手足が冷たい!?それ、肌を悪化させます

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

手足が冷たい

特に冬場に気になることですが、手足が冷たい!と嘆く人がいます。そりゃそうですよね。気温が低いんですもの。

でも、夏場にも手足が冷たくなること、ないですか?
「暑い夏なんだし、好都合じゃないか♪」と高をくくっていると、身体の重要なSOSを見逃していることになりかねませんよ!

これは冬にも言えることであり、気温が低いからと簡単に片づけてしまってはいけません。

では、ここではその手足の冷えの話から肌の状態の話へとつなげていこうと思います。

まず、正常な状態では手足は冷えない

人間というのはうまくできています。

冬の極寒日に暖房の効いていないところにいると、当然、衣類に覆われていないところから冷えていきます。このときあなたは「寒!」とか「冷た!」と感じるはずです。

すると、その感覚を察知した脳の視床下部(自律神経の中央指令室です)というところから「身体をあたためるぜ!」という指令が送られ、血管がキュッと細められます。こうすることで熱を逃がさないようにしています。寒い日は身体が縮こまりますよね。あのイメージです。

逆に、夏に「暑い」と感じるときは、血管が膨張し、汗を流して熱を逃がそうとします。

以上が、身体の正常なシステムです。

ということは、手足の冷えは異常事態?

要するにそういうことです。上に書いたシステムが正常に機能していないから、手足の冷えが生じるわけです。

「夏でも同じなの?」という疑問が湧きますが、先に答えを申しますと、同じです。

夏には至る所で冷房がガンガンに稼働しています。適性な温度設定になっていればさほど心配はないのですが、あまりに寒いようだと、冬と同じく身体は自分自身をあたためようと努力します。

まあ、ここまでは正常な働きをしているわけですが、そのシステムを狂わせるようなことがあると、冷えが発生するのです。

冷えの原因を突き止めよう

では、システムの異常事態はどのようにして引き起こされるのでしょうか?

実を言うと、本当様々な原因が複雑に絡み合っているので、一口にコレですとは言えません。

例えば、以下のような原因が考えられます。

 
* 心のストレスや身体のストレス(内的ストレス)

これは、日本社会では大きな問題になっています。心のストレスは自律神経の働きを阻害します。人間はそれだけ繊細なのです。また、暴飲暴食も、体内からストレスを発生させ、自律神経を狂わせます。

夏場の冷房の効きすぎも、です。寒いところからいきなり暑いところに出ると、身体には大きな負荷がかかります。「え~!!まじー!?今度は体温下げなきゃ!!」という状況に陥っているわけです。すると自律神経はてんやわんやしておかしくなります。冬では、寒・暑が逆になるだけで同じです。

* 外的ストレス

心や身体といった内的なものと違って、今度は外からのダメージをいいます。例えば、ギュ~ギュ~に縛り付けた服や靴によって、皮膚感覚が麻痺していまったり、怪我などのショックによって皮膚の感覚器が傷んでしまった場合です。

「寒い」とか「暑い」といった感覚が鈍ったりするので、脳の視床下部がその感覚をうまく察知できず、指令を送れなくなります。すると、寒いのにもかかわらず身体があたたまらなかったり、逆に暑いのにもかからず汗が出てこなかったりして、体温がおかしなことになります。

* 少ない筋肉量

話が複雑になるのを避けるため上のほうには書きませんでしたが、寒いと身体はガクガクと筋肉を震わせて発熱しようとします。筋肉の量が少ないと、必然的にこの働きは弱まります。とりわけ女性は男性よりも筋肉量が少ないため、冷え性に陥る人は多いのが現状です。

 
主に以上の原因があります。ほか、低血圧、貧血、病気などによる血液循環の悪化も挙がりますし、女性の場合は女性ホルモンの乱れによっても冷えは引き起こされます。ストレスの多い方や更年期の方は要注意です。

でも、なぜ“手足”なのか?

もしかしたら疑問に思った方もいるかもしれないので書いておこうと思いますが、なぜ手足に冷えが発生するのかということです。

人間の全体像をイメージしてみてください。手足って、先っちょにあって細くなってますよね。そして心臓は胸の位置にあります。

手足というのは心臓からの位置が遠い上、細々とした半島のような場所です。すると血液の到達が最もされにくいということになります。また、身体というのは、寒いときは臓器などが集まる中心部からあたためようとします。都心部が優先で田舎は後回しなのです!

正常であればきちんと血液が行きわたりますが、異常な状態ではそれが顕著になります。

手足が冷たいと思ったら、肌にも影響が出ると思いましょう

さて、やっとこさブログのタイトルのテーマに辿り着きました。

ここでは、発想の転換をします。
どういうことかというと、これまでは「手足の冷え」⇒「血液循環が悪い」といった考え方をしましたが、ここからは「血液循環が悪い」⇒「肌に十分な栄養が行き渡らない」という考え方をします。

もう少しで終わりますので、ご辛抱願いますm(__)m

肌の健康や美容というのは、十分な栄養が行き渡ることが必要条件のうちのひとつです。なので、肌に十分な栄養が行き渡らないということは、肌のツヤやハリ、弾力性が落ちるということになります。するとシワやたるみ、シミといった老化現象が明るみに出やすくなります(もちろんいきなりではないですが)。

上記では手足を中心としたお話をしてきましたが、肌の美容を考えた場合、手足のみならず、顔なども気にする必要が出てきます。

シワなどを改善していくとなると、どうしてもその部分だけを気にしてしまいますが、身体は全てが複雑につながっていますので、肌に影響が出て当然だと思っておいた方が良いと思います。

まとめ

手足の冷えは血液循環の悪化を意味し、血液循環の悪化は肌への十分な栄養が行き渡らないことを意味します。

そのため、冷え性の方は特に、冷えを招かない生活を心がけていきましょう。もう一度、上に書いた冷えの原因を考えて、今の自分はどうしていけばいいのか?ということを練っていくと良いと思います。

簡単にはいかない問題かもしれませんが、少しずつ進んでいけたらいいですね♪

では、今回は以上になります。

 
⇒ 冷房病の症状と対策!体調と肌を守るために

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 冷え(万病の元)との付き合い方   タグ:   この投稿のパーマリンク