ノーメイクで肌を美しく保つ方法って?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

ノーメイクと肌

女性にとってメイクは欠かせないものです。なぜなら、普段の自分の顔をより一層明るくすることができるし、ちょっとは魅力的になると思うからです。

女性のメイクと肌の関係については、以前の記事「女はメイクで変わる!つまりそれは老化を意味する!?」の中でお伝えしておりますが、メイクはやはり肌に毒なのです。

でも、ナチュラルメイクとしてうっすらと塗るのであれば、UVカット効果もあってバッチグーってお話もその記事でしました!(あ、バッチグーって死語?)

そこで今回は、ナチュラルメイクではなく、ノーメイクということを大前提として、お話を進めてまいります。

という前に、ノーメイクのマナーについて少し触れましょう。

ノーメイクはマナー違反?

「ノーメイクはマナー違反でしょ!」という声をまれに聞くことがありますが、私はそうだとは思いません。

あのね、まず男の人はメイクしてないでしょ?・・・こう言うと、

「いや、男はいいの。女はやっぱり素肌をあまり見せるもんじゃないのよ」

と叱られてしまうかもしれません。たしかにそうですね。それぞれの性差を生かすべきだとは思います。

ただ、今のご時世、あまり「女だから・・・」とか「男は・・・」とかに固執すると、それはそれでジェンダーになるかと思います。

そもそも、そういったジェンダー意識云々の話の前に、女性のノーメイクがマナー違反である理由があいまいすぎて、私は納得がいきません。しかも主観的です。

主観的というのは、要はその人が“メイクは当たり前のもの”という固定観念を持っていて、それを主張したいにすぎないからです。

女性が素顔をさらすことのどこがいけないのか、私には分かりません。

いいじゃないですか~ありのままの顔でも!

それに、飲み会の場などで男性の方々と他愛もない話をしていても、彼らの多くが「女性のノーメイクは好印象」と言っています。

女性にはやはり「マナー違反でしょ」と言う人もいますが、それはその人自身が、メイクに頑張っている自分自身を否定したくないからこそ出てきた言葉であるように私には聞こえました。つまり、やはり主観的なのです。

よって、ノーメイクをマナー違反とするには無茶がある気がします。
むしろ最近はノーメイクの女性も増えているので、もっと認められるべきでしょう。

ノーメイクのメリットって?それはやはり、自然な肌でいられること

前置きが長くなってしまいました。申し訳ないです。やっとここで本題に入れます。

ノーメイクといえば、肌に全く化学物質が乗っていない状態です。
細かい化学成分やパウダーなどで毛穴が塞がってしまうことがないし、毒素が吸収されることもありません、

よって、肌にとっては無害で自然な状態です。

普段、しっかりと保湿をしたり生活習慣も気にかけているのにもかかわらず肌荒れが目立つなら、もしかするとメイクをすることで肌荒れを招いている可能性もあるし、メイクの成分が肌に合っていない可能性もあります。

メイクが肌に及ぼす影響については、上のほうでもご紹介した「女はメイクで変わる!つまりそれは老化を意味する!?」の中で述べているので、お時間ありましたらぜひ目を通してみてください。

メイクにさらされていない、ありのままの肌。これは理想です。

ただ、自然だからといって美しい状態になるとは限りません

なぜなら、塵や埃、日光、乾燥した空気といった外的ストレスが存在するからです。

メイクをすることで日焼け対策にもなりますが、ノーメイクではそのままストレートに日光を浴びることになります。

そのため、日差しが強くて日焼けしないようにするには、日焼け対策を施す必要があります。

ノーメイクは非常にラクチンですが、怠けることではないのです!

日焼け対策をしなさいね!

ノーメイクでの日焼け対策と常識

では日焼け対策のお話を早速していきましょう。特に夏は必須ですよ!

日常生活レベルでしたら、普通に軽い日焼け止めを塗ればOKです。

数値的にはSPFが30以内PAも+か++で十分です。長時間外にいる場合はPA+++が必要な場合もありますが、屋内にいることが多いなら++までにしておいたほうが、肌への負担がありません。

ここでちょうど良いUVミルクをご紹介します。その名を「ウェアルーUV」といいます。
ノーファンデでOKにもかかわらず血色の良い肌を演出してくれます。

・・・確かに、ノーメイクの魅力は何も塗らないことなのですが、
日差しが強いときくらいは日焼け止めを塗るようにするのが、肌の美容を保つための常識です。老けたくない方は塗りましょう!

あと、絶対に忘れちゃならない常識がまだあります。

それは、毎日保湿することを忘れないことです。

肌をしっかりと潤わせてあげることは忘れないようにしましょう!面倒ですけどね(笑)

ただ、これと良い勝負なケア用品がほかにあります。新日本製薬のオールインワン「パーフェクトワン」というもの。
朝のケアを1分でも早く済ませたい方にオススメです。

パーフェクトワンには化粧下地が入っていますが、その後はメイクしなくても全然大丈夫です。・・・あ、ご存知でしたか既に。失礼しました!

新日本製薬公式サイト
 ⇒ 新日本製薬

まとめ

ノーメイクを貫きたい方は、何も塗りたくない!といった気持ちが先行してしまうかもしれませんが、
以上に述べたように、保湿と日焼け対策は怠らないことです。

ノーメイクはマナー違反ではないと思いますが、ケアを怠ったことで老化し、シワやくすみが増えて暗い顔になってしまえば、それで相手にも良くない印象を与えかねません

そういった意味ではマナー違反になってしまうこともあるので、ケアをしっかりし、生き生きとしたみずみずしい肌を目指していきましょう!すでにそうなっている方は、このまま持続し、いくつ歳をとっても若々しいフレッシュな顔をぜひ振りまいてくださいね♪

では、今回は以上といたします!  

【当記事内でのおすすめケア用品】
 ⇒ ウェアルーUV (ノーファンデのUVミルク)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 化粧(メイク)と肌の関係とは, 肌ケアにプラスして考えてみたいこと   タグ: ,   この投稿のパーマリンク