リガメントとは?その意味を知り、顔の若返りトレーニングを!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

リガメント

きずな、つながり、一体化、ひも、包帯、靭帯、間膜・・・・。

いきなり単語を並べてスミマセン。これらの言葉を見て、どこか共通点は見出せますか?

「何かと何かが結びついている状態」とか「結びついた状態にするモノ」といったイメージができるなら、あなたはの言語力は上々ですね(‘ω’)ノ

そう、全て英語にすると“ligament”という単語になります。日本語読みをすると「リガメント」です。

今回は、そのリガメントというものに注目して、顔の老化の改善について考えていきます!

リガメントとは?今新たに注目されているのがソコです

顔においては、表情筋、皮膚、脂肪が骨の上で互いに結びつき合っています。その結びついている点をリガメントといいます。

つまり、リガメントとは、顔の上での支柱となる結合点を意味し、日本語訳では「腱鞘」といったりもします。

と言っても難しいので、下のイラストをご覧ください。☆印が付いている部分がリガメントです。

リガメントとは結合点を意味する

まあ、リガメントとは何かといった意味そのものを知ることよりも、顔上のどこにあるかという場所のほうが大切です。

リガメントは複数ありますが、主な5つの場所は以下のとおりです。

位置

  • A、眼窩リガメント:眉山より少し外側へズレた位置。眼輪筋を支えています。
  • B、頬骨リガメント:目尻のちょっと斜め下の位置。頬を支えています。
  • C、眼窩下リガメント:目のすぐ下。たるみやすい部分です。
  • D、上顎リガメント:頬骨のすぐ下で口角の少し上。ほうれい線のあたりです。
  • E、下顎リガメント:口から耳にかけてのフェイスラインにあります。

以上の5つが、美容の世界ではよく取り上げられる印象があります。
もちろんですが、片側のみならず、反対側の対称となる位置にも存在しています。

要は、リガメントは支柱の役割なので、支柱と支柱のあいだの部分がたるみ、シワなどが発生するのです。その支柱にパワーが無いと、老化現象が著しくなります。

ギターの弦なども、ネジをゆるく締めるとタル~ンとなって音も鈍くなるように、肌も同じような構造になっているのです。

そこで、リガメントをほぐし、血流を良くして強化することによって、顔が若返るというわけです。しかも、5日間続けると4割ほどたるみが無くなるというデータもあるようなので、割と即効性が期待できるでしょう。

まだ知らなかった方はぜひこの機会に覚えておいてくださいね。

では早速、マッサージにまいりましょう!
今回は、数あるマッサージのうち、ほうれい線と目元のたるみの改善を取り扱ってまいります。

リガメントマッサージで若返ろう!

若返り!

リガメントが硬い状態では、強いマッサージは禁物です。また、肌をこするのもいけないので、滑りやすくするために化粧水等を顔になじませてから行うようにしましょう。

それでは、準備が出来たらレッツスタート!

* ほうれい線を薄くしよう!

まずは、上顎リガメント(D)を中心にトレーニングをしていきましょう。左右同時に行います。

1、中指と薬指を、頬骨の最も高い位置の真下のくぼみに当て、5秒間押します。頬骨の下に指を入れる感覚が良いです。

2、そこからフェイスラインの外側に向かって、ゆっくりと小さな円を描いてほぐしていきます。5回行いましょう。

3、耳の後ろに指を入れ、5秒間押します。それから5回、くりくりと円を小さく描きます。

以上です。いかがでしたか?簡単でしょう?(^^)

また、類似したマッサージとして、

1、中指と薬指を、目尻から下ろしたところの頬骨の外側の位置に当て、以下同様…。

というのもあります。ぜひ、両方とも試してみてくださいね♪

* 目元のたるみを改善しよう!

次は目元にまいります。ちょうど頬骨リガメント(B)のあたりになります。これも左右同時に行なっていきます。

1、中指と薬指を、目尻の斜め下に位置する頬骨リガメントに当て、5秒間押します。

2、そこから外側上方向に向かって、ゆっくりと小さな円を描いてほぐしていきます。5回行いましょう。

以上です。いかがでしょうか?非常に簡単ですよね(^^)

次の注意点とポイントをおさえておきましょう!

ポイント

顔はデリケートですので、次の注意点をおさえましょう。

まず、上にも書きましたが、

* 強すぎない力でマッサージする。
* 化粧水などをなじませてから行う。

というのと、

* 何度も行わない。

といった点が重要です。

リガメントはデリケートなので、強い力を入れたり何度もやってしまうと損傷してしまうおそれがあります。そうなると逆効果ですので注意しましょう。

化粧水も、肌への摩擦を和らげるために忘れないように。

そして、マッサージをより効果的にするポイントもあります。

* 入浴中or入浴後の保湿ケア後に行う。

湯気によって肌は潤っているし血行もよくなっているため、入浴中はオススメです。入浴後の保湿ケア後に行なうのも、肌の状態が良くなっていることや化粧水をつける二度手間を省けるといった点が良いですね。

なお、最後にアドバイスですが、
別に毎日やらなくても大丈夫で、めんどくさがり屋さんは週に数回でも全然効き目があります。

難しいことを考えず、気軽な気持ちで取り組んでみてくださいね。

まとめ

リガメントというちょっと聞き慣れない点に着目してのトレーニング、いかがでしたか?

ポイントは、5です。何度も5という数字が出てきましたね。5秒のプッシュと5回のくるくるです!

早速今日から取り組んでみてくださいね♪くれぐれも力まないよう、そして何度もやらないようお気をつけください。

化粧水も、しっかりつけましょう。なお、肌が弱い方は化粧水の選び方を間違えると肌に負担がかかることがあるので、ぜひ別記事「肌が弱い人のための化粧水や保湿ジェル!これでケアもバッチリ」を併せてご覧ください。

では、今回はこの辺で!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 手軽なエクササイズで若返る方法   タグ: ,   この投稿のパーマリンク