月光浴で肌がキレイに!?癒しのパワーと伝説

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

月と肌

日本人が昔から愛で親しんでいる、月。
その神々しい光は、私たちの心をそっと癒してくれます。

ところで、月光浴はお好きですか?

なかなか聞き慣れない言葉かもしれませんが、
読んで字のごとく、月の光を意識的に浴びることをいいます。

「実は、月光浴をすると肌がキレイになる!!」
という情報を、私は入手することができましたので、私の意見を交えながらご紹介したいと思います。

月の癒しの力でストレス解消 ⇒ 健康と美容に良い!

何はともあれ、月光というのは実に心地の良いもの。
申し訳なさそうに光る月を眺めていると、時間がゆっくりと流れていくような気がしませんか?

日々、色々な仕事に追われて慌ただしい私たちは、
知らず知らずのうちにストレスを抱え込み、それが徐々に体を蝕んでいます。

ストレスによって自律神経系も狂うので、それによって血行や代謝が悪くなり、
健康や美容の面でよろしくありません。
ストレスで肌荒れが生じたり老化が早く進む人は多いですが、大方このことが原因なのです。

そこで、少しでも良いので月を眺めてみましょう。
日本人は大昔から月が大好きなので、その血が騒ぎ経ってくるはずです(狼じゃないですけど^^;)。

月の光は、癒しの力を持っていると思います。

月光浴でセロトニンが分泌され、前向きに!?

月光浴をすると、自律神経と関係の深いホルモンであるセロトニンが分泌されると言われています。

セロトニンは、太陽の光や蛍光灯の光を浴びても分泌されますが、
月の光を浴びると、程よい具合にセロトニンが分泌されるそうです。

本当は、夜にセロトニンをたくさん分泌してしまうと、
交感神経(行動を司る神経)ばかりが優位になって睡眠の妨害となってしまうのですが、
月光浴によって分泌されるセロトニン量としては、そこまで心配する必要は無い気がします(あくまで私の勘です)。

むしろ、ストレスが溜まっていたり落ち込んでいるときに月光浴をすれば、
分泌されるセロトニンの働きで健やかな気持ちになれるのでは?と思います。

結果として、先に説明したように、肌の美化には月光浴がオススメと言えるのです。

少し占いチックな感じもしないでもないですが、
私の経験上、月を眺めて気分が落ち着くのは間違っていないと思っています。

かのクレオパトラの美容法のひとつが月光浴だった!?

「絶世の美女」と言われたクレオパトラ(=クレオパトラ7世)。
彼女は、お風呂から出てから香油などを塗って月の光を浴びて瞑想していたそうです。

それが本当かどうかは分かりませんが、
美容にうるさそうなクレオパトラが積極的に行っていたというなら真似したくなるのが人情!

やはり、月の光が美しい肌を作り上げていたのでしょうか。

・・・だといいですね♪
信じる者こそ、美しくなれるような気がします。

でも、クレオパトラはほかに色んな美容法を実施していたそうです。
ミルク風呂に入ったり、ハチミツを肌に塗ったり、酢を飲んだり・・・。

やはり、物事はバランスっていうのも大事なのかもしれませんね。
ひとつの美容法に固執せず、色々試してみたいものです♪

そういえば、クレオパトラって紀元前69年にエジプトで生まれたんですよ!
そんな大昔から世の女性は美容を気にしていただなんて、
人間、いつまで経っても変わらないものなんですね~(^^)

月の満ち欠けと体には因果関係がある気がする

月光浴とは少し話がズレますが、
月の満ち欠けも、体にどんな作用を及ぼすのかが気になります。

「月経」という言葉があります。要は生理のことですね。
この言葉の由来は私には分かりませんが、字面を見る限り、人間の体と月には因果関係がある気がするのです。

月と地球は引力によって関係性が保たれています。
その引力が働く狭間で、私たち人間も他の生物たちも生を営んでいます。

満月の日には引力が最も強くなるようで、
その関係で血行が促進されて出生率が最も高まるという説も存在するようです。

迷信か、はた伝説か。
研究のほうはまだまだ進んでいないようで、科学的にどうなのかはハッキリしていないようです。
でも、月の満ち欠けは非常に気になる事象。事件・事故や自然災害だって関係しているそうですしね。

引力の話から光の話に戻すと、
月が満月に近ければ近いほど、光の量も増えます。十五夜の日は、街灯が無くても明るいくらいです。

月光浴をうんと楽しみたいときは、やはり満月の夜が一番でしょう。

結局、月と肌の関係ってどうなの??

正直言えば、月と肌の関係はハッキリとしていないのが現状です。
「月光浴は意味がある!」とか「月なんて関係ない!」とか、賛否両論があります。

ただ私としては、月の満ち欠けはいざ知らず、
月光浴は癒しになるという実体験があるので、
月と肌には関係性が無いとは言い難い!」というふうに結論付けておきたいと思います。

まとめ

結局曖昧な終わり方をすることになってしまいましたが、
月光浴はうんとオススメしておきたいと思います。

肌がキレイになるかならないかなんてことよりも、
単に物思いに耽りながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるからです。

あたたかいハーブティーなどを飲みながら、月を眺めてみてはいかがですか?
嫌なことも辛いことも洗い流し、全て浄化してしまいましょう!

ちなみに・・・、
日光浴は非常に効果的であることが分かっています。
日焼けが心配なのがネックですが、こちらも積極的に行われると良いと思います(*^^*)

日光浴についてはこちらをご覧ください♪
>> 日光浴の効果とは?日焼けとは分けて考えてみよう

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: その他   タグ: ,   この投稿のパーマリンク