抹茶の肌への効果!美容に良いのでございますよ

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

抹茶の肌への美容効果

抹茶はお好きですか?

私は好きです。だって、日本人の心ですもの。苦いままにいただくのも心が洗われる感じがして良いのですが、ちょっとした甘いお菓子と一緒に味わうのも、心に平静を呼び戻してくれます。

さて、そんな抹茶ですが、実は肌の美容への効果がまたまた素晴らしいのです!ここで一挙、その真実をお伝えしようと思います。

そのためには、まず抹茶の特徴や成分・栄養素が一体何なのかを見ていくことにしましょう。

抹茶の特徴や成分・栄養素って?

抹茶の特徴って、まず何だと思いますか?

「濃い」とか「渋い」とかというのも答えのうちですが、それよりももっと重要な点があります。それは、ほかのお茶と違ってお茶の葉の粉末ををそのまま溶かしたものを飲むといった点です。

だからこそ、お茶の味を直(じか)に感じることができ、また葉に含まれている様々な成分をそのまま摂取することができるのです。

抹茶に含まれている成分。栄養素は、主に、

* カテキン・サポニン
* カフェイン
* ビタミンA(β-カロテン、レチノール)・B2・ナイアシン・C・E・葉酸
* ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・リン
* たんぱく質
* 脂肪酸
* 食物繊維
* 炭水化物

といった感じです。まあこれで全てではないですが、だいたいこんな感じです。詳しくは「茶の科学-茶ガイド」などの特化サイトが参考になるでしょう。

これらの成分等は煎茶などの茶葉にも入っていますが、抹茶は粉にした葉をそのまま飲むため、ストレートに体内に入り込んできます。なので抹茶は特別なんです。これらの成分には、肌にとってプラスなことばかりです。もちろんマイナス面もあるので、併せてご説明しますね。

抹茶の肌へのプラス面とマイナス面

○プラス面

渋みがあってお茶特有成分であるカテキン類ですが、これには、抗酸化作用、抗癌作用があったり、血圧上昇を抑えてくれたりと、さまざまな働きをしてくれます。とても体に良い成分です。また老化抑制作用もあります。言うまでもなく、肌の美容にのためには摂取したい成分です。

カフェインは、覚醒作用があって元気にはなりますが、肌への直接的な効果は特別あるというわけでもないでしょう。詳しくは「カフェインが肌に悪い!?コーヒーや紅茶も老化を進行させるのか」をご覧ください。

そして次はスゴイです。豊富なビタミンたち!これらは肌にはどれも必要とされている成分です。

β-カロテンは体内でビタミンAと変化し、多成分のあらゆる効果を促進する作用を持っています。そのため、肌に必要な栄養分も効率良く摂取できるようになるというわけです。結果として新陳代謝も良くなり、美肌が期待できます

ビタミンB2肌の新陳代謝に深くかかわっており、美肌のためには絶対に欠かせない栄養素です。そしてビタミンB3とも呼ばれるナイアシンにも、肌を正常な状態に保つ作用があります。

ビタミンCだって負けちゃいません。コラーゲンの生成などを手助けしてくれる働きを担っています。

ビタミンE は抗酸化作用や血行促進作用があり、若さのビタミンと呼ばれていますし、葉酸も、肌のターンオーバーにとても効果的であると言われています。

まあ、ここでは詳しい説明は省きますが、このように、ビタミンたちはとっても身体に良いわけです。

ほか、たんぱく質だって血や肉をつくっていくには絶対に必要だし、マグネシウムなどのミネラルも美肌に良いと注目されています。食物繊維だって、腸内環境を整える上では欠かせません。腸内環境が良くなれば、肌のトラブルも防げるようになります。

このように、なんだか「何でもかんでも!」な状態になってしまっていますが、当然抹茶ばかり飲んでいてもマイナス面はあるわけで、次はそれをご紹介します。プラス面も以上が全てではないので、興味がある方はぜひ調べてみてください。

○マイナス面

さて来ました。マイナス面です。

みなさん、まず真っ先に浮かぶのは何でしょうか?私は「鼻血」でした。子供の頃に抹茶にハマっていた時期がありましたが、毎日のように鼻血が出ていました。やはり子供にとっては強かったようです。当然、大人になったって何かしらの負荷はあります。

そして、以前に京都駅の和喫茶で“濃茶”をいただきました。普通の抹茶は薄茶というのですが、それよりも当然濃く、深緑色をしたドロドロで粘性のあるお茶でした。

これは非常に渋く、甘い和菓子が無いとツラいものがありました。心を清めるにはうってつけでしたが(^^;)

そして、そのときの連れは、飲んでから気持ち悪くなってしまい、立っていることもできなくなってしまったのです。想定外の出来事でした。素敵なティータイムにするつもりだったのですが、私のワガママで入店しただけあって、かわいそうなことをしてしまいました。

では、なぜ気持ち悪くなったのでしょう?

きっと、カフェインの効き目が強すぎたことが原因かと私は考えております。

カフェインは胃に刺激を与えます。濃茶を飲んだことで、濃厚なカフェインが集中的に胃をいじめたのでしょう。まあ、薄茶だったら大丈夫だったのかもしれませんが、まあいずれにせよ他のお茶よりは濃いので、胃の弱い方は気を付けた方が良いと思います。

また、カテキンを含むタンニンという成分は胃の消化機能を抑えてしまうと言われていますので、これが本当なら、摂りすぎると胃に負担をかけるでしょう。お茶には必ず含まれています。ただ、まだまだ謎の多い成分であるので、ハッキリとは言えません。まあ、摂取のしすぎは良くないと思います。

胃に負担がかかれば、当然肌にも影響が及びます。それについては「胃に良い食べ物は、まず肌の美容にも良いのです」の中で述べておりますので、ぜひご覧ください。

 まとめ

結局、「肌に良いのか悪いのかハッキリしろ~!!」という感じの説明になってしまいましたが、結論としては肌に良いでしょう。

しかし、胃に自信の無い方は、何杯も飲んだり濃茶を飲んだりはしないほうが良いと思います。

抹茶には肌に良い成分や栄養素が豊富で、なおかつストレートに体内に取り込めるため効果は確かにあります。ただ、本当にお清めのごとくいただくのが正しい飲み方なのかもしれません。ガバガバと下品にのむのは避けましょう。

なお、抹茶は外から肌に浸透させることでも美肌効果を得ることができます。そういう類の洗顔料やケア用品があります。

その例としてKIBIKIというものがあるので、よろしければ、下記のページもご覧になってくださいね♪

>> KIBIKIの洗顔・化粧水のトライアルセットで抹茶を肌に!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 飲み物   タグ:   この投稿のパーマリンク