スキーやスノボに適したスキンケアって何なのでしょう?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

スキー スノボ スキンケア

冬といえばスキーにスノボ!
寒いのなんてなんのその!シンと冷えた白銀の世界で、汗を飛ばしてガッツ!

・・・さて、そんなウィンタースポーツの際、
スキンケアっていったい何を気を付けたらよいのでしょうか?

もちろん、冬は乾燥と冷えが肌にとって大敵であることはご存知だろうかと思います。

乾燥することで肌がカサカサになったり、
シワや筋みたいなのが目立ったり、あかぎれや割れなどが生じたりもして肌荒れの不安もありますね。

また、冷えは血行を悪くさせ、代謝が鈍くなりますので、
それによって肌の元気が無くなったりしてハリとツヤを失ってしまいます。

そのため冬は、保湿ケアや敏感肌ケアを徹底している人も少なくありません。

そこで、スキーやスノボでも同じく、
その保湿ケアや敏感肌ケアを忘れてはならないのは、もう当然のことです。

しかし、ここでプラスして考えなければならないことがあります。
では、それはいったい何でしょうか?

ウィンタースポーツの中でもスキーやスノボは大抵屋外で行いますよね。
ということは、外にいる間中、日光があなたに降り注ぐというわけです。

もうお分かりですね。
つまり、紫外線を浴びるということ=日焼けをするということ なのです。

屋外ウィンタースポーツでは日焼けに注意!

「へ~意外!!」

って思った方も少なくないと思いますが、
何て言っても、この日焼け対策を怠らないようにするか否かが、
スポーツ後の肌の状態を左右するわけです。

冬はたしかに太陽高度が夏よりも低いです。
だから、日差しから降り注ぐ紫外線量は比較的多くはありません。

でも、何時間も外にいて浴び続ければ、
量なんてあまり関係ない」と言っても過言ではありません。

それに、雪山やスキー場での注意点は、まだあります。

大量の雪の反射光こそ、日焼けの罠!

ウィンタースポーツ会場は白銀の世界!
それは、まばゆいばかりに光り輝いています。

さっぱりとした爽やかな景色に見とれたくなりますが、
そこには大量の紫外線がバンバン反射しまくっているのも事実です。

小学校の理科で習いましたよね?
黒は光を吸収し、白は光を反射する・・・と。

なので、もしかしたら夏場の曇りの日よりもタチが悪いかもしれません。

冬、スキーから帰ってきて日焼けに悩む人はけっこう多いんです。
「冬なのになんで~!?」と疑問を抱く方もいますが、
それは十中八九、大量の雪の反射光が原因です。

スキーやスノボの前に、スキンケアをして対策をしよう!

スキンケアといっても、それは日焼け対策を指します。

これを使われると良いでしょう。

>> ウェアルーUV

この「ウェアルーUV」は、SPFが30、PAが++で、
日焼け対策をするには十分な数値ですし、高すぎもしないので肌にも優しいので安心です。

それに、ウィンタースポーツのときって、
なかなか凝ったメイクとかしない人も多いでしょう(どうせ汗かきますし)。

「ウェアルーUV」は、メイク、そしてファンデーションをしなくても、
肌の健やかな表情を演出することができるように・・・という日焼け止めBBクリームです。

だからこそ、いちいち汗落ちに強いファンデーションを顔に塗るよりも、
「ウェアルーUV」を使ったほうが断然肌には優しく、
しかも遜色のない顔色を保つことができるのです。

また、オーガニック処方であるという点も嬉しいですね。

割と新しいアイテムなので、まだまだ世の中の女性たちには認知されていないかもしれませんが、ぜひ先駆けて使ってみてはいかがでしょうか?

ここではウィンタースポーツでの使用をオススメしていますが、
夏場でも、マリンスポーツを除いた日常生活でなら全然間に合うと思います。

価格こそ高めですが、
1日1,2回の使用を継続した場合でも2、3ヶ月程度は使用できる量なので、
コストパフォーマンス的には申し分はありません。

公式通販サイトはこちら
>> ウェアルーUV

もし日焼けをしてしまったらどうすれば良いのか?

うっかり日焼けをしてしまった場合は、
やはりその後は肌をいたわることを考えたほうが良いと思います。

無理に日焼け止めは塗る必要は無いし、
慌てて保湿ケアをガンガンやる必要もありません。

大事なのは、なるべく肌を触らないようにし、
化粧水等を肌に優しく塗布して眠りにつくようにすることです。
お部屋の加湿も効果的ですね。

また、水分をしっかり摂ることで、体の中からも肌に水分補給をしましょう。
冬はなかなか飲み物を口にしないですが、
間を置きながら意識して飲むようにすることが大切です。

もし日焼けが酷くなって水ぶくれ等が出来てしまった場合は、
躊躇せずにすぐに皮膚科に通って、適切な処置をしてもらいましょう。

まとめ

今回は、スキーやスノボをはじめとした、
屋外でのウィンタースポーツ時におけるスキンケアについてのお話でした。

保湿はもちろんですが、日焼け対策を怠らないようにしましょう。
冬だからといって甘く見ると、真っ赤な顔でお家に帰らなきゃいけなくなりますよ!

私も以前、冬にウォーキングをしたら顔が真っ赤に焼けました。
対策は何もしておらず、完全に冬の日光をなめかかっていました。

日焼けは肌の老化を進行させるので、ぜひとも気を付けてみてくださいね♪

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   タグ: ,   この投稿のパーマリンク