視力低下や老眼でシワ癖が付いてしまう可能性がある!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

視力低下 シワ

視力が低下したり老眼になってピントが合わなくなると、目を細めたり眉間にシワを寄せてしまったりするようになります。

一時的なら別に良いのですが、
無意識のうちにそうやってしまって、皮膚にシワ癖が付いていく可能性があります。

あなたは大丈夫でしょうか?
なんか見にくい・・・と言いつつも放置してしまってませんか?

もし放置しているのなら、今からでも対策を打つようにしましょう!

眉間のシワの癖があれば、難癖を付けているように見られがち

ただ単に目を細めているだけのつもりでも、
眉間にシワを寄せていれば、それだけでオーラが暗くなってしまいます

怒っていなくても、「機嫌が悪いのかな?」と思われたり、
「なんか私に因縁をつけていないか?」と思ってしまう人もいるでしょう。

眉間に寄せられるシワは、あまり良いことがないのです。

目の周りのシワが増えやすくなる!

目を細めるのが習慣になってくると、
目の周りの筋肉も固まってきてしまって、肌の弾力も落ちてきます。
すると、目尻、目の下などのシワの増加にもつながります

特に厄介なのは老眼ですね。
老眼は老化現象のひとつです。つまり、ただでさえ顔の筋肉がこわばりやすいでしょうし、シワも増えやすいと思います。

なので、老眼をほったらかしにして目を細めすぎると、
シワやたるみがますます増えて、
怪訝そうな顔がもっと暗い感じの顔になっていってしまいます。

だから、「あれ?老眼かな?」と思ったら、
なるべく早いうちに対策を打つことをオススメいたします。

老眼かな?というとき、まずすべきこと

老眼の改善をすることはなかなか難しいので、
それは老化現象だから仕方がないと割り切った上で、対策を練りましょう。

ではどうすれば良いのか?

答えは簡単で、老眼鏡をひとつ用意すれば良いのです。

用意・・・といっても、テキトーに購入してしまうと合わないものを買ってしまう可能性があるので、
一度眼科に通って医師に症状を話し、正しく処方してもらうのが良いと思います。

もしかしたら、裏技的な回復法も教えてもらえるかもしれません。
目に良い食べ物などの情報も、訊けば得られるかと思います。

老眼は、早い人でも30代でありえますので、
少しでも怪しいな・・・と思ったら、すぐに診てもらいましょう!

仮性近視のように、
早いうちに手を打てば一度は元通りに戻るかもしれませんよ♪

子供の近視や遠視

もしあなたにお子さんがいる場合も、
子供が目を細めるようなことがあれば、眼科に連れて行きましょう。

子供の頃から目を細めたりしてしまうと、
その習慣が身に沁みついてしまって、眉間にシワを寄せやすい人になってしまうことがあります。

まだ子供だと筋肉も柔軟なので、すぐにシワになるようなことはないですが、
毎日毎日繰り返せば、皮膚がシワ癖を持ってしまったり、
筋肉も固くなりやすくなってしまうかもしれません。

眼科では視力回復トレーニングを教えてもらえると思うので、
これも早いうちに診てもらうことが一番かと思います。

ちょっとの差が、大人になるにつれて大きく開いていくかもしれません。

今はシワのお話をしていますが、
別にそれだけでなく、シンプルに視力のことだけを考えても、早いに越したことはないです。

眼鏡 or コンタクト どっちが良い??

眼鏡派とコンタクト派がいると思います。
では、いったいどちらが良いのでしょうか?

・・・これはあくまで私の考えですが、眼鏡のほうが良いでしょう。

眼鏡とコンタクトの大きな違いは、直接目に接しているか否かです。
眼鏡は目に接していない分、目への負担が少ないですし、乾燥もしにくいですよね。

コンタクトは、付け方を失敗したり合わなかったりすると、
目がかゆくなったり、余計に視力が落ちたりすることがあるようです。

目がかゆくなると、手で目をグルグルとこすったりしてしまうし、
視力が落ちれば元も子もないですよね。

コンタクトは悪いから避けましょう!とは言いませんが、
私は眼鏡のほうをオススメしたいと思います。
フレーム部分が目に入ったりして景観は良くないかもしれませんがね(^^;)

まあ、眼鏡にしろコンタクトにしろ、
一度は眼科医と相談し、きちんとしたのを購入するのが安全です。
特にコンタクトは医師の診断の下で購入されることをオススメします。

眼輪筋トレーニングをしてみましょう!!

目元のシワを改善するためにも、眼輪筋トレーニングをしてみませんか?
視力回復に役立つかは分かりませんが、血行は良くなると思いますよ♪

詳しくは、「眼輪筋の鍛え方!トレーニングで老化を抑制しよう」の記事に書いてあるので、
良かったらご覧になってみてください。

ほかにも、目の玉を動かしたりするのも良いでしょう。
あとパソコンやスマホの画面を見たり読書したりすることの多い方は、
適度に休憩をとりながら、目の運動を心がけてみてください。

 関連記事:「スマホが肌の美容に及ぼす4つの大きな悪影響

まとめ

今回は、近視や遠視、老眼といった視力低下とシワの関係についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

あまり神経質になって考えることではないかもしれませんが、余裕があれば、ぜひとも考えてみたいところですよね♪

最近は情報化社会なので、画面を見つめることも多いでしょう。
だからこそ、もっともっと目をいたわるように意識して、
体も心も健康的な毎日をお過ごしくださいませ(*^^*)

都会住みの方は、たまには田舎に行って、
何キロも先の緑の景色を眺めるのも良いかもしれませんよ♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク