目が小さいという悩みを持つ人に助言します!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

目が小さい

目って不思議なもので、それひとつで顔の表情を左右することが往々にしてありますよね。

そのため、私もこのブログでは目尻のシワこそが老けて見える最大の原因というお話をしています。それほど目は重要です。

さて、今回は目が小さいといった悩みをお持ちの方に向けていくつかの助言をしたいと思います。これを読んで、ぜひ元気になってくださいね。

今回の記事では、まず目が小さいということに対する私のイメージとメリットを述べた後、気を付けてほしいことを肌美容の視点からお話してまいります。

スポンサーリンク
スキンケアクリーム

目が小さいことに対する私のイメージ

悩みをお持ちの方にとっては「うっとうしい」と思うようなことかもしれませんが、目が小さいからといって自信を失う必要は無いと思います。

目が小さいのが何がいけないのでしょうか?

私のまわりにも目が小さい人が何人かいますが、つぶらな瞳で可愛いなあといった印象を受けます。特に女性だったら、愛くるしい感じがします。

これを言うと中には不快な方ともいらっしゃるかもしれませんが、小動物のような感じがします。私の知り合いの女性は、子犬みたいでキュートです(*^^*)

小さな目は、その人のチャームポイントなのです。知り合いはそこを気にしていましたが、場合によっては武器にもしていました(笑)

小さな目は愛くるしいので、柔らかなあたたかい視線を感じます。私は眼光が苦手です。目の小さい方は男女問わず愛おしく感じます。

目が大きいと良い!バリバリ二重だと良い!といった変な風潮がありますが、ハッキリ言います。

あれはマスコミが創り上げてきた幻想です。

たしかに、大きい目のほうが存在感はあります。アイドルとかはそのほうが良いでしょう。目立ってなんぼなんですから。

ただ、それがイコールかわいいかと言えば、あながちそうでもないように思います。アイドルは元々かわいい人が多いから、“大きい目=かわいい”といった図式が成立してしまっているのです。マスコミがそうしたのです。

にもかかわらず、アイドルや女優にも目が小さい人はたくさんいます。パッと思い付いたのは、小西真奈美さんとか永作博美さんとか。

だから、目そのものの大きさで悩むのはよしましょう!気にするなら目尻のシワやほうれい線等の肌状態を気にすべきです(笑)

「そんなこと言っても、それはアナタ自身がそう思うだけでしょ?」

と思われるかもしれませんが、いえ、飲みの席とかで男女で喋っていても、目の小さい大きいはさほど問題になりません!大丈夫ですって。

ただ逆に、目が小さかろうが大きかろうが、顔のバランスと合っていなければ、やはり気になる人は多いというのが残念な事実。それは目の小さいあなただけの悩みではないと思うので、ここではその話は割愛します。

次に、目が小さいことのメリットをお伝えします。

目が小さいことのメリット

上に書いた、「愛おしく見える」とか「かわいい」というのもメリットと言えばメリットですが、ここではもう少し具体的なことを述べたいと思います。

美容の世界の一説に、「目が大きい人はシワができやすい/老化しやすい」というものがあります。

あなたがうらやましがる目の大きい人って、実は意外にもシワやたるみで悩む人が多いです。目が大きいと、まばたきするときに動く皮膚の割合や範囲が大きくなってしまうためでしょう。痕も残りやすい気がします。

つまり、目が小さい人はシワができにくく、老化してもさほど目に影響が出ないのです。また、目の周りは老化によってたるみますが、元々目が小さければ、それが顕著にならなくて済みます。

ほか、こんなメリットがあります。

とにかく、ゴミが入りにくい。目を傷つける原因となる物が入りにくいので、目を傷つける率も下がります。あと、外界からの光量が減るため、それによる影響も当然小さくなりますね。まあ、この辺は私自身の主観も入ってますが(^^;)

以上、目が小さいことのメリットでした。

きっと、ここに書いたこと以外にもたくさんあるかと思います。目が小さいという悩みをお持ちの方、気を落とさず、メリットを考えていくようにしましょう!その思考こそが美しさやかわいさを醸し出すようになります。卑屈にならないようにしましょう!

肌美容の観点から見た、目が小さい人が気を付けるべきこと

アイメイク後

さて、メリットをしっかりと把握した上で読み進めていただきたいのですが、ここで気を付けてほしいことを正直にお伝えします。肌の美容を守るため、きっちりと守っていきましょう!

まずは、メイクについてです。

目が小さい人の多くは、アイメイクを盛るような傾向にあります。まあ当然です。

ただ、目というのは、いじればいじるほど粘膜が弱ります。また、その周辺の皮膚も傷むので、これが老化を促進させてしまう可能性があります。

アイラインの引きすぎ、マスカラのやりすぎ、目を大きく見せる濃いメイクなど、そういった目に負担のかかるメイクは極力避けるか、「これは正しくて安全」といった絶対の自信のある方法で行うようにしましょう。

正しいクレンジングも重要です。

さもなくば、あなたの目の周りにはシワが増えます。上のほうで「目が小さいとシワができにくい」といったことを書きましたが、そのメリットが崩壊してしまうことになります。

目をいじりたくなる気持ちは分かりますが、もう一度、目が小さいことのメリットをしっかり呑み込んだ上で気を付けるようにしてくださいね。

あと、目が小さいと、視界拡大のために目を広げようとする傾向が、目の大きい人よりもあると思います。すると、額にシワが寄りやすくなります

目が小さい人が皆そうだとは言いませんが、特に細い目をした人は気を付けるようにしましょう。お家で眉毛を上げ下げして、そのあたりの筋肉を柔軟にすれば、シワは改善されていきます。できれば頭皮マッサージなどと一緒にやると良いでしょう。皮膚はつながっていますので。

トレーニング法はネット上にゴロゴロと転がっています。

まとめ

以上となりますが、いかがでしたでしょうか?

* 目が小さいとシワができにくく、老化も小さくて済む

ということが最大のメリット。誰もがうらやむこんなメリットを持っているのですから、悩みなんか捨てて、もっと前向きに考えていきましょう!

目が大きいのが良いというのは固定観念にすぎません。あなたはそんなのに束縛される頑固者ですか?
卑屈にならずポジティブに考えてこそ、真の美しさが生まれてくるのです!

ぜひ、下記の記事も参考になさってみてください。美意識が高まりますよ(^_-)-★

 ⇒ 男女問わず誰もができる!美意識を高める5つの手順

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 美意識や心の持ち方について   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク