妊娠中の肌荒れ対策では、基本的なことこそが大事!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

妊娠中の肌対策

女性にとって、妊娠は人生における大きなイベントのひとつ。非常に尊く、特別です。
不安も色々あるかと思いますが、何より、新たな生命の誕生が待ち遠しく、ワクワクするときでもありますね。

しかし、妊娠中は肌の乾燥やニキビ、シミなどといった肌荒れが気になる人も多いのではないかと思います。

なぜ肌荒れが顕著になるのかというと、
ホルモンバランスが不安定になったり、精神状態が不安定になったりするためです。

これは妊娠している女性にとってはごくごく当たり前なことなので、
何も貴女様だけが肌荒れや体調不良に悩んでいるわけではありません。
ちょっと言い方は変ですが、まずはご安心ください♪

さて、では妊娠中の肌荒れ対策って、いったいどうすれば良いのでしょうか?
今回は、その点を中心にお伝えしていこうと思います。

妊娠中の肌荒れ対策は、基本的な保湿ケアが大事!

先ほど書いたように、妊娠中はホルモンバランスが不安定になります。
男性ホルモンが減り、エストロゲンやプロゲステロンがたくさん分泌されたりします。

男性ホルモンが減ると皮脂の分泌量が減るため、
肌の潤いが足りなくなり、乾燥しやすい肌になってしまいます。

だからこそ、スキンケアのベースである保水・保湿ケアが大事なのです。

「やってるけど、肌が一向に良くならないんだけど!」
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
それが妊娠期というものですから、ハッキリ言って仕方がないのです。

ここで奮発して、いつも以上に保湿力の高いアイテムを使っても良いのですが、
さほど心配する必要は無いと思います。

あまり神経質になってしまっては、それはそれで余計にストレスになってしまって、
貴女様の体にも良くないし赤ちゃんにも良くありません。

いつも使っているアイテムで良いので、
あまり神経質にならずに軽い気持ちで、だけど「欠かさずやっていこう!」くらいの心構えで良いと思います♪

シミ対策もしよう

妊娠期にはホルモン分泌のアンバランス化で、
メラニン色素が多く作られてしまい、シミを気にする方はきっと多いと思います。

メラニン色素が沈着してしまうと肌にシミが残ってしまいますが、
妊娠が終われば次第に消えてなくなっていくことが多いです。

だから、シミが一時的に増えてしまうのは仕方がないことです。
新たな生命が誕生するという大きな出来事がやってくるわけですから、
それくらいの反動が貴方様の体に襲い掛かってくるのは無理もありません。

しかし、対策できるものは対策したいというのが人情ですよね。
なので紫外線対策はしっかりと行っていきましょう

日差しが気になる日は日焼け止めクリームなどを塗布します。
まあ、できれば炎天下を歩くのは避けつつ、
妊娠中は安静にしていることが大切かとは思います。

一方で、肌の乾燥が進むことでもメラニン色素は増えます。
それは、乾燥によって弱った細胞を守ろうと、肌がメラニン色素バリアを作るからです。

ということは、やはり保水・保湿ケアは命ですね。
肌の老化防止のためにも、基本的なスキンケアは日課として継続していきましょう♪

ニキビ(吹き出物)ができる理由と対策

妊娠中は男性ホルモンの減少によって、肌が非常に乾燥したりします。
でも、なぜニキビ(吹き出物)が異常に発生することがあるのでしょうか?

それは、プロゲステロンというホルモンが悪さをするからです。
これには、皮脂をたくさん分泌させる働きがあります。そのせいで脂性肌にもなったりして、ニキビが増えてしまうことがあるです。

乾燥肌になりやすいか脂性肌になりやすいかは、
人それぞれで変わってくると思いますが、
ニキビができた~という方は、ニキビケアアイテムを使われることをオススメします。

変にサプリメントや薬を服用すると、
赤ちゃんにも悪い影響が及んでしまうことがあるのでNG!
深刻な場合はお医者さんにかかられると良いと思います。

妊娠中のニキビケアにオススメできるアイテムがあるので、
ここでひとつ、「ノブ」というものをご紹介しておこうと思います。

ニキビケアアイテムにもかかわらず保湿ケア、美白ケアも合わせてできる、
今大変人気の高いアイテムですから、是非検討してみてください♪

「ノブ」の公式通販サイトはこちら
>> ノブ ACアクティブトライアルセット

食事も気を付けて、リラックス生活を心がけよう!

妊娠中は、今まであまり好んで食べなかったものが無性に欲しくなったりして、
偏食がちになってしまう人も多いものです。

ストレスとか精神的な不安ものしかかってくるため、
食べたいものを食べて、飲みたいものを飲んで生活するのが、
一番気分的にも良いのだろうと思います。

でも、あまりに偏食してしまうと、それはそれで体に不調が来ます。
当然ながら、肌も不安定になり、敏感になりやすくなります。

妊娠中は、野菜を多めに食べることを意識し、
脂肪分の多い物を控えることを念頭に置いて食事されると良いでしょう。

生モノも念のため控え、アルコールやジャンクフードはNG。
スーパーやコンビニの惣菜などは便利ですが、
脂っこい物が多いので避けたほうが無難かと思います。

珈琲や紅茶などのカフェイン入りの飲み物も控えるべきですが、
そこまで神経質になると逆にストレスになってしまうので、
まあ、1日に1杯くらいになら大丈夫かと思います。

食べ物に関しても同様で、
好物を我慢するあまりストレスになってはいけないので、
どうしても脂物を食べたいときなどは、少量に抑えておきましょう。

とにかくストレスを軽くし、リラックスした生活を送れるようにすることが大切です。
あまり激しく動かず、好きな音楽を聴きいたり、
一番リラックスできる場所で過ごす時間を増やすようにしてみましょう♪イライラは禁物です!

まとめ

今回は、妊娠中の肌対策などについてお話ししましたが、いかがでしたか?

色々不安もあると思いますが、とにかく楽しいことばかりを考えてみてください♪
いいですね!子どもができると、きっと人生がもっと愉しくなりますよ(^^)

旦那さんの力も借りつつ、無理のない生活をお送りください。
そして保水・保湿ケアや紫外線対策、健康的な食事、リラックスなどなど、
神経質にならない程度に心がけていくようにしてみましょう♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク