スキンケアがめんどくさい!って思うときはないですか?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

スキンケアがめんどくさい

スキンケアなんてめんどくさい!って思うときないですか?きっと多くの人があるのではないでしょうか?いくら好んでスキンケアをしている人でも、ちょっと体調が悪かったり心に余裕がなかったりすると、めんどくさいなーと感じることでしょう。

それに、元々スキンケアが好きではない人もいると思います。男の人はケアしなくていいなーなんて思っていたりする人、少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、少しでもスキンケアを楽にやりたい!という方に、その方法をお伝えしたいと思います。

あらかじめ、メイクを薄くしておく

普段のメイクはどのくらいの濃さにしていらっしゃいますか?また、アイメイクとか口紅とか凝っていますか?

落ちにくいアイラインや口紅を使っていたり、しっかりと肌にまとわりつく下地やファンデーションを使っていると、クレンジングをするときに思いのほか手間がかかります。クレンジングだけでは落とし切れていないことも多く、極めつけに洗顔料を使う必要がありますね。

でも、あらかじめ、メイクを薄く(軽く)しておくことで、クレンジングを簡単に済ませられるようになります。

例えば、下地やパウダーファンデ(※)を、コンプレックスを隠すようにまぶし、アイメイクも薄く、チークは血色がよくなる程度にしておきます。ナチュラルメイクでも良いのですが、それより少し軽めにしておけるなら、そのほうが良いでしょう。

 ※リキッドファンデでも良いのですが、めんどくさいときはパウダーのほうが手軽ですね^^

「そんなに軽くメイクするくらいなら、いっそのことスッピンのほうがイイ!」という人もいらっしゃるかもしれませんね。ですから、メイクは基本的に好みのやり方で良いでしょう。でも、濃いのは避けたほうが、クレンジング的にも肌への負担的にも理想です。

クレンジングと洗顔はひとまとめ

ある程度メイクを薄く(軽く)しておけば、夜のクレンジングも簡単です。洗顔機能を持ったクレンジング料を使うだけで落とせるようになります。

もちろん、メイクの仕方や使っているアイテムによっても、一回では落とせないこともあるかもしれませんが、クレンジング料のみで間に合うことが多く、洗顔料の出る幕がなくなります(こんなことを言うと化粧品会社から叱られそうですが^^;)。

なお、どんなクレンジング料が適しているかは、別の記事「夜のメイク落としがめんどくさい!そんなときの時短クレンジング」を参考になさってみてくださいね。炭酸タイプとバームタイプのクレンジング料をご紹介しています。

洗った直後にオールインワン保湿

メイクをオフして洗ったあと、すぐに保湿ケアへと移りましょう。そのほうが気分的に楽である上に、肌の気化熱による乾燥を防げますし、洗ったときのお湯で毛穴が開いて保湿成分が浸透しやすくなっているためです。

そこで、その保湿ケアに使ってみたいのは、オールインワンの保湿アイテムです。オールインワンとは英語で All in 1 と書きますが、ひとつの中に全ての機能が入っているという意味。化粧水、美容液、クリームなど、保水から保護までの機能を持っているのです。

オールインワンの保湿アイテムは実に色々ありますが、例えば新日本製薬の「パーフェクトワン」というものがあります。忙しい朝でも手軽にスキンケアができる、格好なアイテムかと思います。

もちろん、ほかにも色々探されても良いでしょう。最近、オールインワンは本当多くなりました。それだけ現代人は慌ただしい生活を送っているということなのでしょう。だから需要も高まるわけですね。それと、女性の中性化も昔より進んでいるという一説もありますが、「スキンケアめんどくさい」という気持ちと関係している気もしないでもないです^^;

めんどくさいと思ってしまう原因を突き止めよう

「スキンケアがめんどくさいなあ」と思ってしまう原因は、いったい何なんでしょうか?

冒頭に書いたように、体調不良や心の余裕の無さが、やはり「めんどくさい」の原因になっているとは思います。そこで今度は、もう少し踏み込んで考えてみることにしましょう。体調不良に関しては良いとして、問題は心の余裕の無さです。

  • * なぜそんなに慌てたいのか?
  • * 時間がないからなのか?
  • * 効果を見出だせていないからか?
  • * 置いてある場所が遠いからなのか?
  • * そもそもやる必要なんかあるのか?

このように、一個一個考えてみると良いかと思いますね。もちろん、人によって答えは違うはずです。でも、「もしかしたらコレか?」という答えが思い付いたら、できる限りの対策を練って改善に努めてみたいものです。

対策を練ってみよう

上に載せた疑問リストをもとにすると、答えの例としては、

 時間がないなら、少し早めに行動する!
 効果を見出だせていないなら、方法や化粧品を変えたりして色々チャレンジ!
 すぐ手に取れる場所に置く!
 スキンケアをする、その意義を考える!

などなど、色々あるでしょう。そして何より大事なのは、

 《目標やビジョンを持ってスキンケアに取り組むこと》

です。人間、目標や段取りが無いと、不安に駆られたりめんどくさくなったりするものです。スキンケアも同じで、「どの化粧品をどのくらいの期間試すか?」「いついつまで○○の状態を目指そう!」とか、がんじがらめにならない程度に決めるのです。

何も考えずにスキンケアをしているだけではつまらないものです。自分のなりたい理想像を思い描きながら、毎日のスキンケアに意義を持たせていきましょう!

あと、化粧品の選び方もひとつコツがあって、先ほどご紹介したようなアイテムでも良いのですが、やはり「使っていて楽しい!」「これかわいい!」と思えるような物が良いですよね。デザイン性、香り、大きさなど、そういった要素もかなり重要な気がしますね。

美意識も高めていこう

これこそかなりめんどくさいかもしれませんが、「美意識」を高めることによって、スキンケアの意義を見出しやすくなるのではないかと思います。それに、目的意識も持ちやすくなり、ケアの楽しさの倍増にもつながるでしょう。

諦めていませんか?・・・私なんか・・・って。

結婚して子供ができて忙しくなると、自分のことに構っていられないくなるかもしれません。でも、美意識は末永く高いところで保っておきたいものですね。

ある人は「子供ができたら自分のことは捨てろ!子供に全力を尽くせ!」とおっしゃっていましたが、私は反対です。むろん、子供に愛情を注いで教育に励むのは当然のことですが、母も親である前に人間のはずです。ひとりの人間として、美しく歳を重ねていきたいものですね。

美意識を高めるちょっと遠回りな方法でしたら、「男女問わず誰もができる!美意識を高める5つの手順」の記事の中で述べています。お時間ございましたら参考になさってみてくださいね。

まとめ

以上、スキンケアがめんどくさい!と感じた方への、ささやかなアドバイスでした。いかがでしたでしょうか?

私たちは人間ですから、いくらスキンケアのことが大好きになっても「めんどくさーい」と思ってしまうことは多々あると思います。それは仕方のないことですね。ある男の人を好きになっても会うのがめんどくさい・・・みたいなことに似ている気がします(笑)

「したい」「したくない」で考えるより、「すべき」「すべきでない」で考えるほうが、たとえ嫌なことでもやらないといけない気になるものです。スキンケアもそのひとつかなと思います。ただ、思い詰めすぎてストレスにはなってはいけないので、これまたバランスってものが大事になるような気がしますね。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 肌ケアにプラスして考えてみたいこと   パーマリンク