洗顔後 顔がかゆい?ならば、しっとり系洗顔料を用いましょう

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 2 分 くらいで読めます】

乾燥にはしっとり系洗顔料を

乾燥のひどい時期は、顔が乾燥しやすくなります。
いくら対策を練っているつもりでも、いざ洗顔をしてみるとカサカサになったりかゆみが出たり、中にはヒリヒリと痛みを感じる人もいるでしょう。

それは、ずばり洗顔方法を誤っているか、
もしくは洗顔料の選び方を間違っているから起こってしまうのです。

今回は、主に洗顔料のほうに着目していこうと思います。

「肌に負担にならないように洗っているつもりなんだけどなあ」と感じている方は、
ぜひとも参考になさってみてください♪

洗浄力ばかりが強い洗顔料を使ってはいませんか?

洗顔料には色々な種類のものがあります。
その中には洗浄力の強いものも多くあり、それが肌に負担になっている可能性があります。

洗浄力が強い・・・というと語弊がありますが、
つまり、“保湿効果の無い洗顔料はNG”ということです。

聞いたことがあるかもしれませんが、
肌を乾燥から守っているのは、毛穴から分泌される皮脂です。

皮脂は、ありすぎるとニキビなどの原因になってよろしくないですが、
ある程度肌に残しておかないとダメなのです。それがバリアの役目を果たすからです。

なので、洗浄力はありつつも、
皮脂を落としすぎない、保湿成分の含まれた洗顔料を使うことをオススメします。
そうすれば、洗顔後につっぱったりしないし、かゆみや痛いも感じにくくなります。

そこで以下では、
保湿効果の高いであろう洗顔料を、私の視点からご紹介していきます。

私のイチオシ!「二十年ほいっぷ」がグッド♪

二十年ほいっぷ

私が一番オススメしたいのは、北の快適工房から出ている「二十年ほいっぷ」です。

この洗顔料には、肌をヴェールのように包み込むホエイが入っています。
ホエイは乳清ともいい、ヨーグルトを食べるときに見られる透明の上澄み液です。
乳製品を製造する際に生じるそうですよ♪

このホエイは、群を抜いた保湿力を持っています。

また、二十年ほいっぷには、
スキムミルクやユビキノン(コエンザイムQ10)などの保湿成分や美肌成分も配合されています。

さらに嬉しいことには、
濃厚で固い泡を作ることができ、それで洗えば肌への負担も少なくて済みます。
まさに、乾燥から肌を守る洗顔料と言えるでしょう。

洗い上がりもしっとりモッチリです♪

>> 二十年ほいっぷの詳細を見る

いい香りも楽しめる「エッセンスクッションホイップ」

エッセンスクッションホイップ

次は、ベンチャーバンク社から出ているリアンフルール「エッセンスクッションホイップ」。マンダリンオレンジの香りが特徴的です。

これも泡がすごくて、
二十年ほいっぷほどの固さは無いですがフワフワ感は半端ないです。
肌に優しいこと間違いない!っていうほどの優しさ♪

私が使った感触としては、
二十年ほいっぷほどの高い保湿力は感じられませんでしたが、
肌はモチモチした感じになりました。

毛穴の汚れを吸着するという宣伝文句がある通り、
多少洗浄効果も高いものと思います。

が、全然肌に負担になるほどのものではないので大丈夫♪

加水分解コラーゲン、ハチミツ、ヒアルロン酸Naなど、
美肌に作り上げるための成分も22種類も入っているから安心です。

>> エッセンスクッションホイップの詳細を見る

まとめ

以上、2つの洗顔料をご紹介しました。

「どちらがオススメ?」と悩んでいらっしゃる方も多いと思いますが、
正直、どちらも試されると良いと思います。

2番目にご紹介したエッセンスクッションホイップは525円でトライアル可能です(2014年11月27日現在)。

なので、まずそれを先に試して、気に入ればエッセンスクッションホイップを続けて、
「う~ん」と思うなら二十年ほいっぷに切り替えるという方法も一つあるかと思います。

私は先にご紹介した二十年ほいっぷのほうが好きですが、
この辺は好みの問題や、肌に合う合わないの問題もありますので断言はできませんm(__)m

顔の皮膚はデリケートなので、
洗顔のみならず、日頃のスキンケアや乾燥対策に精を入れることも忘れないようにしましょう!♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: その他, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク