自分の肌を眺めてストレスチェックをしてみましょう!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

ストレスチェックをしよう

ストレスと肌には大きな関係があると言われています。

人間、心に何かしらのモヤモヤがあれば必ず肌に現れてきますし、肌に悪い環境にさらされていても、美容とは遠ざかってしまいます。

もし、最近肌の調子が変だな、シワやたるみが目立つな、と思ったら、日頃の営みにヒントがあるかもしれませんね。

その場合は、ストレス解消をする必要があります。

では、一回、鏡を使ってお肌のストレスチェックをしてみましょう!

・・・もし、肌がカサカサ、ガサガサしていたら要注意!それは何かしらのストレスの現れです。また、そんなときにいざ肌を触ると、弾力性が欠けていることにも気付くかもしれません。

もし、よく分からない場合は、毎日毎日欠かさずにチェックしてみると、肌の良し悪しが分かるようになると思います。美容を求めていくのであれば、自分の肌の調子がどうなっているのかということを知る必要があります。

では以下、外的ストレスと内的ストレスについてお話していきますね。

こんなときは外的ストレスです!

外的ストレスというのは、その名の通り、外部から来る紫外線や乾燥、刺激などをいいます。

代表的な例としては、紫外線による日焼けがあります。夏場の大敵ですよね!

また、紫外線以外の要因としては、エアコンの風や冬場の冷え、肌に合わない化粧品、怪我などが挙げられます。以前に書いた悪い寝姿勢に関しても、この部類に入ります。

外的ストレスが加わると、皮膚の表面が壊されたり変形したりして肌の機能が正常に働きにくくなります。当然、皮膚は潤いをなくしていきますので、肌は乾いてしまい、シワやたるみを誘発します

そのため、なんとかして外的ストレスへの対策を練っていかないといけません。とりわけ、空気の乾燥や日焼けは自然現象でもあるので避けにくく厄介です。

あと、洗顔や手入れの方法に関しても、見直していく必要もあります。間違った洗顔やメイクは、肌を荒らし傷めます

細かいことを言い出すとキリがないのでまたの機会にいたしますが、
とりあえず今回は、空気の乾燥、紫外線のみならず、洗顔、洗顔の仕方、メイク用品、メイクの仕方も肌と関係していることをおさえておきましょう。

内的ストレスを見逃すな!

内的ストレスとは、肌へのダメージを与える身体・心の状態をいいます。

現代の日本社会は、非常に多忙です。また、日本人の気質はとても繊細で、心に悩みを抱えている人は少なくありません。

しかし皮肉なことに、この現実は、皮肉にも肌をむしばんでいきます。今の日本社会は肌に悪い社会なのです!

身体と心は繋がっているため、心が病めば神経のバランスが悪化し、身体に異変をもたらして内臓機能の低下を促します。すると血液循環やホルモンバランスも悪くなり、肌にSOSが現れるようになります。
実際にストレスを感じて蕁麻疹が出る人もいるので、想像は難しくないかと思います。

また、肌の防御能力が低下し、活性酸素が増え、肌荒れや老化が見られるようになります

つまりこれは、シワやたるみが増えてもおかしくない状況です。ニキビや吹き出物も出たりします。

一方、心の問題だけでなく、日頃の食生活も大きな影響をもたらします。

暴飲・暴食、過度なアルコール摂取などは、当然胃や腸に負担をかけますし、肝臓や腎臓などの他の臓器にも悪事を施します。偏った栄養摂取、水分摂取不足というのも良くありません。

あとはもう想像通り、肌の防御機能低下、活性酸素の増加やホルモンバランスの悪化を経て、肌トラブルにつながります。

ちなみに老化は、ストレスというものとは別だと思いますが、加齢による身体機能の衰えも、内的ストレスといえばそうなのかもしれませんね。

気を付けるべきこと

外的ストレスは、対策グッズを利用するなり自分に合うグッズに変更したりと、比較的気を付ければ済むことが多いですが、
内的ストレスは、気を付けたとしても性格的要素が大きくかかわっているので難しいですよね。

特に心に関する問題は、自分だけの力で解決できるわけではないので、多大な時間と労力を要することになります。

だからといって、何も対策しないのが一番肌に悪いのです。

ストレスは、上記のように悪影響を及ぼす上にホルモンのバランスも崩すため、何ひとつとして良いことはありません。良いことをムリヤリ上げるとするならば、日本社会の特徴である我慢という美徳を成し遂げたことが誇らしくなるくらいです(笑)まあ、そんなタフな人は少数派でしょう。

顔や目尻のシワでお悩みの方は、まず原因を追究し、早めに対策を練っていく必要があります。

内的ストレスを少しでも緩和するには、(細かい話はここでは抜きにして、)
とりあえずは偏食をやめ、質の良い睡眠をしっかりとることでしょう。

 参考記事一覧 ⇒ 睡眠と肌の関係性

それだけでも神経のバランスは良くなり、心にストレスを感じることも減ると思います。

それでは、外的or内的ストレスとの闘いについては、順次書いていきたいと思います。

今回はこの辺でまでにいたしますね♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: ストレスや精神的負担による肌への影響   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク