草食系男子が多い昨今、男を落とすには肌で勝負!?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

草食系男子 落とす方法

何年か前から、草食系男子という言葉が流行っています。
今となっては、「なよなよした男」とか「女々しい男」「やせ細った男」「優しい男」など、色々な意味を含む言葉として使われています。

コラムニストの深澤真紀さんや、哲学者の森岡正博さん、『ホンマでっか!?TV』でお馴染のマーケティングライター・牛窪恵さんなどによって多用され始めた言葉のようです。

森岡さんは、
「新世代の優しい男性のことで、異性をがつがつと求める肉食系ではない。異性と肩を並べて優しく草を食べることを願う草食系の男性のこと」と定義し、
後に、
「草食系男子とは、心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子のこと」と再定義しています。

なんだか貧弱な男のようなイメージが強くなったように思います。

いずれにせよ、この記事では、まあザックリと「恋愛に興味が無い男」として、お話を進めていきます。草食系男子と女性について述べつつ、肌の美容のことをお話ししたいと思います。

草食系男子が多い時代には、女性は積極的に色気を出すべき!

肉食系男子の多かった時代は、女性はおしとやかに静かにしていれば、なんとなく男が近寄ってきたものです。
しかし現代の場合、おとなしくしていても男は寄ってこない確率が高くなりました。

これは、生物学的に考えて異常事態です。なぜなら、子孫繁栄には繋がらなくなってしまいますから、自然の摂理に反していることになるのです。

こんな時代、女性はどうすべきかというと、男を引き寄せるために色気を積極的に出していく必要があります。

でも大丈夫。実は本能的にそうなっているのです。これこそ自然の摂理ですが、男が近寄ってこなければ、女は自然に自分を飾るようになっているのです。
これは世の風潮を見れば明らかで、現代はケバケバしい女性が多いのなんの!美容グッズはよく売れているそうです(笑)

そうやって自分を磨いてキレイに、そしてかわいく、そして色っぽく魅せないと、男が発情しないからです。

逆に言えば、男というのは単純な生き物(←良い意味で)なので、見た目でコロッとやられる率は高いんです。
女性が苦労して美オーラを高めることで、男の反応率はグッとアップし、口説いて落とせる確率も上がります。

ただ、女性の本心としては、男性から口説かれたい!といった思いがあるかもしれませんね(笑)

女性のオス化で自然の摂理は保たれている!?

女性のオス化が問題になっています。男らしく頑固一徹になったり、行動的になったり、メールも短文になったり、ヒゲが生えてきたり・・・!

こういった現象は、女性の社会進出化というのも原因にあると思いますが、
男性が全体的に草食化していることで、女性がオスっぽくならざるを得なくなっているような気がします。無意識な次元で。

これも子孫繁栄のためなのかもしれませんね。

ただ、あまりに女性がオス化してしまうと、私たち(生物学の素人)には予測できないような事態も発生するかもしれませんが、
いずれにしても、女性が積極的になることで、男性と結ばれることになると思います。(あくまで平均的な話です)

そこで、私からは、女性が男性に積極的にアプローチできるようなスキンケア情報をお伝えします。

肌をキレイに若々しく!若葉のようなオーラで突き進むことが大事!

このブログでは、肌のケアについて色々な面からお話をしています。
肌に良い生活や食べ物やストレス改善について、シワやたるみを改善するためのグッズについて、洗顔について、トリビア的なお話などなどです。

ずばり言ってしまえば全て大切で、現代の場合、特に顔の肌の美しさに意を注ぐべきと思うのです。

いくら性格美人でも、気になる男性の意識にとまらないことには意味がありません。
内面や性格云々の話の前に、第一次試験的役割の外見に、もっともっとこだわる必要があるのです。

草食系男子を相手にするならば、その第一次試験こそ難関です。

肌にシワやたるみがあったり、変な筋が付いていたり、くすみがあったりすると見てくれは良くないですし、第一、自分自身のモチベーションがなかなか上がりません。
すると、さらに表情が暗くなってしまい、美オーラも発することができなくなってしまいます。

だから、日頃から肌のことを気にしていくべきなのです。

メイクには即効性がある!でも落とし穴も・・・

男性を落としたい!とか、虜にしたい!という場合には、メイクこそが即効性を生みます

上に書いたように、外見こそ第一次試験であり、その試験対策こそがメイクなのです。シワだって目立ちにくくできるし、くすみも隠せます。

ただ、日頃からのケアを怠っていると、メイクの乗りは悪くなります。肌の毛穴が目立っていたり、デコボコしていればしているほど、メイクはガサガサになったりします。

日頃のケアは、色々ある中でも、特にクレンジングや洗顔、保湿はキモ。
メイクをした後とかも、きちんとクレンジングを施さないと、肌は傷んでいきます。

男性云々の話は置いておき、肌の劣化は女性にとっては大敵ですよね。

女性が恋愛に積極的になる時代なので、その積極性を大切にメイクを凝ったりするのはとても良いこと(というか自然の摂理かも?)ですが、
冷静さを欠いてしまうと、本来の女性らしさが無くなってしまうかもしれません。気を付けたいところです。

男は面食い!草食系であっても?

私は男性と会話する機会が多いのですが、れっきとした草食系男子が2人はいます。

ひとりは面食いです。恋愛に興味は無いと言い放ちながらも、かわいい女の子には目が無いそうです。

それを草食系といえるのか、もしかしてロールキャベツ男子なのか?
という話はさておき、とにかく妙な感じはします。

恋愛に興味ない。でも、肌が白く、ツヤのあるカワイイ子を見ると、たまに本来のオスパワーがグツグツ煮え立ってくるそうです(笑)

きっと、多くの草食系男子はそうなのかもしれませんね。
そう考えると、男を発情できない女のほうに原因があるのかも?とか考えてしまいますが、う~ん、まあ難しいことは考えないでおきましょう。

ちなみにその男性、肌はメチャクチャ綺麗です。20代後半なので、そろそろ皮膚の筋が気になり始める頃ですが、シワもないし、子どものようにキメが細かいです。女性はそれを上回る必要があるかもです(汗)私は彼に嫉妬しています(笑)

それから、もうひとりの草食系男子君は、かわいい女の子という概念を持っていないようです。
街中を歩いていても、気になる子はひとりもいないそうです。色っぽい子であろうが清楚な子であろうが、関係なし。

私は冗談で「じゃあ私じゃダメ?」とよく言うのですが、苦笑いで終わり(笑)

女性・・・というより人に対して特に興味は無いそうで、今まで片思いしたこともないそうです。ここまでくると、草食系男子・・・というより、既に性別というものが無いような気もしてしまいます。ただの草食系人間というべきでしょうか?よく分かりませんが。

でも彼も、きっと理想の女性が現れたら発情するような気はしますよ。

・・・ま、このように、草食系男子といっても色んな種類があることでしょう。
いずれにしても、「恋愛に無頓着」という点は変わりませんね。

まとめ

女性のみなさん!今気になっている男性が草食系男子なら、あなたこそ積極的になるべきです。
そして、外見にこそ力を入れましょう。

第一次試験に合格できなきゃ、第二次試験はありませんよ!

・・・・実にとりとめのない記事になってしまいました。私が言いたかったことは、肌の美容は大事だよってことだけです。いつもと同じですね。

あと、今流行りのビーグレンとか、スキンケアの足しにしてみたらいかがですか?トライアルセットもあるのでお試しあれ♪

 >> 浸透テクノロジーのサイエンスコスメb.glen

今回は以上!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 美意識や心の持ち方について   タグ: ,   この投稿のパーマリンク