夏の乾燥肌の原因と対策、ご存知ですか?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

夏の肌対策

夏に肌がカサカサになったりヒリヒリしたりする原因はご存知ですか?
日本の夏は、ほかの季節に比べてジメジメして乾燥肌とは縁の遠そうな感じがしますが、なぜ肌は容赦なく乾燥してしまうのでしょうか?

その原因は、ずばり“身の回りの環境”にあります。

夏の乾燥肌の原因と対策について

ではここで、夏の乾燥肌の原因とその対策について少し詳しく見ていきましょう。

1、エアコン

うだるように暑い夏は、コレが無いと快適にすごせません。そう、エアコン(冷房)です。これがまず第一に考えられる原因です。

電車、バス、オフィス、スーパーなどなど、どこへ行っても夏は冷房が効いていて涼しいですよね。だから、身も心も生き返るような気分になります!

でも、肌にとってはちょっとダメージが及ぶ可能性もあります。エアコンには(除湿モードでなくても)除湿作用も備わっているので、それで空気が乾燥してしまいます。また、設定温度を下げ過ぎると、肌も身体も冷えてしまい、血行不良に陥ってしまいます。すると肌の機能が鈍ります。

だから、肌の水分が抜けたり、肌そのものが持っている保水力が失われて乾燥肌に陥ってしまうのです。

対策は、とにかく設定温度を下げ過ぎないことがまずひとつ。詳しくは「冷房病の症状と対策!体調と肌を守るために」をご覧ください。あとは、保水や保湿を怠らずにやって、空気乾燥に備えましょう。

2、太陽熱や高気温

夏場の日差しは非常に強く、日焼けでお悩みの方も多いと思います。実は日焼けのみならず、太陽熱や高気温が肌の水分を奪っていきます。要は、日射病や熱射病のようなものですね。

日光には紫外線以外にも赤外線が含まれていて、これを浴びるとその部分が熱を持つようになります。

こういった高温が原因で乾燥肌を招いたり、体の機能が弱ることで肌機能も不安定になったりもするので要注意です。

この対策は、ズバリシンプル!肌を覆うようにして、なるべく赤外線を肌に直接当てないようにすれば良いのです。覆うといっても涼しくしないと熱中症にかかってしまうので、薄手のものを使いましょう(冷房対策にも使えます♪)。

それと、言わずもがな水分補給!こまめにこまめに水分を摂れば、水分が足りなくなった肌にも送水することができます。

3、過剰な洗顔

夏場は汗をかきやすくなり、顔もドロドロしがちです。すると、気になるたびに洗顔をしてしまいがち。

洗顔は肌を清潔に保つ上で大切なことですが、やりすぎも禁物です。肌を守る皮脂まで落ちてしまい、乾燥肌を招くのです。特に毎回毎回熱めの湯で洗っているなら、完全にアウトです。

どうしても気になるときは、常温の水でOK♪洗顔料などを使わずに、シャバシャバっと終わらせちゃいましょう。

4、冷たい物の摂りすぎ

夏にはアイスクリームにかき氷にスイカにラムネに冷やし中華。冷た~い物が非常においしく感じるときですよね。

でも、いつもいつも冷たい物ばかり摂っていると、胃腸や内臓が冷えてしまって、体そのものの代謝が悪くなってしまいます。夏バテの大きな原因のひとつでもありますね。

すると、太ってしまうことも十分考えられるし、肌だって、機能が不安定になってしまって、乾燥肌の原因となる場合があります。

冷たい物ばかり飲んだり食べたりするのはほどほどにしたほうが良さそうです。あと、冷たい飲み物を飲むときは、あまり一気飲みせず、温かいものなどと一緒に少しずつ取り込むのが理想です。

夏場も保水・保湿のスキンケアを!

夏はジメジメしているせいか、保水や保湿のスキンケアを怠りがちです。でも、冬ほどではなくてもきちんと行うことが大切でしょう。

先ほども書きましたが、何よりエアコン(冷房)対策のために、スキンケアは有効です。現代では、どこへ行ってもエアコンが稼働していますね。

>> 夏におすすめの保湿用スキンケアクリーム

ただ家で冷房の無い部屋で丸一日過ごすなら、もちろん話は別ですね。

ちなみに、扇風機でも肌が乾燥する場合があるのですが、ご存知でしたか?

一種の都市伝説であるという説もありますが、実際に扇風機の風に当たりながら眠ってしまい、体温が低下して血行不良となり、心臓病や脳卒中で亡くなった人もいるようです。

血行が悪くなる=代謝が悪くなる ということなので、当然肌にも悪環境です。

扇風機が悪いという説は真偽が不明ですが、扇風機にも十分にご注意ください。都市伝説かもしれませんが、そういったニュース報道が過去にあったようなので、気を付けるに越したことはないでしょう。

ダイエットのためにも、体は冷やさぬよう・・・!
そして、肌には保水と保湿。これは絶対です。

しっかり食べて、しっかり眠ろう!そして動こう!!

ジリジリと暑い日は、食欲不振に陥ったり、睡眠不足になったり、涼しい部屋でグ~タラしがち。

でも、美容と健康のためには、そうであってはなりません。栄養バランスを考えた食事をしっかり摂り、夜は涼しく快適な空間できちんと眠りましょう。

また、部屋の中ばかりに閉じこもっていてもダメで、歩いたりスポーツに勤しんだりして体を動かすことも大切です。まあ、暑いので屋内で遊ぶのも良いでしょう。プールとか、積極的に通ってみてください♪

なお、プール後、冷えや塩素水の影響で肌が乾燥していると思うので、しっかりと身体を洗い、温め、保水と保湿のスキンケアを忘れないようにしましょう!

まとめ

今回は、夏の乾燥肌の原因と対策についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

体を冷やさず熱さず、健康的な生活を送り、スキンケアを怠らない!
簡単にいえばそんな感じです♪

ただ、今回ご説明したことを全て網羅したからといって、完全に乾燥肌を回避できるとは限りません。なぜかというと、乾燥肌になる原因というのは、本当に様々だからです。

元々敏感肌の方だったり肌が弱い方は、今回の対策をしっかりやっていても、肌の乾燥を招くことがあります。その場合は、並行して、肌を強くするためのスキンケアも必要です。

それに、老化が進めば進むほど、肌機能も鈍くなりがち。今回の対策に加えて、エイジングケアもしっかりとやっていくことが大切です。

人の数だけ対策パターンがあると思うので、是非、自分なりのやり方を見出してみてくださいね(*^^*)

夏にオススメのスキンケアクリーム「ナノアルファ」
スキンケアクリーム

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク