香しき敏感肌向けしっとり化粧品、新アヤナスの体験談!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 8 分 くらいで読めます】

新アヤナストライアルセット

以前、当ブログでアヤナスについてご紹介したことがあります。
>>「ディセンシア アヤナストライアルを使ってみた!【体験談】

あわいピンク色がかわいらしく、使い心地も実に良い化粧品でした。

でも、2016年10月、アヤナスが一新がされたとの情報を入手しました。現品は11月にリニューアル。トライアルセットは10月にリニューアルということで、早速トライアルセットを買って試してみました♪

まずは深みのある赤色になったことが一番の衝撃です。上の画像のが新アヤナスです。あわいピンクからインパクトのある赤色となりました!

・・・とはいえ、肝心なのは使用感や効果。この記事でレビューしていきたいと思います。

なぜアヤナスにこだわっているか

世の中には色々な化粧品があります。だから、別にアヤナスでなくても良いわけです。

じゃあなぜ私はアヤナスにこだわっているか。

それはただひとつ。単純な理由。

使っていて気持ちがイイから!明るい気持ちになれるから!

・・・これだけです。

アヤナスは、うるおいを与えてくれるし、ハリアップも望めます。肌荒れも防ぎます。私の肌との相性も良く、しっかりとスキンケアライフをサポートしてくれています。

でも、そういった点は、他の化粧品のトライアルをしたときも感じました。だから、アヤナスばかりにこだわらなくて良いはず。

そこであえてアヤナスを選んでいるのは、やっぱりフィーリングもありますが、香りとかしっとりした感触とか、使っていて安心感を感じるってところが大きいように思いますね。

・・・あ、すみません。本題に入りましょう!

トライアルセットの中身一式

アイテム自体は、旧タイプと大きくは変わりません。ただ、名前が変わりました。

  • ローション コンセントレート(lotion concentrate) : 濃密化粧水です。
  • エッセンス コンセントレート(essence concentrate) : 糖化ケア美容液です。
  • クリーム コンセントレート(cream concentrate) : ハリアップクリームです。

基礎スキンケアに必要な最低限のアイテムが揃っていますね。これで十分ですが、私が買ったときは、もうひとつサンプル品のおまけが付いてきました。

  • * アイクリーム コンセントレート(eye cream concentrate) : 目元用のクリームです。

このアイクリームは、目元の乾燥が著しいときに役立ちそうなアイテムです。

体験レビュー

ここから、実際に使って得られた使用感や効果について、レビューしていきたいと思います。

* 【濃密化粧水】ジュワッと浸透してしっとり  

新アヤナスの濃密化粧水

テクスチャーは、旧製品と比べても大きくは変わないはずですが、若干、とろみが増しているような気がしました。

↑ あくまで「気がした」です。

とろみの関係でこぼれにくく、手の上で広げやすかったです。たっぷりとった化粧水は、顔に満遍なく広げていきます。

このときが実に気持ちいい!とろみがあるとベタッとしそうなのですが、決してそんな感じはせず、ジュワッと染み込んでいく感じでしたね。

乾燥する季節になると、顔のみならず体もカサカサしてきて、服がチクチクしますよね。そんなとき、塗ると「あぁ」っていう感じでとても気持ちがいいです(でも、体に使うとすぐに減ってしまうので要注意!)。

成分のお話を少しすると、この化粧水には「セラミドナノスフィア」というのが入っているようです。通常セラミドの1/20の小ささで浸透力4倍の保湿成分だそうです。染み込むようなうるおい感は、そのお蔭でしょうか♪

セラミドナノスフィア

セットに付属のパンフレット

化粧水なのにもかかわらず、これだけで終わってもいいくらい肌がとてもしっとりとします

ただ、ここですぐに次の工程に移らないと!ですね。うるおいを逃がさないためにも・・・。

そして、香りが本当私好み!ラベンダーの香りが若干引き立ち、旧製品よりも清々しい香りがしました。

いや~、ほんのちょっと香る程度なのですが、一日の終わりに使うと、「私の肌、今日もお疲れさま」って、なんだか優しい気分になるのですよね(笑)

* 【糖化ケア美容液】伸びの良いやさしい感触  

新アヤナスの糖化ケア美容液

白く濃厚な美容液です。旧製品も似たようなテクスチャーでした。

ここで、ちょっと小難しい話をしましょう。

肌では、糖とタンパク質が結合することで、老化の原因となるAGEsという物質が発生します。これは茶褐色の物質なので、肌のくすみの原因にもなるそうです。

この美容液では、コウキエキスやシモツケソウエキス(表示名:セイヨウナツユキソウ花エキス)が、そのAGEsに対応したエイジングケアを行ってくれるとのことです。

しかし、塗ったところで、それをすぐに実感することはありませんでしたし、うるおいを感じるってほどのものでもなかったです(あくまで私の感覚では)。

そのため、トライアル中、「美容液塗るの、めんどうだな」と思って、使わなかったこともあるくらいです。

ところが、塗らないなら塗らないで、何か物足りない感じがしましたね。というか、糖化対応してくれることを知ってしまった以上、使わないとやっぱり不安になるんですよね。

実際、使ったときのほうが肌がよりモッチリした感じがしました。

新アヤナスAGEs対応

セットに付属のパンフレット

液は、想像以上に良い伸びですね。そして乳液みたいな感じです。

香りは化粧水に似て、ラベンダーが若干引き立つ香りで、鼻の奥まで忍び込んできます

化粧水をよ~く肌に浸透させた後に使うのがポイントだと思いますね。

* 【ハリアップクリーム】バリア中のバリア  

新アヤナスのハリアップクリーム

旧製品と同様に、ディセンシアの特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール」が採用されているクリームですね。

そのなんちゃらヴェールっていうのは、「ベントナイト」やナノサイズのヒト型「セラミド」を成分としているようですが、ベントナイトが、旧製品よりも10%増量されているそうです。

・・・と言ったって、よく分かりませんよね(笑)でもそうらしいです。

ヴァイタサイクルヴェール

セットに付属のパンフレット

が、実際使ってみて、かなり強固な保護ヴェール(バリア)を張ることができたのは大いに実感できました。

敏感肌向けの化粧品ということもあり、保護力は抜群です。干からび肌の人にとってはうってつけの効果といえます。夜に塗ったところ、翌日もまだ効果が続いていました

私は、家から駅まで歩くのですが、そのときに、冷たい風が顔にバンバン当たるのです。当然、肌はパリパリになってヒリヒリするのですが、このクリームを塗っておくことで、それを大いに抑えられました。

アヤナスの代名詞ともいえる効果的なアイテムかなと思います。

香りは、化粧水や美容液とは少し異なり、ちょっと甘い感じのマイルドな香りでした。でも、香り成分は同じなのかな、たぶん。

※ ベントナイトですが、成分表示には「ジステアリルジモニウムヘクトライト」と書いてありました。狭義には別物ですが、日本では、中性~アルカリ性の粘土に対して、よくベントナイトという言葉を使うそうです。

* 【おまけのアイクリーム】目元を徹底的に保湿  

新アヤナスのアイクリーム

一回分のサンプルとしてついてきたこのアイクリームは、美容液のすぐ後に使うものです。

目の周りを徹底的に頑丈に保湿したいときに役に立ちますが、肌の調子が良いときは、あまり必要性を感じないかもしれません。

とにかく、これを塗ったところ、目元に重力感を感じるほど(というのは言いすぎですが)のガッチリ感を得られました。

真冬の著しい空気乾燥にやられて目元がカサカサ・ガサガサになっているときは大いに役に立つと思います。

「コンドロイチン(コンドロイチン硫酸ナトリウム)」という保水成分が配合されていますが、これは、私たちの膝などの関節でクッションの役割をしている成分と同じですね。皮脂腺が少なく乾燥しやすい目元にはありがたい成分だと思います。

新アヤナスもやっぱりアヤナスでした!安心感が抜群

さて、以上のように体験してみて、まず一番強く思ったことといえば、それは、

 保湿力・保護力はもちろん、安心感が抜群で文句なし!

ということです。「これを塗っておけば無敵だ」と思わしめるくらいの安心感ですね。

翌朝の保湿ケアを忘れてしまうくらいの保湿感と保護感がありました。弾むような感触になり、その日のテンションが違います。守られてる感があるので、ちょっと強気な気分にもなれました(笑)

一方で、「ここまでやったら肌を甘やかすのでは?」とも思ってしまいました。

でも、エイジング世代はそれくらいでちょうど良いかと思います。

肌サイクル機能が不安定な敏感肌であると、肌荒れがずっと続いてしまったり、肌のうるおい機能もうまく働かなかったりして、乾燥肌が深刻化します。外的なストレスにも負けやすくなり、微炎症が生じることもしばしばあります。

アヤナスは、そんな肌にちょうどぴったりだと思います。

また、新アヤナスは旧アヤナスに比べて香りがより魅力的で、スキンケアタイムを楽しませてくれるものでした。強い香りではないので、誰かとキスするくらいじゃないと分からないくらいです(多分)。なので、スキンケアの時間だけ香って、あとは気になりません♪

逆にこれが合わない人は?というと、さっぱり系を求める人や、割と健康的な肌をした人ですかね。あと、まだ20歳前後の若い人たちにとっても、アヤナスは贅沢すぎるかもしれません。

以上はあくまで私自身が思ったことなので、人によって感じ方が違う可能性があると思います。その点はご了承くだされば幸いです。

以上!私のアヤナスのレビューでした!

↓アヤナスの公式サイトはこちら↓
【敏感肌のためのエイジングケア】アヤナストライアルセット

旧製品と比較して、何が変わったのか?

ついでに、旧製品のトライアルセットとの比較を書いておきましょう。

まず特筆すべきは、(冒頭にも書きましたが)色ですね。以前は、下の画像のようにピンク色でした。

(左は旧製品マイナーチェンジ前、右は旧製品マイナーチェンジ後)

アヤナス

そしてリニューアルにより、色が赤色に変わりました。

新製品アヤナス

では一体何がどう変わったのかというと、それは成分です。化粧水・美容液・クリームの3点において、主な変更点を改めて調べてみました。興味がございましたら、目を通されてみてくださいね。

 【保湿・肌荒れ対策編】

新製品には、保湿力に優れた「パルマリン(紅藻エキス)」、皮膚温に良い「ジンセンX(オタネニンジンエキス)」、ハリのケアに良い「ビルベリー葉エキス」が配合され、その3種をまとめて『ストレスバリアコンプレックス』と呼ぶそうです。

『ストレスバリアコンプレックス』は、ストレスが加わって荒れた肌を整えるために新たに入れられているわけですが、旧製品には入っていませんでした。

 【香り編】

香りにも変更があります。合成香料不使用な点は同じですが、旧製品は「ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)」と「カミツレ(カモミール、オルメニスミクスタとも)」の3種の天然エキスが使われていましたが、新製品では「ゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)」と「ラベンダー」の2種になりました。

 【くすみ対策編】

また、くすみ対策に良いとされる「ローズマリーエキス」も新たに加わっているようです。元々アヤナスのBBクリームにしか入っていないもので、化粧水等には入っていませんでした。

 【防腐編】

ほか、防腐剤(製品を腐らせない成分)の点でも、成分表示に違いがありました。旧製品には入っていた「メチルパラベン」や「プロピルパラベン」が、新製品では入っていません。パラベンって実はそこまで悪影響はないものですが、気にする女性も多いので配慮したのかもしれませんね(あくまで勝手な憶測です)。

(ちなみに、旧製品にも新製品にも防腐剤として「フェノキシエタノール」が入っています。「え?エタノールなんだからアルコールじゃ?」と勘違いする人もいると思いますが、これは俗にいう「アルコール(エタノール)」とは別物です。)

 【ほか】

ほかにも、成分量の変更(=成分表示の記載順序の変化)やマイナーな変化も見られました。取り上げるほどでもないですが、もしかしたら、使用感や効果に多少の変化を生み出しているのかもしれませんね。

 

・・・というような感じです。

旧製品と新製品とでは違いがありますし、さらに魅力もUPしましたが、使い心地や安心感は、やっぱりアヤナスでした。肌で感じた限りでは、大きく変わっていなくて安心しました

うるおいによってもっちりした肌であれば、自然と笑顔が生まれますね。

気になった方は、是非アヤナスを試されると良いでしょう。下記の公式サイトで、トライアルセットをお得に購入できます。何卒検討なさってみてくださいね♪

↓アヤナスの公式サイトはこちら↓
【敏感肌のためのエイジングケア】アヤナストライアルセット

以上で筆を置きたいと思います。ちょっと長くなってしまいましたが、お読みくださいましてありがとうございました!

素晴らしいスキンケアライフをお送りくださいね(^^)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク


※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 保湿グッズ   パーマリンク