ストレートネックの原因とストレッチ!改善して美肌力もUP!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

ストレートネック

暑い夏でも寒い冬でも元気に遊びましょう!・・・いや。何でもないです。

さて、ストレートネックってご存知ですか?あまり聞き慣れていない人も多いようですが、直訳して「マッスグな首」。

はじめて耳にしたとき、私は「マッスグな首?え、姿勢が良いってことじゃないの?」って思ってしまいました(笑)フツーそう思いますよね。

でも、実はそうではないのです。

内部にある頸椎という骨がマッスグに立ってしまっているといった状態なんですが、これが色々と不都合を来すんですね。

では早速、症状と原因を見ていきましょう!

ストレートネックの症状と原因

1、症状

まず、ストレートネックというのは以下の状態をいいます。改めて確認してみましょう。
イラストをご覧ください。

症状

このイラストの人は、頸椎がピンとマッスグに立ってしまっていますが、これがストレートネックの症状です。本来は、青い線で示したように前湾角度が30~40度の湾曲になっているのが正常な状態です。

姿勢が良くなりそうな気がしますが、実は猫背になります。一ヶ所がおかしくなれば身体全体に影響し、身体は歪みます

バネのような立ち位置にある頸椎がマッスグになってしまうと、結果として身体にトラブルが発生します。
まず一番怖い病状は、

  • * 自律神経失調症

もしノイローゼっぽい症状が続いているなら、うつ病になる前にストレートネックを疑ってみる必要があるでしょう。

ほかによくある症状としては、

  • * 肩こり
  • * 頭痛
  • * 首の痛み
  • * 体がダルい、気分が悪い
  • * 寝違えやすい

といったところです。このような症状が続く場合には、改めてストレートネックではないか確認してみましょう。

簡単に確かめる方法があります。

A、首を上げて天井なり空なり見ることはできますか?
B、アゴを引きながら壁に背中を付けてマッスグ立ったとき、後頭部は自然に壁に接触しますか?

もしできないようであれば、頸椎がマッスグになっちゃっているかもしれません!

でも、本当にそうかを突き止めるには整形外科にかかってレントゲンを撮る必要が出てきます。
そのため、ここでは原因を探って、それと向き合ってみることから考えてみましょう。

2、原因

ストレートネックの主な原因は、

  • * パソコンやスマホ、読書などのし過ぎ。

です。つまり、前かがみになったりうつむいたり首を前に出す姿勢を長らく続けていると、ストレートネックに陥りやすくなるのです。

ほか、こんなこともストレートネックの原因になります。

  • * 過度な姿勢矯正
  • * 怪我、事故
  • * 寝姿勢の悪さ
  • * その他背中を丸めたりかがめたりする行為

過度な姿勢矯正というのは盲点ですが、「前かがみにならないようマッスグにしなきゃ」と、無理にキレイな姿勢を保とうとすることです。

例えば、学校の体育等での「気を付け」の姿勢。そして演劇やダンスのレッスンで「姿勢を正せ」と言われて行き過ぎた矯正指導を受けるときなど。

関係者にお叱りを受けるかもしれませんが、ピシッとマッスグに立とうとすることも、ストレートネックの密かな原因なんです。

マッスグな姿勢を保つことは良いことですが、力んだりして無理をかけるのはNGです。

ストレートネックの肌美容への影響

当然、肌の美容をも阻害します。

体に歪みが生じて姿勢が悪くなることで、内臓には重圧がかかりやすくなり、内臓機能は低下しますし血行も悪化します。

そうなれば、新陳代謝も非効率となり、老廃物の排出や肌のターンオーバーが正常になされてなくなるおそれがあります。

よって、あらゆる肌トラブルを招きます。乾燥肌になったり、ニキビができてしまったりしますし、ハリもなくなって、シワやたるみ、そしてシミなどの老化現象も誘発することになります。

自律神経失調症になってしまうと、体内にはあらゆる不安定さが生じ、当然ながら肌の機能調節が狂います

さらに、体が歪むと皮膚も合わせて歪みますので、これもシワなどの原因となりうるでしょう。

裏を返せば、ストレートネックを避けることによって、肌状態も改善される可能性があります。

身体の不調のみならず、肌トラブルや老化現象の悩みを消していくためには、ストレートネックを改善するということも大切なのです。

ストレートネックはストレッチで改善しよう!

ストレッチは非常に簡単です。

  • * バストアップするつもりでキュッと胸を押し上げる!

です。これはストレートネックを改善する上で非常にメジャーな方法です。

腰を反らないように気を付けながら、上げて~戻して~と5回ほどやってみましょう。手を肋骨のあたりに添えるとやりやすいでしょう。

すると、首の位置が少し戻ってくると思います。力まずにやるようにしましょう。力むと逆効果です。

あと、もうひとつ とっておきの方法 をご紹介します!

私は演技のレッスンを受けていたことがあるのですが、そこで学んだものです。

とは言っても、ストレートネックを直すために開発されたストレッチというよりは、猫背や首が前に突き出てしまうことなどを改善するための脱力法です。

無理がなく自然と行えて効果もあるので、気軽にお試しくださいね。

  • 1、リラックスして立ちます。
  • 2、軽く何度もジャンプします。力を入れずにピョンピョン小さく跳ねましょう。脚が弱い方は体を揺するだけでもOKです。
  • 3、しばらく2を続けたら、ふっと上半身を脱力して落とします。このとき、下のイラストのようになります。

ストレッチ

このように、膝は曲がっていても構いません。立った状態で最もリラックスした状態になっていることがポイントです。ぶらぶらの枝垂桜のように。

  • 4、あとは、膝→腰→背骨→肩→首→頭という順にゆっくり体を起こしていきます。

背骨はいくつもの小さい骨で成り立っていますが、それらが1個1個積み上がっていくイメージを持ちましょう。そして最後に、下から支えられた棒の上に、頭が乗っかるイメージです。

  • 5、体が立ったら、肩を少し上げて、スッと落とします。

以上です♪ これをやると、確実に脱力が出来て、なおかつ自然な姿勢にもっていくことができます。ぜひやってみてくださいね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

ストレートネックの人は、現代人には非常に多いですし、子どもたちにまで多く見られます。

これはハッキリ言って異常事態。

日頃から、無理のない正しい姿勢で過ごしていくという意識を忘れないようにする必要があります。この意識こそ、ストレッチなんかより何倍も大切なこと!

「人の振り見て我が振り直せ」

身体の健康や美容のためにも、しっかり意識していこうではありませんか。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 手軽なエクササイズで若返る方法, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ:   この投稿のパーマリンク