海水浴やプールで、肌荒れを防ぐための方法!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

海

暑~い夏には、海へ行って青天のもとで海水浴をしたり、プールへ行って遊泳したり!何かと肌の露出の多い時期です。

強い日差しの下で水を浴びることは、スカッとしてとても気持ちが良く、最高!身も心も元気なります♪『サモア島の歌』が歌いたくなる!ご存知ですか?

でもこの時に気を付けないといけないのは、ずばり外的ストレス。

つまり、紫外線の影響や、海水の塩分、プールの塩素などです。これらの対策をしっかりしないと、肌荒れをおこし、シワやたるみの原因にもなります。

ここでは、海水浴とプールという点に的を絞り、解説をしていきます。

外で泳ぐ場合は、紫外線に注意しよう!

せっかくの楽しい行楽に釘を差すつもりはありませんが、これも美容のため!お話ししていきましょう。

まず、どこの海・プールに行くかにもよりますが、日差しがジリジリとしていると真夏に、沖縄やハワイなどといった暖かい地方や国に行く場合は、なおのこと注意が必要です。

紫外線にはUVAとUVBといった電磁波が含まれています。

どちらも肌には有害なのですが、それぞれが及ぼす影響というのは、若干異なってはいます。
例えば、UVAには肌を黒くする作用があり、UVBにはそれがなかったり。また、炎症の度合いも異なってきます。

しかし、肌の老化に関して言えば、どちらも大打撃を食わらしてきます

なので、海で泳ぐ場合は、たとえどこに行ったとしても、紫外線には気を付けるべく、
UV効果ありのクリームを塗るようにしましょう。(禁止されている場所ではNGです

とはいっても、水に入れば取れてきてしまう可能性もありますし、水に溶けやすい日焼け止めが禁止されているプールも多い。なので耐水性のあるものもオススメです。

  関連記事 ⇒ プール用日焼け止めをお探しの方へ!選び方とオススメ品

あと、泳いだ後のケアもかなり大切になってきます。

冷えた水で炎症を最小限にとどめ、美容・保湿効果のあるアイテムでケアをしておくようにしましょう。

ふたつの塩○!海は塩分、プールは塩素

泳ぐこととなると紫外線ばかりに意識がいってしまいますが、見逃してはならないのが、塩分と塩素です。

* 海の塩分

塩分に関しては、実際に塩を顔に塗ってみると分かりますが(本当にやらないでくださいね!笑)、

肌が荒れて赤くなります。

実のところ、生理食塩水(体液の塩分濃度とほぼ同じ食塩水)であれば大丈夫なわけですが、濃度が濃ければ濃いほど、体内の水分が肌から出て行ってしまいます。

塩気のあるものを摂取するとノドが渇きますよね?あれは体内の水分が排出されてしまうためですの(科学的には、濃度が高いほうに水が流れ込みます)。

また、塩というのは固形の粒。そんなものを肌の上でゴシゴシしたら、当然傷が付いてしまうったら!

一方で、海水にはマグネシウムが豊富で、これに美容効果があるという話もあります。

塩にも殺菌成分があったり、湿疹などのトラブルを抑える働きもありますので、海水が悪いとは一概には言えません。

ただ、現に私は塩分のお陰でかゆくなってしまったことがあります。少なくとも私の肌は、海水との相性が良くありませんでした。

私のような肌をお持ちの方は特にですが、肌に塩を残さないためにも、泳いだ後に温水シャワー等で洗うようにするといいでしょう。

万一の肌荒れ、そして塩の粒による傷付きのリスクを軽減することができます。とは言っても、皮膚に染み込んでしまった分は諦めてくださいね。

  関連記事 ⇒ 塩が肌の美容に与える効果と悪影響

 
* プールの塩素

一方、プールにはたいてい塩素が入っています。

これに関しても、泳いでいる最中はどうすることもできないので、出るときに肌に付いた塩素水を温水シャワーでしっかりと落としておくことが肝心です。

本来、塩素というのはすぐに蒸発してくれるのですが、敏感な方には、その蒸発までの時間ですら軽視できません。

たいていのプールでは、子どもにも影響がないように塩素は薄く設定されていますが、真夏だとたまに塩素臭が強いときがあります。

つまりいつもより濃度が濃い状態だ!このときに、たまに肌のトラブルを招く人がいるようなんです。

だからといって、泳がないという方法を選ぶことはいくらなんでも酷ですよね。どうしようもないです。

出るときにシャワーをしっかりやることで、少しでも肌荒れを防いでいきましょう。皮膚に染み込んでしまった分は自然に浄化されるまで待つしかないです。

念入りに保湿しておけば、その後の回復も早まるのではと思います。

体を冷えから守ろう

また、海にしろプールにしろ、泳ぎ終わった後は体が冷えていることが多いです。特に天気が悪い日はそうですね。

そのため、上がった後のシャワーが温水がオススメだし、あたたかい飲み物を飲んだりすることもミソです。

冷えを招くと血行が悪化し、肌も元気を失って乾燥したりしますので、遊泳後のみならず泳いでいる最中も、寒くなったら体を温めてあげましょう

なお、唇が紫色になったらマズイですよ!

まとめ

楽しい楽しい海水浴にプールでの水泳!

「こんなときに美容なんかに構っていられるか!」という思いかもしれませんが、上記のことをちょっと意識するだけでもだいぶ肌を守ることができると思うので、ぜひやってみてください。

今回のポイントは、未然に肌荒れを防ぎましょうということ。

顔や目尻のシワを増やさないためにも、気を付けていけるといいですね♪

ただ、あまり神経質になって泳ぎの最中も気にしすぎてしまったら、せっかくの行楽も台無し。泳ぐのを楽しむことを忘れないようにしてくださいね!(^^)

屋外の場合は、あらかじめ日焼け対策をいておけば安心感も高まり、より楽しく水遊びを楽しめるのではないかなあと思います♪

また、肌荒れを起こしてしまったときに最適な保湿剤もありますので、併せてご覧ください。

 ⇒ 肌が弱い人のための化粧水や保湿ジェル!これでケアもバッチリ

てか、実は今肌荒れしてんだろ??なら逃げずに読めよ!!(笑)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク