悪いプライドを捨てると心身ともに美しくなれるんですよ!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

プライドを捨てる

「この日本…世の中を変えたい!」と人前で子供のように泣きじゃくるほどまでプライドを気にしないのもアレですが、そんなものは捨ててしまったほうが良いです。

よく人から「プライドは捨てなさい」と言われませんでしたか?・・・イラッときますよね。私も言われたことありますから。

でもそうすることで、外見的にも内面的にも美しい人に近づけることは間違いありません。当ブログのコンセプトに従えば、悪いプライドを捨てることは、老化防止のためにもとても効果的に働くのですよ!

では、本題に入る前に、プライドの説明を簡単にしたいと思います。

悪いプライドと良いプライド!捨てるべきは前者

プライドと一口に言っても、悪いのと良いのとがあります。ここで、両者を比較してみることにしましょう。以下、ざっと例を挙げていきますね。

○ 悪いプライドの例

  • * 自分は強いと信じ込んでいる。
  • * 学歴の高さにいつまでもこだわっている。
  • * 失敗することは恥ずかしいことだと思っている。
  • * 常に人より優れていようと躍起になる。
  • * 自分の知識だけが正しいと思い込んでいる。 

ざっと思いつくところを5つ挙げてみました。抽象的なので分りにくかったらすみません。
イメージとしては、まあ本人は一生懸命なのでしょうが、競争心や自尊心が強く、どこかストレスにさいなまれているような感じがありますよね。

○ 良いプライドの例

  • * 自分の弱さを認め、それを補える強さを身につける。
  • * 人に流されず、個性を大切にする。
  • * 失敗を活かして成功に繋げようとする。
  • * 常に過去の自分より優れていようと精を出す。
  • * 社会における自分の役割を把握しようとする。

いかがでしょうか?
イメージ的にはとても頼りがいのある人のような感じがしませんか?己を尊重しつつも、柔軟な生き方をしているように思います。

プライドの中には、ある方角から見れば悪く見えて、別の方角から見れば良く見えるようなものもあると思いますが、大まかに違いを理解していただけていれば幸いです。

悪いプライドこそ、体にも心にも肌にも毒

違いを見ると、悪いプライドのほうがどこか黒~い感じがあり、心身に悪いイメージがあります。

いつも人目を気にし、自分の弱みを隠し通し、常に神経をとがらせて必死に生きている・・・。これでは心身は不健康になるでしょう。心は疲れ、その疲れは体に不調を来すこともあります。

真面目な話をすれば、そうなってしまうと内臓機能も低下し、血液循環も悪化。よって肌の状態も荒れたり乾燥したりして、暗くどんよりした醜い顔になってしまいます。シワももちろん増えていき、老化は早まります

第一、ストレスに悩んでいる人は、自分を変に守りたがるプライドのせいもあるかもしれません。

そんな人の心は弱いんです。でも、弱いのは悪いことではなく、そこを毛嫌いして、強さが無いのに強がることがいけないのです。そういった人は、そんなあなたの裸の姿をストレートに受け止めて認めてくれる人が現れないない限り、ストレスに悩まされ続け、美しくはなれません。

悪いプライドを持つ人

肌の老化を防いで表情も豊かで明るくなるには、ストレスから解放され、自信に満ちた状態であったほうが有利であることは明白です。

早いところ悪いプライドなんて捨てて、良いプライドにすり替えてしまいましょう!時間はかかるかもしれませんが、日々意識をしていくことで改善されていくと私は考えています。

良いプライドにすり替えて美しくなろう!

はたから見て強そうで頼りがいがあって輝いている人というのは、必ず良いプライドを持っています。まあ、だからといって「悩みが全く無い」というのは誤りですが、人生を謳歌していくためのチャンスは多く手にしているはずです。

というわけで、男女ともに、悪いプライドを良いプライドにすり替えて、外も中も美しい人間になりましょう!
シワやたるみの改善法のひとつとして、ぜひ知っておいていただきたいなあと思います。

まず大事なこと。それは、

* 思考の転換

です。要は、物事は表裏一体であるということを前提として、マイナス的な言い回しを全てプラスに変えるというわけです。

「失敗してしまった!馬鹿な俺だ」 → 「失敗して良かった!これで成功につながらない道がひとつ消えた」

といった具合に考えるのです。

また、

* 悪いプライドをリストアップしてみる

ということも大切です。まあこの作業に至るまでにも、ある種の悪いプライドを捨てないと無理かもしれませんが、一度冷静になってやってみると良いと思います。

悪い点を書き出し、それをプラスに言い換えられるならぜひそうして、プラスに言い換えられないなら代替案を考えます。

「学歴のみがモノをいう」の場合、「学歴は自信」「僕の大切な歴史」とプラスっぽく言い換えても良いのですが、いかにもクサく、これではまだ悪いプライドを払拭できていないような気もします。なぜなら、前向きではないからです。

プラスな言葉(や良いプライド)というのは前向きでなければいけません。だから、

「学歴のみがモノをいう」を抹消し、「これからは実力主義でいこう」といった具合に言い換えてしまうのです。

いかがでしょうか?前向きになったと思いませんか?

まあ、それがど今後どう転ぶかは分かりませんが、こういうことを日々意識するだけでも、常にフレッシュな状態を保てます。

ただやりすぎると優柔不断になるので、色々経験していく中で柔軟に変わっていけると良いのではないかと思います。

まとめ - よって老化防止になり、美しくなる!

フレッシュな気持ちで前向きに。そして失敗を恐れずに毎日を楽しんで過ごす。

これによって、心身共に健康になり、内臓の機能も保たれて肌もキレイになります。自信もついてくるので、心の底から明るい気持ちでいられ、それが表情となって放出されることで、人にも幸せをおすそ分けすることができます。

とは言っても、肌の美容に関して言えば、今回のお話に限らず、あらゆる方面から考えていく必要があります。生活習慣とか肌ケアとか・・・。これはいつも私が申し上げていることです。

今回のお話は、その数あるうちのひとつというわけです。
ぜひ、「悪いプライドは捨ててしまおう!」と、今日から早速挑んでみてくださいね(*^^*)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 美意識や心の持ち方について   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク