【悲劇】大切な思い出、USBに保存してませんか!?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

悲劇のタッカ 心のシワ

今までにないくらいショックを受けている、当ブログ運営者のタッカです。。。今回は番外編です。嘆かざるをえないので。

ほんと、悲劇というのはある日突然やって来るものなのですね。

・・・大切な思い出を失ってしまいました。今、心にも顔にもシワがたくさんです。。。キュ~っとしちゃってます。老化が進む~!!

さて、何が起きたのか、知りたいですか??

私の悲劇なんて興味ないですよね?所詮は名も知らぬどこかの人間が、ちょっとしたことで勝手に嘆いているだけなんですから。

・・・もし、興味がありましたらお読みください。

ずばり、USBが使えなくなってしまったのです!!

昼前にパソコンを開けてデータを整理しようとしていたところ、おかしなことに気付きました。

まずこれをご覧ください。

悲劇で心のシワ

 

これは、私のパソコンのデータの倉庫です。

一見、何ら変哲もない画面ですが、「ココ」と書いてある「リムーバブル ディスク(G:)」のところに異変を感じました。

本来はそこ、「TK 1(G:)」と書いてあったんです。

私はUSBを2つ挿入してデータを保管しているわけですが、その名前をそれぞれ「TK 1」と「TK 2」としていました。タッカのタ(Ta)とカ(Ka)だから覚えやすい(笑)

ところが今日、その「TK 1」のほうの名前が見当たらず、よく見たら上図のように「リムーバブル ディスク(G:)」となっていたのです。

「あれ??おっかしーなー」と思い、クリックしてみました。

すると、こんな画面が。

タッカの悲劇

わおわお!なんじゃこれ~!!

今までフツーに使えていたはずのデータが出てこない。

フォーマットというのは、USBやCD-Rなどを初めて使用する際に行う簡単な作業なんですが、これをしないと新しいのは使えません。簡単に言えば、物(データ)を収納するための枠を組むことをフォーマットといいます。

バラになったお菓子とかでも、そのままでは片付けられないので、しっかりとした缶詰を用意する・・・といった感じ。

で、データが入っているときに誤ってフォーマットをすると、初期化されてデータは吹っ飛びます。新しい缶詰に変えると、中には何も入っていないですね。それと同じです。(厳密には違うと思いますが、まあ私のイメージとしてはそんな感じ^^;)

なので、迷わず「キャンセル」を押しました。

が、やっぱりデータは出てこず・・・。かといってフォーマットすればデータが消えてしまいますので、選択肢から除外。

・・・実は、そのデータというのは、これまでの私の大切な思い出がたくさん詰まったものなんです。

友達と遊びに行ったとき写真、お気に入りのプライベート画像(笑)、そして学生時代のレポート、大学院生時代の長ったらしい論文原稿も、すべてがそのUSB(TK 1)に入っていました。

すべて宝物です。

きっとあなたにもありますよね?恋人や家族と旅行の思い出とか、まあ、趣味的なものから色々。USBに入れているかは別として。

・・・というわけで、焦り出す私。何か設定をいじったせいかな・・・と思い出しましたが、心当たりのある行為はありませんでした。

復旧への道のり

そこでGoogleで検索をかけて調べてみました。すると、同じような状況に陥った人の焦りの質問がいくつか出てきました。私と同じように、USBに大切なデータを入れている人は少なくないのですね。

そして分かった原因というのは、至極単純。

「故障」

・・・は?

この瞬間、私は氷点下のアラスカにいるような気分になりました。血の気が引き、冷汗が。

故障・・・ってことは、データを復旧できないってことじゃないの~!?・・・と嘆きつつ、心拍数が上がる上がる!!胸は締め付けられるような感じがし、心にはギュ~っと何本ものシワ。

でも、打開策があるかもしれない・・・復旧できるかどうか色々調べてみました。

すると、こんな素敵なサイトに巡り遇えました。

 >> ディスクはフォーマットされていませんフォーマットしますか?|パソコントラブルと自己解決

ここには、パソコンを使っている起こりうる様々なトラブルを、自力で解決していく工程が書かれています。

私は、上記のページをよく読みながら、自分の状況と照らし合わせ、復旧への道のりを歩んでいきました。

でも、私はパソコン関連にそんなに詳しくないので難解でした。一応、試せることは試そうとし、以下のことを試してみました。


* USB(TK 1)を挿し直し

一度外して、別のところに挿したりしました。結果、やっぱりパソコンくんには「フォーマット」を要求されました。 

* 無料の復旧ツールを使ってみる

ダウンロード関連で名高いベクターの無料ツール「FileRecovery Ver.2 ダウンロード版」で一か八かの復旧を行おうとしましたが、びくともしませんでした。

やっぱり無料はダメかも、と思い、有料のほうを検討してみました。

* 「ファイナルデータ」を検討してみる

ファイナルデータ」は有料ですが、無料体験版で復旧可能かどうかを調べることができます(復旧そのものは有料版でしかできません)。そこで、無料体験版を稼働させましたが、残念無念。できそうにありませんでした。

なので、「ファイナルデータ」は却下。とは言っても、復元ソフトの定番ですので、確かなものだとは思います。今回のようなパターンでは無理でしたが、もしものときのために忘れないでおこうと思います。

* USBを別のパソコンに移し替えてみる

念のため、ほかのパソコンにUSBを挿し直してみました。Windows7やMacで試してみましたが、ブッブーでした。


* その他

ほかにも、デバイスをいじったりとか、小難しいコマンドのようなものをいじろうとしましたが、結局無意味でした。というか、とてもじゃないけど自力では無理なことも多く・・・。逆にパソコンそのものを壊しそうなのでやめておきました。

ほんと、IT系に強い人、尊敬しちゃいます!

最後の手段!あえてフォーマットをしてみる!

 めげずに調べていたら、こんなサイトを見つけました。

 >> USBメモリをフォーマットしてしまった場合の復旧|データ復旧大図鑑

そうか!わざとフォーマットをかけて復旧してみれば、先ほどのツールも活かせるのかもしれない!!と思い付いたので、フォーマットをかけてみることにしました。

上のほうでお見せしました画像ですが、

フォーマットをする必要があります

 「ディスクのフォーマット」をクリック。すると、以下の画面が現れました。

フォーマット

問答無用で「開始」を押してみると、「フォーマットするとすべてのデータが消去されます」みたいな警告が出てくるので、それもかまわず「OK」を。

すると・・・・、

できなかった

 とのこと。

え・・・・え・・え、え、・・はぁ~~~~ッ!!??なんで~~~!!!!!!!ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

フォーマットができないという現実に、私は苛立ちさえ感じました。で、諦めの悪い私は、この原因も調べてみることに。

すると、Disk Formatterというツールでどうにかなるみたいなことが書いてあったので、早速ダウンロードして使ってみようとしました。

・・・が、古すぎるツールだったためか、私のWindows8では起動できず。ほかのパソコンでも試そう・・・という気は起きず、断念。だってほかのパソコンは私所有じゃないので、そこまで気力が回りませんでした。

それで結局今に至る

結局、何も解決できないまま、今に至ります。

大切な思い出は、たしかにUSB(TK 1)の中に入っているんです。でも、何かしらの原因で、それを読み出せなくなっているそうなんです。まあ簡単に言えば、お菓子の缶詰の蓋が開けられなくなって、中身が取り出せなくなっているだけなんです。

 (よく分かりませんが・・・)

でも、見られないなら無いのも同然。とてもショックで、しばらく立ち直れそうにありません。

まとめ

今回学んだのは、大切なデータは、一時的保存を目的としているUSBだけを頼りにしてはいけないということです。

外付けハードディスクや、その他の外部機器にも保存しておかないと、ある日突然不具合が発生し、泣き寝入りすることになります。

いや、高額なお金を支払えば修理に出せるのでしょうが、とりあえず保留としました。

私の宝物がつまった「TK 1」ですが、他人の大切なデータまで入っているわけではないし、無いからといって大きな損害を被るわけではないので、前向きに考えて、少しずつ心のシワを伸ばしていこうと思います。

でも、本当、この世にはIT系に詳しい方がけっこういらっしゃるのですね。中には無情な感じの人もいますが、知識の豊富さには脱帽です。

今回解決には至りませんでしたが、この教訓を生かしていきたいと思います。皆さんも、大切なデータの保管には、くれぐれもお気を付けください。そして、今回は番外編ということで、興味のなかった方にはごめんなさいと謝りたいと思います。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 番外編   タグ:   この投稿のパーマリンク