。

しかし、サイズが必ずしも自分に合うとは限りません。
色々なサイズがあると言っても、分け方がLやMやSといった感じに大雑把に分けられていることがほとんど。
しかも、安物のマスクだと、耳にかけるワイヤーが低品質で、すぐに弛むこともあります。

すると、できてしまった隙間からウイルスや花粉などが入り込んでくるのです。
つまり、これではマスクが本来持っているはずの効果はほとんど台無しになります。

もし心当たりがあれば(いや、心当たりがなくても)、
これから隙間について気にしてみると良いと思います。

先ほどご紹介したピッタリッチだと、このような悩みをしなくても済むようになる!というわけなのです♪

ピッタリッチは、フィルターの構造もスゴイ!

ピッタリッチは、フィルターの構造や質に関しても十分に追求されているようです。
ウイルス、菌、PM2.5をほぼ通さない高機能フィルターを使っているとのことです。

そしてさらにすごいのは、

放射能セシウムも99%シャットアウト!!

という点です。
正直、私は「そんなの嘘っぱちじゃないか?」と思っていたりもするのですが、
「もしそれが本当ならよほどスゴいマスクなんだな」と考えたりもしています。

現代の科学って目まぐるしく進歩の道を歩んでいるので、
本当にセシウムカットが可能となっているなら、フィルターに関しての文句の付け所が無いですよね。

嘘か本当かを体感する術(すべ)が私たちには無いですが、
宣伝としてそう書いてある以上、「そうなんですって♪」としか私は言えません(笑)

一応、「放射能セシウム吸着検査結果」も出ているようなので、もし気になる方は、
公式通販サイトの中ほどから、是非確認なさってみてください(^^)

>> 花粉・PM2.5対策に強い味方のマスク!実験結果も公開中

人にうつさないためにも、なるべくぴったりサイズのマスクを着用しましょう

マスクをしていないのに、咳やクシャミを連発する人がたまにいますが、あれは御免ですよね。
確実にウイルスや風邪菌は飛びまくっています。

一説では、咳でも2~3mほど飛ぶし、
クシャミなら時速60km前後で4~6mほど飛ぶとのこと。

つまり、至って普通な学校の教室で、教師が教卓のところでクシャミをすると、
最後列の生徒まで届いている可能性があるということです。そのくらい飛ぶんです。

凄まじいと思いませんか!?

だから、風邪を引いたりしたときは、ちゃんとマスクを着用しましょう!

隙間は無いのが理想です。
隙間があるだけで、クシャミをしたときにウイルスが物凄い圧力をかけて噴出します。

つまり、隙間が大きければ大きいほど、ウイルスを人にうつす確率も高くなってしまいます。先ほど書いたように、ウイルスや花粉を吸い込む量も増えるので、ダブルパンチで汚点ですね。

だから、ぴったりサイズのマスクが理想なのです。
しつこいようですが、ピッタリッチこそ、自分の顔の形状に合った物となります。

>> 花粉・PM2.5対策に強い味方のマスク!実験結果も公開中

まとめ

以上、ぴったりサイズのマスクについてのお話でした。

「ふっ、そんなこと関係ないでしょ」と思う方もいらっしゃると思いますが、悲しいかな、今回のお話は現実です。あまりに気を配れていない人が多く、私は驚いているほどです。

同じ空間に居る人たちが皆快適に過ごせるように、なるべく隙間の無いマスク、できればピッタリなマスクを使うことを心がけましょう。それが平和を呼びます!

電車、バス、部屋など、狭い空間では特に注意が必要ですね。
可能なら、換気扇を回したり空気清浄機を稼働させるのも良いでしょう。

そして外から帰ったら、玄関に入る前に服に付いたウイルスや花粉を払い、うがいと手洗いを忘れないようにしましょう♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: その他のグッズ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク