マスクをして寝ると老化が進む!?意外なる盲点があった

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

マスクをして寝る

マスクをして寝ることは、あらゆるところでオススメされています。
なぜなら、空気の乾燥からノドや肌を守るからです。また、ハウスダストや布団の埃やダニの死骸が舞っても、マスクが防御してくれます。

けれども、多くの人が気付かない意外な盲点があったのです。
マスクをして寝ることは、あなたの肌の状態を良くするどころか、悪くするおそれがあるのです。

スポンサーリンク

マスクが招く、肌への影響

マスクをして寝るのを良かれと思ってしきた方にとって、今回のお話は信じたくないような内容かもしれません。

たしかに、マスクは肌を乾燥から守ります。
また、呼吸によって生じる湿気などで、肌の潤いを保てるイメージがありますよね。

しかし、乾燥からは守るものの、肌を傷つけてしまう原因になるのです。
あまり神経質になりたくないところですが、一応考えられる影響を述べたいと思います。

突然ですが、
  あなたは、寝相は良いですか??(^^♪

眠っているあいだ、
あなたの意思とは反して体は寝返りを打ったり、ゴソゴソと動いたりしていませんか?
朝起きたら布団がクチャクチャ。そんな経験、きっと多くの人にあるでしょう。

つまりは、寝相が悪いと、
マスクが布団に当たったりこすれたりして、ずれたりしていると思います。

このとき、マスクは肌ともこすれ合い、肌の表面上のバリア機能に傷がついてしまうことがあるのです。
特に素材の悪い(粗い)マスクだと、その影響度も大きくなるでしょう。

まだあります。

マスクの中は、蒸れます。
別に蒸れること自体は悪くないのですが、睡眠中は長い間マスクを着用することになりますよね。

まあ、寝相の悪さによって、途中で外れてどこかに行ってしまうことも多々ありますが、
運よく朝まで付けていたときに、細菌などが繁殖してしまうことも可能性としてあります。ヨダレでビッショリになることもあり、あまりキレイじゃない・・・。

それが肌に長い時間付着するのは、あまりよろしくないですね。
細菌が肌に付着したりすると、それが肌を弱らせてしまう原因になります。

ちょっとやそっとなら問題ないですが、毎日続いたらいけませんね。塵も積もれば山となるわけですから、肌荒れや老化の進行を促してしまいます。

さらに!!
 (耳に痛い話ばかりでごめんなさい)

通気性の悪いマスクだと、睡眠を妨害します。体もしっかり休まらず、知らぬ間に睡眠不足に陥ることもあります。
すると、体のストレスがうまく消化されず、血行が悪くなったりして体に不調を来します。当然、肌にも悪いですよね。

じゃあ運悪くマスクが外れちゃったほうがイイんではないか?という気もしますが、それはそれで乾燥を招いてしまいます・・・。

「じゃあどうしろってんの!?( `□´)ノ」

・・・そうですね。なので、マスクを使わないのであれば、あらかじめスキンケアをしっかりやって部屋の加湿をし、マスクを使うのであれば質の良いマスクを使うことになります(でも、寝る前に保湿ケアを怠らないことも重要なので、お忘れなく!)

では、以下、説明してまいります。

まずは、保湿のスキンケアをきっちりと

保湿バリア力を求めたスキンケアをきっちり行うだけでも、マスクの力を頼らなくても済むレベルまで持って行くことができます。

日頃の使われている保湿化粧品があると思いますが、それを使った後などに、もうあと一歩多く、バリアケアをしてみると良いでしょう。

そのためのアイテムというのもあって、一例として、ニッピコラーゲンの「ナノアルファ」というものがあります。生コラーゲンによる高い保湿力のあるジェルのようなクリームです。クセがなくて塗りやすいので、プラスで使うにオススメですね。

ナノアルファの公式サイトはこちら
スキンケアクリーム

※  レビューあり >> 「【体験レビュー】ニピコラ スキンケアクリーム ナノアルファ

部屋を加湿して乾燥を防ぐ方法

部屋を加湿することで乾燥を防げますし、ウイルスの活動も弱めることができます。その方法としては、加湿器などを使うことが挙がりますが、例え無くても何とかなります。良かったら下記の記事をご覧ください。

 >>  加湿器を使わずして部屋の乾燥を防止してみよう

ここで注意点があります。

加湿のしすぎにはご注意ください。あまりに湿度が高くなると、空気中に水分が多くなったせいで呼吸が苦しくなり、睡眠の質が落ちます。また、カビやダニの発生原因にもなりますし、家具などにも影響を及ぼします。

肌に良いとされる最適湿度は60~65%と言われていますので、このくらいを意識しましょう。
寝苦しいようであればもう少し下げても良いですね。乾燥を招かなければ良いです。

あと、上記のリンク先では火や熱を使ったやり方も書いてありますが、睡眠中は火事のもと。火を使った加湿はオススメできません。

高品質のマスクを使うという方法

高品質のマスクって何ぞや?という疑問が湧くかと思いますが、あなたの顔の形に合っていて、なおかつ素材も良く、通気性の良いものです。

なかなかそんなのは見つけにくいと思いますが、少し高めの物のほうが、素材が柔らかくてしなやかなものが多いような気がします。100枚くらい入って108円!というのは、たいてい粗いですね。

それと、口にしっかり密着してズレにくく隙間のできにくいものが良いでしょう。隙間があるとマスク効果は半減してしまうからです。ワイヤーも、耳に痛くならないように設計してあるものがオススメです♪

肌の乾燥が著しいなら、敏感肌を疑え!

肌の乾燥の酷さが毎日気になる方は、もしかすると敏感肌に陥っている可能性があります。
カサカサ、ガサガサ、かゆみ、痛みなどなど気になれば、クロだと疑っても良いでしょう。

敏感肌だと、美肌サイクルが悪循環に陥り、ますます乾燥を招き、老化も早まってしまうと言われています。そのため、日頃、もし敏感肌ケアをしていないのであれば、早いうちに切り替えたほうが得策です。

でも、「敏感肌ケアって何をするの?」と思う人もいると思いますが、とても単純です。敏感肌用の基礎化粧品があるので、そちらを使っていけば大丈夫です。

一例として、乾燥肌・敏感肌専門ブランドのDECENCIAの「アヤナス」があります。赤色のパッケージがリッチ感があります♪しっとりとした使い心地と十二分な潤い力が魅力的かと思います。

細かいことを言うと、ヴァイタサイクルヴェールやセラミドナノスフィアが、肌をしっかり潤わせて守り整えていきます。ゆらぎ肌に働きかけるコウキエキスの配合により、乾燥や外的刺激による肌荒れのケアも可能。敏感な肌に必携ともいえるアイテムかと思います。

アヤナスの公式サイトはこちら
【老化の早い敏感肌訴求】アヤナストライアルセット

※ レビューあり >> 「ディセンシア アヤナストライアルを使ってみた!【体験談】

まとめ

マスクをして寝ることには意外な盲点がある、ということがお分かりいただけたかと思います。

でも正直、そんなこと気にせずにマスクをして寝る人は多いでしょう。
肌をこすってしまうだなんて、あまり考えませんよね(^^;)

肌の老化防止や美容のことを考えたら、やはりきちんと対策を講じることが大切です。
対策といっても、加湿に保湿に、そしていいマスクを使う・・・それだけ♪

あ、あと、食生活などにも気を遣っていけるといいですね♪
できるところから順番に攻めていけば良いと思います(*^^*)

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 睡眠と美肌の関係とは, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク