シャンプーが顔の肌荒れや劣化を引き起こすケースも

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

シャンプー

髪を洗うのはお好きですか?

私はけっこう好きです。
ときに面倒だなあと思うときもあるのですが、シャンプーを泡立ててしっかり洗うと、なんだかとても気持ちが良いものです。

さて、今回は、そんなシャンプーと顔の肌荒れにかかわるお話になります。

シャンプーの選び方のお話が中心になりますが、シャンプーひとつで肌荒れを招く可能性があるということを、声高らかに申し上げたいと思います。
もちろん、頭皮や肌に優しいシャンプーも併せてご紹介しますね。

たまに「シャンプーのせいで肌荒れになったりニキビができた」といった声を聞きます。
せっかくスキンケアを一生懸命やっていても、それでは本末転倒ですよね。

ぜひ、参考になさってみてください。

ケミカルシャンプーに潜む有害成分が危険!

ケミカルシャンプーの有害成分

言わずもがな、シャンプーはほとんどが化学物質。
オーガニックなものもありますが、ここでは主に化学的なものに的を絞ってお話ししてまいります。

とは言っても、本当シャンプーによってその成分は様々。
絶対にコレ!とは言えません。

そのため、ここでは危なっかしい成分を挙げてみます。
まずはこのふたつ。

* ラウリル硫酸Na
* ラウリル硫酸カリウム

なんだか名前からして怪しいですね。
最近はメーカーも避けるようになっている成分で、これらには非常に強い洗浄力があります。

「強い」というとなんだか頼もしい存在のように思えてきませんか?
しかし、その強力さが裏目に出て、肌上の脂分を根こそぎ奪い去ってしまうのです。

頭皮にも影響があることはもちろん、シャンプーをしている最中にこれが顔に垂れれば、顔の肌の皮脂までキレイサッパリなくなってしまいます。

「皮脂がなくなるならキレイになっていいじゃん♪」って思ったら大間違い。
皮脂は必ずしも悪い奴ではありません。

皮脂は外的から身を守るバリア的な役割をしているため、無くなってしまってはすこぶる都合が悪いんです。
結果として乾燥肌を招きますし、毛穴にも刺激が加わってしまいます

さらには、毎日使えば皮膚の奥のほうへと成分の毒素が徐々に浸透していきます
体内の奥に毒が吸収されるといった事例もあるようです。

例えば、子宮がシャンプー臭くなるといった報告もあるみたいですね。
ということは、妊娠にも何かしらの影響が出てくるおそれもあるということでしょう。

怖いものです。

このように肌から体内へ毒が浸透することを「経皮毒」といいます。
シャンプーに限らず、あらゆるスプレーなどでも起こりうることですね。
とりわけ頭皮からの吸収率は高いそうなので、注意が必要です。

万一目に入ったらすぐにしっかりと洗い流す必要があります。

ラウリル…の発癌性の指摘も一部ではされているようです。
が、科学的な根拠はないそうですので、そこまでの心配は不要でしょう。
ただ、今後の研究次第ではどうなるか分からないので、頭にアンテナを張っておくと良いかもしれません。

* ラウレス硫酸Na

上記のふたつよりかは幾分毒性は弱いですが、甘く見ることのできない危ない成分です。
同じく強い洗浄力があり、脂分が必要以上に洗い流されてしまいます

* ほか、香料、防腐剤、酸化防止剤など

こういうことを考えるとキリがないですね(^^;)

防腐剤というのは、パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)やイソチアリノゾンなどを指します。
酸化防止剤は、ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)やブチルヒドロキシアニソール(BHA)などが挙げられます。

カタカナばかりで何が何だか分かりませんね!

でもこれらも肌には良くない成分です。
シャンプーを長持ちさせる効果はあるのですが、肌には正直必要ありません。

ラウリル硫酸…と付く成分が入っているシャンプーこそ避けたい

ラウリル硫酸…避けて

先述のとおり、ラウリル硫酸…という名の付く成分は非常に危険で、乾燥肌を引き起こします。

肌もきしんでしまうため、肌荒れに陥ること必至でしょう。
強い肌をお持ちの方は軽く済むかもしれないですが、毒性が強いため危険です。

ガサつき、ニキビはもちろん、肌の劣化も進行します。

劣化というのは、すなわち老化を意味します。
シワやたるみも増えてしまうでしょう。
せっかくのバスタイムも、ラウリル硫酸…のせいでメチャクチャにされてしまうのです。
笑い事では済まされないですね。

現在ラウリル硫酸…は、香料、防腐剤、酸化防止剤などともに表示指定成分(何かしらの害を及ぼす成分)として掲げられています。
よく覚えておくと良いでしょう。

シャンプーにそんなものが使われていると思うだけでもおぞましや!

危険なシャンプーは一切買わないようにしよう!

危険なシャンプーはだめ

ハッキリ言います。

「ラウリル硫酸Na」「ラウリル硫酸カリウム」という名の付いた成分が入っているシャンプーは決して使わないこと!

買うな!!(命令口調)

ラウリル硫酸…は危険ですから、100%避けてください。老化防止のためにも、頭皮の保護やハゲ防止のためにも絶対です。

ただ、その成分を忌み嫌うメーカーは多くなってきているので、そういったシャンプーは少なくなっています。ご安心ください。
でも、購入時には念のためご確認ください

それから、「ラウレス硫酸Na」が入っているシャンプー。これもできれば避けたいところですが、ラウレス硫酸Na入りのシャンプーは実は多いんです。

そのため、私は仕方なくなく目をつむっています。すすぐ際には入念に時間をかけてすすぎましょう

敏感肌、乾燥肌など、肌が弱い方たちは、ラウレス硫酸Na入りさえも絶対に避けてください

オススメのシャンプーをご紹介!健やかな洗髪を!

シャンプー

多少高くても、安全性の高いシャンプーを選ぶことが、健康な髪と肌を保つための秘訣です。
デリケートな頭皮に良いものを選ぶからこそ、肌にも良いのです。

まず、一番安心できるおすすめなシャンプーが「ハーブガーデン」です。

これは、究極の100%オーガニックなシャンプーなので、上で説明した刺激的なものは入っていません。
あらゆるシャンプーと比較して、非常に安心できるシャンプーかと思いますね。

>> ハーブガーデンの公式通販サイトはこちら

それでも価格を抑えたい!という方は、「ラフィーシャンプー」。こちらも良いでしょう。低刺激・アミノ酸系のシャンプーです。10万本を突破したようで、凄まじい人気を誇っているみたいです。

>> ラフィーシャンプーの公式通販サイトはこちら

ラフィーのポイントはノンシリコン、かつ頭皮を乾燥から守ること。
頭皮には優しいほうの部類ですけれども、よりオーガニック性を重視するならば、先にご紹介したハーブガーデンのほうがオススメです。

以上は例なので、ほかにもっと良いのがあればそちらをお使いください。
とにかく、ラウリル硫酸…は絶対回避で、ラウレス硫酸Naは極力回避。

なるべく安全性の高いものをご使用になれば、頭皮にも顔の肌にも優しいです(*^^*)

まとめ

以上、シャンプーのNG成分がもたらす顔の肌荒れや劣化についてのお話でした。

シャンプーなんて今までにあまり気を遣ってこなかった方は、ぜひこの機会に考え直してみましょう!
毎日使う物であるからこそ、毒性のあるものは危険です。

そうでなくても少なからず何かしらの害は体に及んでいるので、安全なシャンプーを使うことが賢明です。

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク