何をしても肌がきれいにならない…というアナタへの喝!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

何をしても肌がきれいにならない

色々な雑誌を読み、書籍を読み、テレビやDVDでも研究し、様々な化粧水やメイクを試し、食生活や睡眠にも気を配り、あらゆる生活改善を試みて前向きに努力をしてきたつもり。

でも、・・・肌が汚い。

なぜ、何をしても肌がきれいにならないのか、自分でもサッパリ分からない。分かれば苦労しないのに・・・。

・・・このような悩みを抱かれている方は、少なからずいらっしゃることでしょう。

私がそういう方にお伝えしたいことをこの記事にまとめました。

ニキビ、くすみ、シミ、シワ、たるみ、その他の肌トラブルや老化現象など、とにかく悩みのある方はぜひお読みくださいね。

力になれるかは分かりませんが、何かしらのキッカケになれば幸いです。

本当に“何をしても”肌がきれいにならなかったのですか?

先にちょっと突き放すようなことを申しますが、本当に“何をしても”でしょうか?

実際に世の中の全てのことを試してみることは不可能ですが、ありとあらゆることをやってきたという自負がある方のみ、この先をお読み進みください。

もしまだ「あ、アレが気になっていたけどまだやってなかったなあ」とか「まだやり残しがある」という方は、先にそちらに力をお注ぎくださいね。

もう一度確かめておきたい、肌改善の意識

肌ケア意識の確認

またちょっと手厳しいことを書きますので、あれでしたら飛ばしていただいても構いません。

今使っているその化粧水や美容液等は、本当に自分に見合ったものを使っていらっしゃいますか?また、正しい方法でケアを行なっていますか?

敏感肌の方は、肌に優しいケア用品を使って、本当に肌をいたわりながらケアする必要がありますし、たった何回か試したくらいでは結果は出てきません。

例えば、ニキビなどの場合は肌のターンオーバーの関係上1ヶ月弱はかかり、キレイになる前は一度赤みが出たりもします。

そういったところで諦めてはいませんか?
100%とは言いませんが、肌に関する知識は十分にありますか?

また、シワなどの老化現象は、長年の蓄積が結果として肌に現れているわけですから、治そうと思うのならそれなりの年月かかります。

そのため、ある意味忍耐力も必要になってくるわけです。体質の問題もあるので、一筋縄にはいきません。

生活の改善だって、色々試して結果が見えてくるには非常に長い年月を要します

以下、それを踏まえて話を進めてまいります。

とりあえず逆をやってみましょう

逆

今までやってきたことが全て成功に結びつかなかったのなら、まったく逆のことを試てみてはいかがでしょうか?

「自分は正しい方法で保湿を徹底してきたはず」という方は、正しくない方法に切り替えてみるのです。

もちろんリスクも伴います。が、どうせ何をしても治らなかったのなら試す価値はあります

例えば、肌をこすってはいけないというのが常識でも、もしかするとこすってみたら結果的にうまくいくかもしれません。

そりゃ一時的に肌は傷みますが、その負担がキッカケで肌が自力的に回復していく可能性もあります。

また、「今まできちんとした睡眠をしてきたのに」というのであれば、逆に眠らない生活を送ってみるとか。

そうやって逆をすることによって、自分の体質が理解できるものなのです。要は冒険してみることが大事です。

この世の中には様々な美容情報が飛び交っていますが正しい正しくないというのは、時と場合、そして人によっても異なることがあります

正しいことが間違いであり、間違いであることが正しい場合も往々にしてあります

だからこそ、逆をやってみましょうというわけです。

ただ、余計に肌が悪化するというリスクもはらんでいるため、それを知った上で実行していただきたいなあと思います。

それから、またまた突き放すようなことを申しますが、やるからには自己責任であることをしっかり自覚をした上で“楽しんで”実行なさってくださいね。

逆はイヤ!or スグに治したい! or もう我慢の限界!…という方は

「逆なんて怖くてできない」「即効性がないと不安」「もうこれ以上悩むのはイヤだ」という方が、その悩みを解決できることといえば、大きく分けて次の二つです。

  • 1、 開き直る
  • 2、 強制的に治療する

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。 
 

1、開き直る

開き直る

「開き直る」というのは悪く言えば「諦める」ということです。

“その肌荒れの状態がアナタ自身の特徴”というふうに、神様はイタズラをしたのかもしれません。

・・・とても理不尽ですよね!醜い顔のせいでいじめられた人もいらっしゃることと思います。

でも、「何をしても肌がきれいにならない」「もう何も試したくない」というのであれば、それはそれで私の運命であった、と結論づけるしかないのです。

ただ、まだまだ色々試す気があるのなら、絶対に望みはあります!!だから諦めないでください。

そして、諦めずして開き直ってください!!

・・・矛盾しているような感じですが、肌をキレイにするということをとして抱き、いろいろチャレンジしていきましょう♪

今、そうやって悩み続けること自体が、案外肌の汚さを演出してしまっているかもしれません。

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: ストレスや精神的負担による肌への影響, 美意識や心の持ち方について   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク