ニキビで老化!老化でニキビ!洗顔とおすすめケアはこれ

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

ニキビと老化

ニキビがあるから肌は老化するのでしょうか?
老化するからニキビができるのでしょうか?

じゃあ、ニキビのある若い子たちは老化するのでしょうか?
若い子たちは実は老化しているのでしょうか?

・・・なんだか禅問答みたいになってきましたが、
ここでいうニキビっていうのは、実は大きく分けて2種類あるのですね。

ひとつは、若い子たちにできるようなニキビは、成長によるホルモンバランスの影響でできる、至って健康的なニキビ。もうひとつは、老化現象やホルモンバランスの不安定化による「吹き出物」のことです。どちらも、結局は皮脂・アクネ菌によって生じます。

また、ニキビの出来方としても2種類あります。
凸凹のクレータータイプと、色素沈着しやすいブツブツタイプです。

とにかく、ニキビができてしまったら、まず洗顔で清潔な状態に保つことが急がれます。

ここでは、まず洗顔について見ていき、
次にスキンケアについて見ていこうと思います。

ニキビができたらとにかく浄化!そのままでは状態が悪化

クレーターにしろブツブツにしろ、とりあえずは清潔な状態を保つようにします。

ニキビができるということは、それなりに皮脂が多く、アクネ菌も皮脂を餌食にやってきます。

だから、毛穴の出入り口付近の皮脂をしっかりと落としてきれいにしてあげることが肝心です。

かと言って、皮脂は取りすぎてしまうと、かえって乾燥肌を招いてしまいます。なので、保湿力のある洗顔料を用い、その後のスキンケアについてもしっかりとおさえておくことが重要です。

ニキビができる=脂性肌と思い込んでいる方も多いですが、実はインナードライである可能性も否めません。インナードライだと、肌を乾燥から守ろうとして皮脂が多量に分泌されてしまうのです。

また、ちょっと難しいお話をすると、
洗顔後の肌は弱酸性からアルカリ性のほうに傾きます。その後、普通はそのアルカリ性は弱酸性に戻ります。健康な肌ほど早く。

しかしアルカリ性に戻るのが遅いと、アクネ菌が増殖しやすくなるんです。
アクネ菌はニキビの原因ですから、結果的にニキビが増えます。

だから洗浄力の強いのは良くないし、第一それだとバリア機能も低下してしまうので、肌環境が悪化してしまいます。

洗顔料は保湿力があって低刺激のものを使うようにしましょう。もちろん、肌はこすらずに落ちついて洗うことが肝心です。

どう?意外でしょ!?

洗浄力が強すぎるものは逆効果!
ニキビのバッキャロー!!

今日寝る前に、これを100回唱えてくださいね(笑)

ニキビのバッキャロー!!

あと、洗顔料が弱酸性がイイとか中性がイイとかありますが、
理想を言えば中性がいいですね。

弱酸性だと弱すぎやしないか?って気になるし、
弱アルカリ性だと洗浄力がありすぎやしないか?ってね。

とどのつまり、

・・・・どうだっていいっスよ! (←エッ!!)

そこまで気にしてたらストレスで余計にニキビが増えるって!
だから、あんまり気にしなくていいっスよ!( `ー´)ノ

ま、使って調子が悪かったら替えてみてくださいな。
効果なんて使ってみんと分からんわ!

私のスタンスはそんなもん(笑) 
文句ある人さようなら。

ニキビの種類別に対するスキンケアを施そう!

さて、ここからは種類別のスキンケアです。

冒頭部分でお伝えしたように、クレータータイプとブツブツタイプがあります。
まずはクレータータイプからお話ししましょう。


* クレータータイプ 

クレータ―になってしまった原因は、
浸食されたニキビ部分の肌再生スピードが、そうでないところに比べて違うからです。

このタイプは、状態としてはかなり深刻な状態ですから、下手に手出しはできないし、
自分でやれるスキンケアはかなり限定されてきます。

もちろん、上に書いた洗顔は必須として、

保湿ケア、紫外線対策、食生活改善、ストレス対策、飲酒制限、喫煙制限・・・などなど、
肌に優しい生活を心がけていくことが大切です。

しっかり綺麗に治したい方は、美容外科や皮膚科などで治療を受けると良いでしょう。
大変な投資になってしまいますが、肌が蘇るならこの手を選ぶのも悪くないです。

* ブツブツタイプ 

このタイプの場合は、自分で行えるスキンケアにはまだ幅が利きます。

とは言っても、ブツブツタイプにもさらに細かい種類(白、赤、黒とか)があるし、
できてしまった原因というのも考えてスキンケアを施す必要があります。

ニキビっていうのは毛穴に汚れが溜まることが発端でできたり、
ほかにも何やらかんやらで発生したりします。

 ↑ このあたりの話はターンオーバーの話を細かくしたりする必要があるため、面倒だから割愛!

で、ニキビにはピーリングがいいとかダメだとか色んな話がありますが、
それも、そういった発生原因によって変わってくるんです。
ピーリングをすべきでない人がしてしまうと、余計に悪化します。

でも正直、日頃忙しい私たちが、ゆっくりと自分の肌の状況なんて把握する暇なんてないですよね。

よほど時間と心に余裕が無いと、きちんと把握できませんし、
素人が無理に把握しようとしても、間違えたりします。

そもそも色々な原因が複雑に絡み合っているわけですから。

私自身も、ニキビができたときは原因究明や状況を把握することなんてしてませんでしたから、あなたにもそれを勧めます(笑)

じゃあ、私たちが手っ取り早くできるスキンケアは何か?と言われたら、
それはもう、ターンオーバーを正常にしてあげることだけです。

ではどうすれば良いか?

・・・簡単ですが面倒ですよ。

クレータータイプと同じですが、
保湿ケア、紫外線対策、生活改善、ストレス対策、飲酒制限、喫煙制限・・・などなど、
これらを万遍なく行うことです。

体内からも外部からもスキンケアを行うってわけでっせ。
これこそが、根本的な治療法です。

また、ビタミンC誘導体って聞いたことはないでしょうか?
これがニキビ改善には良いというのが常識になっています。

ビタミンCとどう違うのかってことですが、
ビタミンCは不安定ですが、ビタミンC誘導体はその名のとおりビタミンCをしっかりと誘導して浸透させてくれるものです。

が、結局はビタミンCが浸透すれば良いのです。
ビタミンCは、肌の皮脂バランスを整えるために必要な栄養素です。

そこで、良質なニキビ対策アイテムがありますので、以下にてご説明します。

ニキビ対策にはb.glen(ビーグレン)で洗顔~ケアを

あくまで、ニキビの予防をすることで改善のステップへと橋渡しをするというものです。
直接的に治療するというものではないので、そこは履き違えないようにしましょう。

サイエンスコスメ(ケミカルコスメ)である、
b.glen(ビーグレン)のニキビケアセットが良いと私は考えています。
特に大人ニキビ(吹き出物)に対して使われることをおすすめします。

洗顔からケアまでの一通りの作業をとり行うことができます。

上でご紹介しましたビタミンCも配合されており、
国際特許を取得した浸透テクノロジーによって、肌への浸透を促進させています。

まあ、とにかく私がグダグダと商品説明をしていても仕方がないので、
続きは詳細ページでご覧ください。

その前に念のため申し上げますが、
絶対良いよ!とは言えません。使ってみないことには分からないというのが正直なところ。

トライアルセットもありますし、365日の全額返金保証もついていますので、
万一肌に合わないことがあったら使用をやめて、その制度を利用してみてください。

>> ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

ちなみに、私の妹がこれを使っていたことがあります。
コレ良いわ~!って喜んでいましたが、正直高いのがネックで正規品を諦めてしまいました。
トライアルセットは良いのですが、正規品を購入する際はよ~く検討しましょう。

気になる場合は皮膚科医に診てもらいましょう

やはり、ニキビが気になる場合は、
いかなる場合でも皮膚科等で診てもらうのが一番です。

ネットで情報収集して改善するのも良いですが、あくまでそれはその場しのぎ。

きちんと治療するなら医師に頼る以外に方法はありません!

まとめ

ニキビができれば肌も炎症したりして傷んでいきます。ターンオーバーが正常じゃないという証拠でもあるので、老化肌に成り下がっていく可能性は極めて高いでしょう。

逆に、老化している(肌環境が低下している)からこそニキビができるとも言えますし、体の調子も老化によって悪くなり、ホルモンバランスの影響でニキビができたりします。

なんだか今回はややこしい内容になってしまいましたが、
あまり気落ちするとストレスがかかるので、半ば「何とかなる」という楽観的な気持ちも大切にしていきましょう!

とにかく、洗顔や保湿、生活改善、ストレス対策などなど、
内的にも外的にも、体をいたわることを忘れないことが一番大切です。

たとえ手術で治療しても、そこが疎かでは堂々巡りになるだけなのです。

オススメ! >> ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク