徹夜すると老化が進行する!もっと体を労わらなきゃ!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

徹夜で老化

徹夜で勉強、徹夜で残業、徹夜で門番・・・。
夜通し活動的に何かをするっていうのは、身にも心にも大きなストレスがのしかかります。

そのヒントは光(太陽)にあります。

人間は、光を浴びているときに動き、闇のときに動かないようにするのが理に適っているのです。

徹夜ばかりしていると、シワやたるみが増えるし、顔はくすむし、とにかく不健康になりますよ!

太陽の光が人間の神経を操る!

ヒントは光にあると書きましたが、
要は、太陽の光によって、人間の自律神経の働きが操作されているのです(かなりざっくり言えば)。

カーテンを閉めないで寝るほうが肌にも良い!?」の記事にも書いたように、
太陽の光を浴びると、自律神経のひとつである交感神経(活動を司る神経)が活発化し、逆に浴びないと副交感神経(休息を司る神経)が活発化します

そして、今は太陽の光を例に取り上げていますが、
実は、蛍光灯、PCやスマホのモニターなどから出てくる光も、同様な働きがあるのです。

細かいことを言うと、光の中の青い成分(ブルーライト)が原因です。

ブルーライトについて詳しい記事はこちら
>> ブルーライトは肌にも影響?可能な範囲で対策をしよう

徹夜したくば光を見るな!

鋭い方はお気づきかと思いますが、
要は、光を浴びるのと闇で過ごすのとを、良いバランスで保てば良いわけです。

徹夜のときは、たいてい電気を付けたりPCを眺めたりすると思いますが、
それらの光を全てシャットアウトすれば、光を浴びずに済みます。

日中は太陽の光を否が応でも浴びることになるので対策は困難ですが、夜は極力光を使わないということさえ気を付ければ、自律神経はさほど不安定にならずに済みます。すると、体も不健康になりづらく、肌や髪の美容面でもちょっと安心です。

逆に、日中光をシャットアウトし、夜に光を浴びるという生活も良いでしょうが、
やはり、太陽の光を浴びることはビタミン生成などの恩恵を受けられるので効果的だし、太陽の出ていない夜は、潔く眠ったほうが、体は素直に順応してくれるはずです。

夜型生活を極めるより、日が出たら起きて、日が沈んだら寝る・・・という生活に近いほうが、健康にも美容にも良いことは言うまでもありません。

どうしても夜中に仕事をしなければならないなら

夜勤の方や、夜中に必須のタスクを控えている方は、嫌でも光を浴びることになりますよね。

では、そういったときの対策って何があるのでしょうか?

私なりの考えですが、
可能であるなら、光の量を減らすということは意識したほうが良いでしょう。

PCなら光量(明度)を落とし、蛍光灯も半分以下のみを点ける。
そして、なるべく光を凝視しないようにする。

それくらいですね。

それか、先ほども少し説明しましたが、
完全夜型を目指し、昼間は地下生活のような暮らしをしてみる(=光をシャットアウト)
・・・これが、理不尽な生活の中でも最も理想的なスタイルではないかと思います。

なかなか太陽の光を浴びられないのは残念ですが、
徹夜必須の条件の下で体の健康面のことを考えたら、昼夜逆転を極めるのが一番です。

まあ、あとで元に戻すときはけっこうキツイかと思いますが。

必要が無いなら徹夜はするな!

仕事でもない限り、徹夜は基本的には必要ないと思います。
極力老化を防ぎたいのであれば、きちんとした健全たる生活を営みましょう。

学生さんの場合は、徹夜でテスト勉強をしたり課題をこなしたりするかと思いますが、そういうものは明るいうちに集中してやるべきです。どうしても時間が無い・・・ていうなら仕方がないですが、効率良く時間を使える方法を、先に考えたほうが身のためだと思います。

もちろん、老化が進んでも良い!寿命が縮んでも良い!
という覚悟があれば、その限りではありません。命を削って何かに勤しむのも、悪くないとは思います。

そして恋人同士で徹夜したい場合も、それはなるべく避けましょう。
夜中は暗く、そういったムードにもなりがちですが、体には大きな負荷がかかります。

「何子供みたいなこと言ってんだよ!」って声が聞こえてきそうですが、
健康、美容を優先したいなら、そうすべきですし、
男性は女性の“美”をいたわるべきだし、女性は男性に頑張らせすぎてはいけません。

次の日から元気に学校や仕事に向かえるよう、お互い気を遣いましょう。

・・・すっごくマジメくさったことを書いていますが、ここは冗談ではなく、本気で書いています。
全て、健康・美容のためです。それらを犠牲にするというのなら、やはり上記の限りではありません。そういう人生もアリとは思いますので。

まとめ

以上、徹夜がもたらす老化についてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

人間の活動には光が関係している!と述べましたが、
基本的に人間は昼行性なので、いくら夜型生活をしようと頑張っても、どこかで限界はやってきます

だから、必要が無いのであれば、
潔く、昼は活動し、夜は眠ったほうがいいのです。

そういうのが常識だろ!と私は言いたいわけではなくて、
そのほうが理に適っている!ということが私は言いたいのです。

理に反したことをすれば、
シワが増えたり、くすんだり、ストレスが溜まったり、片頭痛がしたり、生理不順になったり、何らかの病気にかかったりするのは当然のことです。

身も心もしっかりと労わって、末永く健康に、そして美しく生きていきましょう!(*^^*)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 睡眠と美肌の関係とは   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク