湿度が高いのに肌が荒れる!?特に梅雨等には要注意

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

湿度が高いのに肌荒れ

ジメジメしている日、シットリと感じる日。特に夏とか梅雨の時期にそういった日は多いことでしょう。

湿度が60%を超えたりして暑苦しく感じるかもしれませんが、肌にとっては、まさに高湿度は都合が良いような気もしますよね。

しかし、湿度が高くても肌が乾燥してしまう人はいるし、現に潤っているように感じても、実は乾燥肌が進行している!ということがあります。逆に、高湿度のせいで脂性肌のようになって肌荒れが生じる場合も。

なんだかごちゃごちゃです・・・(^^;)

それらをほったらかしにすると、肌がガサガサになっていったり、ニキビができたり、シワなどの老化現象も知らないうちに進行していったりします。だから、何かしらの対策が必要となってきます。

そのため、この記事では、湿度が高い時期に気を付けておきたい肌対策についてお伝えします。興味がある方は、是非参考になさってみてくださいね。

湿度60%を下回ると、乾燥は進行しやすい

先に一般的な意見を述べておきたいと思います。

肌にとっては、湿度60~65%が一番健康的だと言われています。要するに、60%を下回ると乾燥が進行していきます

でも、なぜ、梅雨にもかかわらず湿度が60を下回ることがあるのでしょうか?
・・・その答えは、あなた自身の生活に問題あり!かもしれません。

除湿のせいで、乾燥肌を招く可能性

ジメジメは不快で、夜もなかなか快眠できないものです。髪もベタっとしてしまうので、エアコンとかを稼働させて除湿する人も多いでしょう。

そう、そのエアコンこそが大敵なのです。エアコンを稼働させると快適な湿度が保てて良いのですが、60%を下回ることで肌の乾燥は進行していきます。つまり、肌から水分が空気中に抜けていくのです。

それによって、乾燥肌を招きます。

逆に、人によってはニキビが増えることもあるでしょう。というのも、肌自身が乾燥から身を守ろうとして皮脂をたくさん分泌するようにもなりうるからです。

・・・このようにして、肌は干からびたり荒れたりと、あまり良くない結果に至ってしまうのです。心当たりはありませんか?「あ、そういえばエアコンガンガンにつけてるかもしれない」、「除湿器をフル稼働しているわー」という方は、是非一度気にしてみると良いかもしれません。

でも、除湿はやめられませんよね(^^;)

除湿をやめたら、ジメジメした中で生活をすることになり、不快感は半端ないことと思います。夜だって寝付けなくなって、ストレスが溜まりそうですね。

だから、除湿は普通に行なって、ただ肌を守ることを優先的に考えると良いと思います。

梅雨の時期とかは、「湿度が高いから保湿をさぼろう♪」といって、しっかりとスキンケアを行わない人は意外に多いのではないかと思います。気持ちはスゴイ分かります!でも、結局除湿をすれば肌にとっては環境が悪くなるわけですから、きっちり保水・保湿のスキンケアを行うことが大切となってきます。

「外とか、ジメジメしたところでも保湿は大丈夫なの??」

と思われる方もいらっしゃると思いますが、あまり神経質にならなくても良いでしょう。まあ、人それぞれの肌質によって変わってくるのでハッキリとは言えませんが、もし気になるようであれば、ジメジメした環境では保湿を低減させ、乾燥する場所に行くときにはじめてスキンケアをするのも手かもしれませんね。

とは言っても、世の中エアコンを効かせて除湿しているところが多いので、そこまで神経質になる必要は無いと思います。あまり細かいことを気にすると、逆にそれがストレスになってしまって肌に良くないでしょう。

答えはないので、自分なりの均衡点を探ってみてください(^^)

高湿度による肌荒れの可能性も

梅雨の時期は、肌に適切と言われる60~65%の湿度を超える日が多いでしょう。だから、除湿器を使う際はその範囲の湿度設定にすれば、過剰の乾燥は防げます。

が、逆に高湿度というのも肌にはいけないのですね。

湿度が高くなると皮脂分泌が多くなり、雑菌も肌に繁殖しやすくなります。すると、剥がれた角質や異物と混じって毛穴に落ち込み、炎症を起こしてニキビができることがあります。先ほど、肌の乾燥によってニキビができることがあると申しましたが、湿度が高すぎてもニキビはできるわけです。

簡単に言えば、一時的な脂性肌のような状態になっているのですね(でも、元々乾燥肌の方は、肌内部は乾燥していたりしますから、やはり保湿ケアは大切です)。

梅雨に肌荒れが気になるなら、高湿度によって皮脂がたくさん出ていないかを確認してみてくださいね。適切な湿度は60~65%!これより下がったり上がったりすればするほど、肌荒れは生じやすくなるということです。

もし肌が荒れてしまったりしたら・・・

湿度が高い時期に肌荒れしてしまったら、それはもう、仕方なく受け入れるしかありません。

もしニキビとかはなく、単にカサカサして乾燥しているだけなら、保水・保湿のスキンケアをもう少し念入りにやってみてください

ここで問題なのは、肌荒れが進行してニキビができてしまっている場合です。こういった状況で保湿ケアをすると、毛穴を塞ぎ切ってしまって逆効果となる場合があります

そんなときは、脂性肌やニキビ肌向けのスキンケアアイテムを使用することをオススメします。とは言っても、根本的な原因は乾燥にある場合がほどんどなので、ニキビ・脂性肌のケアもできつつ、保湿ケアもできるアイテムが良いと思います。

たとえば、「ノブACアクティブ」とかがそうです。保湿によるニキビケアを行うことができます。

公式通販サイトはこちら
>> ノブ ACアクティブトライアルセット

あと、湿度が高い時期というのは、ジメジメにさらされた時に顔に菌が繁殖しやすくもなるので、洗顔もサボることなく行なって、肌を清潔に保っていきましょう。肌を綺麗な状態にしてこそ、肌荒れを未然に防ぐことができます。

まとめ

夏場や梅雨などの湿度の高い時期こそ、「肌がしっとりしやすいからスキンケアの手を抜こう」というのはちょっと良いとは言えない考えです。

湿度の高い外とエアコンの効いたカラカラの室内との出入りも多くなり、肌もその環境の変化に追われる時期でもあります。

スキンケアは当然大切な作業ですが、それに加えて日頃から強い肌を作っていくのも大切です。

健全な生活習慣を送られていますか?
いかがわしい生活習慣では、肌は不安定になって敏感肌になっていきます。敏感肌では肌老化も顕著に進行するようになるので、気を付けたいところですね。

何はともあれ、気負いだけはしすぎず、楽しんでスキンケアをしていきましょう!(^^♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク