湿気が肌を襲う!?じめじめはこうやって撃退しよう!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

じめじめ湿気

肌の健康を保ち、老化や肌荒れを抑制するには、しっかりと潤わせておかないといけませんね。

でも、潤いすぎもまた問題。
梅雨とか夏場のじめじめ湿気は、なんとも不快で嫌ですよね。
肌だって、かゆみを伴ったり、ニキビが現れてきたりします。

実は、湿気(湿度)が増すと、菌が繁殖しやすくなったりします
また、毛穴も塞ぎっぱなしになったりして、肌の呼吸が阻害されてしまいます。

湿度は、肌にとって60~65%が最適と言われています。
この範囲から遠ざかるほど、肌には環境が悪いということになります。
冬など、50%を下回ると、本格的に肌はカサカサしてきたりしますね。

というわけで、ここでは、湿気のじめじめ野郎をブッ飛ばす方法についてお伝えします。
これでもう、ネットリな不快に悩まずに済むかもしれません。

除湿機やエアコン、扇風機・サーキュレーターを活用しよう

まず大事なのは、除湿機やエアコンですね。
湿度の高い部屋の水分を抜き取るには、これらの稼働なしでは話が進みません。

夜から朝にかけての睡眠中は、部屋にいる時間も長いので気を付けたいところです。

かと言ってエアコンをガンガンにすると、冷えて風邪を引くこともあります。
そのため、温度設定だけは気を付けるようにしたいところですね。

ここで、扇風機やサーキュレーターといった送風機を使うのもコツ。
湿気を帯びた空気は重く、部屋の中にドヨンと溜まりやすいです。
なので、その空気を部屋中に万遍なく散らしてあげるようにすると良いでしょう。

たった以上のことを意識するだけで、
ずいぶんと快適に過ごせるようになると思います。

通気性の良い大きめの服を着たり、髪を束ねたりしよう

通気性の良い服を着ることで、湿気が肌にまとわりつくのを避けることが可能です。
きっとすでに意識されている方も多いと思いますが、
特に、対策の選択肢が少ない外でこそ、通気性の良い服を着ましょう。

この素材がいいよ~とは一概には言えませんが、着てみて快適ならOK。
そして、若干大きめのサイズを選ぶことで、肌にまとわりつくのを防ぎやすくなります。

ただ、睡眠時は、あまり体が冷えないように気を付けるようにしましょう。

それと、髪を束ねるのも、顔の肌を快適に保つのに有効ですね。
特に髪が長い方は、湿度の高い日はベターッとくっついてしまいます。

それだけでも不快感マックスだし、肌をこすって傷を付けてしまう原因にもなります。
敏感肌だと、それでかゆみやヒリヒリ感を催すこともありほど。
だから、髪は、邪魔にならないように束ねたり留めておくのが良いでしょう。

でも、肌の保湿ケアは必要なのです

じめじめ湿気は嫌。
そして、肌の潤い過ぎも、また肌には良くない!というのは冒頭で述べたとおりです。

でも、多くの女性にとっては、それでも保湿ケアは続けたほうが良いです。

なぜかというと、加齢による老化で、肌の内部が乾いたままってことがあるからです。
インナードライといったほうが分かりやすいかもしれませんね。
みんながみんなそうだとは限りませんが、エイジング世代の方は、気にされると良いと思います。

ニキビ肌のケアを行なったことはございますか?
そのときも、「肌を乾燥させましょう」といったお話はあまり聞かないですよね。

そうなんです。
保湿ケアをしながら、皮膚の表面のニキビや脂性状態をケアしていくのが一般的です。
肌の保湿ケアをしない・・・というのは、どんな季節でもNGというわけです。

ちょっと難しいお話かもしれません。
でも、保湿ケアやニキビケアをしながら、先ほどの除湿を行なってみてください。
そのほうが、除湿しすぎによる乾燥肌の未然の防止にもつながると思いますよ。

じめじめ対策グッズはご用意できてますか?

肌関連のじめじめ対策に必要なものは、以上で述べたように、

  • * 除湿機、エアコン、扇風機、サーキュレーターなど
  • * ゆったりとした通気性の良い服など
  • * ニキビケア可能な、保湿ケアアイテム

といったところが代表的でしょうか。
除湿機と保湿アイテムに関しては、改めて用意されておくことをおすすめします。

「エアコンがあれば除湿機はいらない」といった意見もあります。
が、衣類や寝具を乾かすときや、部屋を冷やしたくないときに除湿機は大活躍します。

エアコンの除湿機能は、あくまでサブ機能にすぎません。
なので、純粋に“乾かす”“カビ防止”という点を踏まえたら、除湿機は非常に有効です。

★ おすすめの除湿機 アイリスオーヤマEJD-70N ★

楽天市場でも上位にランクインしている除湿機です。
もし除湿機を新調されるのでしたら、これがけっこうオススメかと思います。

対応は9~18畳。
設定した湿度に達すると、自動的に送風運転に切り替わります。
タイマーももちろんついています。

インテリア性もシンプルで、違和感なく部屋に置けるような気がしますね。
機械系に関して苦手な女性が多いと思いますが、使いやすさ的にも良好な部類に入るでしょう。

アイリスオーヤマEJD-70Nの通販ページはこちら
>> アイリスオーヤマ 除湿機 デシカント式 EJD-70N(楽天)

★ おすすめの化粧品 ノブACアクティブ ★

保湿やニキビケアのための基礎化粧品です。
プラス、美白ケア(メラニン抑制によるシミ・ソバカスを防ぐ)も同時に叶えてくれます。

大人の女性は、乾燥した日でもニキビができたりします。
敏感肌の方なら、肌機能の不調により、脂性肌になることも多々あります。
湿度の高いじめじめ日には、なおのこと、肌はベットリ・・・。

そんなときに、ノブACアクティブを使って、肌の調子を整えることができます。
ニキビができていなくても、あらかじめそうならないように対策を練るのにも使えるでしょう。

まずはトライアルセットから始めてみると良いですね。

ノブACアクティブの公式通販サイトはこちら
>> ノブ ACアクティブトライアルセット

脂の多い食事を避けよう

脂の多い食事をすると、皮脂の分泌が多くなったりします
その影響で、高湿度の日には、なおさら肌の環境が悪くなったりします。

上記では、外的な対策についてお伝えしてきました。
でも、体内からのケアも、同じくとても大切なことなので忘れてはなりません。

脂(油)といえば、揚げ物、肉の脂身、ラーメン、バター、チョコレート、洋菓子等々。
こういったものにたくさん入っています。
外食で提供される食事にも、油がふんだんに使われていたりします。

でも、完全に避けるのは難しいし、そもそも酷でしょう。
なので、できる範囲で良いので、ちょっと気にしながら過ごされると良いと思います。

まとめ

今回は、じめじめ湿気を追い返す方法についてお伝えしました。

特にこれといった方法は無かったかと思います。
地味・・・でしたよね?案外。

そうなんです。地味ですが、それを着々と続けることが大切です。
なかなか面倒ではありますけどね。

もう一度、まとめておきましょう。

  • * 除湿機、エアコン、扇風機、サーキュレーターなどを活用しよう
     POINT ⇒ 湿度は60~65%が最適!
  • * 通気性の良いゆったりした服を着よう
  • * 髪が邪魔なら束ねておこう
  • * 保湿ケアはいつでも大事
  • * じめじめ対策グッズを用意しよう
  • * 脂分を摂りすぎないようにしよう

以上のとおりです。ぜひ意識なさってみてくださいね。

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク