スキンケア・美容には、テキトーという精神が必要かもね!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

スキンケアテキトー

日頃このブログを書いていてつくづく思いますが、
スキンケアなどの美容っていうのは、ある程度テキトーであることも大切なのでは?ということです。

テキトーって、漢字で書くと「適当」ですが、
それとは違って、まあ要するに「いい加減さ」とでも言いましょうか。難しく言えば“傍若無人”というか(あ、意味違うか^^;)。

なぜテキトーがイイかっていうと、やっぱりそれが“いい”加減だからですよ。ちょうどいい塩梅(あんばい)とうことなのです。

張り詰めた精神では身も心も疲れる

心労

このブログに書いてあることは幅広く、どれもがスキンケアなどの美容に役に立つ情報ばかりです(良くも悪くも)。

そこで、「よーし!頑張って全部こなすぞー!!」というマジメさんも中にはいるかもしれません。

それはそれで、私としては大変ありがたいお話ですが、
そういうマジメさんこそ、スキンケアに失敗するんではないかと思うんです。

まあ、スキンケアマニアや美容家のように全て忠実にやっていらっしゃる方は違いますが、
そうでもない人は、あまりうまくいかない気がするのです(ちなみに私はテキトーな人間です 笑)。

・・・これは極端な例でしたが、洗顔にしても、事細かい意識を持っていたりすると、
結局いつまで経ってもうまくいかない気がします。

事細かい・・・というと、

  • * 肌に優しいor悪い成分を知り尽くし、自分の理想を追い求める
  • * 泡の立ち方、香り、テクスチャーに自分の理想がある
  • * 手順を間違えてはならないと考える
  • * 最大限に効率良く効果が出せるように考える

など、挙げればキリがないですが、まあ生真面目な人・神経質な人っていうのをイメージしていただけると助かります♪

別に、理想を追い続けることは悪くないし、大切な事。

でも、ある適度のテキトーさや開き直りが必要だと思うのです。

テキトーであるほうが、ストレスにならない!

ストレスにならない

よく「完璧主義者」という言葉を聞きますが、そういう人は身近にいますか?それかあなた自身はどうですか?

完璧主義者でも大きく2パターンあって、
やれちゃう人とやれない人がいると思うのですね。

完璧主義者でも、難なく理想を現実にしてしまう人は別に良いのですが、
なかなかうまく物事が進まずにストレスを抱えてしまう人が危ないのです。

「危ない」というと失礼になってしまいますが、
何を隠そうか、私が以前に付き合っていた人がそうでした。

完璧主義だったあまり、ちょっと自分の理想から外れると機嫌を損ね、急に怒り出したりして大変でした。
さぞかしストレスが溜まっていたことでしょう。

ストレスを抱えると体調・心調を崩し、それは肌にも現れます

スキンケアにおいても、理想を追い求めすぎるとストレスが溜まり、
結果として肌のコンディションが悪化してしまうことがあります。

「キレイになりたいなりたいなりたーい!!」
「なんでこの美容液はこんななの?理想と違う」
「これ全然効き目ないじゃん!ぼったくり!!」

といった思いを、誰しも少なからず抱かれていると思いますが、
度合いが大きい人ほどストレスも大きいのではないかと思います。

もっとテキトーでイイと思います。

「キレイになれたらなれた…だ。なれなかったらそれも運命♪」
「この美容液は相性が合わなかったけど、こんな点がイイね♪」
「これ私には合わなかったなあ。こんなこともあるさ!」

という楽観的思考になりましょう!

新しいケア用品を購入する前は、
「いちかばちか、やってみっか♪」

洗顔のときは、
「ちょっとくらいこすっちゃっても仕方ないよね♪気持ちいいもん」

電車で窓側に座って眩しいときも、
「日焼けしちゃう!カーテン閉めよう」と張り詰めるばかりではなく、
「日光浴も大事だよね♪」と考える。

・・・まあ、これらは例にすぎませんが、
張り詰めるよりテキトーな精神があったほうがイイんです。

ストレスにならないし、融通が利くし、広い考え方を持てるし、
・・・とにかく、そちらのほうがうまくいきそうな気がしませんか?

テキトー“すぎ”はダメ!ある程度のテキトーさがイイ

テキトー

テキトーがいい!と言うと、
「私ズボラだからちょうど良かった!」と喜ぶ人もいらっしゃるでしょう。

でも、完全にテキトーでは困ったものです(笑)

一生洗顔しなーい!保湿しなーい!全く日焼け対策しなーい!
・・・これでは肌は傷んでいってしまいます。

なので、最低限のスキンケア知識さえあれば、
「あとはテキトーな“つもり”で良いですよ」ということが私は言いたいのです。

テキトーは「適当」ですが、ふたつを混ぜて「テキ当」くらいがイイのかなと思います。

対策はちゃっかりこなすけど、心に余裕を持って自由にやる「失敗してもそれも運命」という心構えをする。失敗しても、それを笑って楽しむ!

そういうことを私は言いたかったわけです♪

そのほうが心もハッピーになり、笑いが増えます。体に良いホルモンもたくさん分泌されるようになります。血行も代謝も良くなります。当然肌もキレイになっていきます

完璧主義や生真面目は、悪いことではないですが、
自分の身の丈を超えるようなことはしようとしないほうが、変なストレスから逃れられると思うのです。

まとめ

今回の内容は、なんだか哲学チックなお話でした。いかがでしたか?

一言でまとめてしまうなら、結局は「笑顔が自然と溢れる心づもりで生活しよう」ということかもしれません。なんだか分かりにくい話になってしまってすみませんでした。

このブログに書いてあるスキンケア情報は本当色々です。

私も「ああしろこうしろ」とああだこうだ書いていますが、それを忠実にやろう!と思わなくても良いです。私は強く言うときもありますが、100%やってもらおうだなんて考えていません(でも、やってくれるような有難い人は大好きです♪)。

ただ、やはり「全部こなす」という理想は掲げていただけたら幸いです。

そして、いきなり全部とっかかろうとするのではなく、
自分ができるところから少しずつ手を付けていくようにするのが良いと思います。

スキンケアばかりでなく、人生、テキトーに過ごしてみてはいかがですか(^^♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: ストレスや精神的負担による肌への影響, 美意識や心の持ち方について   タグ: ,   この投稿のパーマリンク