赤色LEDのエース!美顔器リジュー(ホーム・スキノベーションズ)

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 5 分 くらいで読めます】

赤色LED

「Reju(リジュー)」という名の美顔器には、肌への効果が着目されている赤色LEDが使われています。LEDなんて、よほどのことが無い限り興味がないと思いますが、今回ばかりは、ちょっとだけ興味を持ってみると良いかと思います。

この記事では、その美顔器リジューについて、赤色LEDに着目しながらレビュー(評価)を行っていこうと思います。なるべく難しくならないよう、心してご説明しますね。

スポンサーリンク
スキンケアクリーム

スゴい!ホーム・スキノベーションズのLED 美顔器「リジュー」

繰り返しになりますが、この美顔器には、肌の美容に効果があるという赤色LEDが使われています。そのLEDを直接肌に向けて発光させることで、肌のツヤや弾力を取り戻そう!というわけです。

「本当にそんなことができるのか?」と疑いたくなるようなお話ですね。

まずはリジューの口コミや特徴について述べて、最後にLEDと肌の関係について(←コレが大事!)解説したいと思います。もし興味がありましたら、ぜひ最後までお読みください♪

リジューの口コミをご紹介!

まずは口コミのご紹介にまいります。美容用品の口コミといえば『アットコスメ』というサイトが一番賑わっていますので、そこから口コミをいくつか、引用という形でご紹介したいと思います。

(あくまで個人的な感想ではあるので、参考程度にご覧いただけたらと思います。)

お風呂上りや洗顔後、目元にだけ美容液や化粧水を塗布し、ぼんやりTVを観ながら使っていると、あっという間。
   (中略)
1~4回の使用でも、ムチッとしたハリ・ツヤアップが感じられ、お風呂上りの肌のようになります。相方にも使ってもらっていますが、私よりお風呂滞在時間が短い相方の方が、効果が出ているようです。(39歳普通肌)

6週間、基礎のお手入れは化粧水とワセリンorホホバのみでした。私は、肌が弱くて迂闊にエイジング化粧品を使えません。肌が敏感でカブレやすく色々使えない方にリジューはとても良いと思います。(41歳敏感肌)

週3回を6週間。お風呂上りにきちんとやりましたが…まるで何もまったく変化がないです。ここまで何の効果も感じられないとは…(42歳乾燥肌)

あまり期待せずに使い始めましたが、とても良かったです。
マッサージ中、かなり暖かくなるので気持ちがいいですし
おこなった後の化粧水の入り方が全然違います。(41歳乾燥肌)

1日置きに使用で、この効果はスゴイです!(49歳普通肌)

引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10032814/reviews内
※ 体裁調整、文字装飾は当ブログ筆者による。

いかがでしたでしょうか?

現在の肌の状態によって効果や使用感は違うのでは?と個人的には思いますが、敏感肌の方も使っていることからも、傷みだとか違和感とかは、さほど気にすることもなさそうですね。

何かの作業をしながら、片手にリジューを持って、最初の6週間は週3回くらい続けると良いでしょう。

もちろん、これだけで効果を実感できる人もいれば、そうでない人もいますよね。なので、少なくとも3ヶ月~半年くらいは継続して使っていくのが良いかと私は思います。継続は力なり!ですからね^^

リジューの公式通販サイトはコチラ

リジューは、消耗品不要で手間いらず!

よくある美顔器では、一緒にジェルとかクリームを使うことが多いのですが、リジューを用いるときは、美容液やジェルなども要らない。これがとても嬉しいポイントですね。何と言っても手間がかからないからです。

それと、美顔器ってどれも似たり寄ったりですが、これからしばらく(例えば半年とか)使っていくことを考えたら、美顔器に合わせてジェルとかクリームを買うのは、かなりの出費になります。そういった面でも、消耗品不要で美顔器を使えるのはコストレスになり、大変助かります。

これも、赤色LEDと熱の力によって実現しうるテクノロジーなのかもしれませんね。

でも、この辺は個人個人の好みで良いと思います。万が一滑りが悪いなあと思ったらジェルとか付けてみると良いでしょう。使い心地という点も重要だと思います♪

リジューの使用後は、もちろん美容液やジェルを使って、スキンケアをしてみると良いのでは?と私は思いますね。

赤色LEDと肌の美容の関係について 

それではここで、リジューの最大の特徴である赤色LEDと肌の関係についてお話ししましょう。この話なしに、リジューを語ることはできません。

「LED」と私たちは言うけれど、発光ダイオードのことです。ま、ご存知のとおり、小さくてもとても鮮明な輝きを放ちますね。でも、このLEDという点は別にどうでも良くて、大事なのは赤色っていうところなんです。

ちょっと難しい話になるんですが、
光の波長は、赤色が長く、逆に青色が短い。←とりあえずこれを今頭の片隅に置いておきましょう。

そして、人間の目には、その光の波長を感知する「オプシン」というタンパク質があることが分かっています。しかし、資生堂新成長領域研究開発センター主任研究員の傳田光洋さんの話では、皮膚にもそのオプシンがあるのではないかとのことです。

つまり、目と同じように、肌も波長を感知し、結果として色を識別しているということなのです。すごいですね!

また、傳田さんは、その説をとなえる前に、実験によって次のことがすでに分かっていると述べています。

皮膚の角層バリアを壊してから、そこにLED(発光ダイオード)の赤い光を照射するとダメージからの回復が早くなり、青い光を当てると回復が遅くなる

引用元:日経ビジネス「皮膚は喜び、傷つき、人を求める“肌で感じる”ストレスの科学–傳田光洋氏(後編)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090225/187328/

この論をもとにすれば、肌は波長の短い赤色のほうを好むということです。

あ、そういえば、私は以前「ブルーライトは肌にも影響?可能な範囲で対策をしよう」という記事を書きました。その中では、「青い光は目に悪く、体内時計を狂わす」「体に悪く、結果的に肌に悪い」といった内容のことを述べました。

でも青い光が目に悪いなら、目と同じように色を感知する肌にも、直接的な影響があるのでは?と、今回改めてひらめいたのです!

まあそれはいいとして、赤い光が肌に効果的であるという話は本当なんだろうなという気がします。リジューの公式サイトでも、赤い光を浴びせた葉と白い光を浴びせた葉の10日間の成長の比較が、動画で紹介されています。

赤色のスゴさが一目で分かりますので、興味がありましたら、後でぜひ公式通販サイトをご覧ください。

リジューでは、赤色LEDのほか、40~41度の熱も放たれ、これが肌の血行にアプローチします。

この世にはあらゆる美顔器が存在しているわけですが、赤色LEDに目を付けているところがスゴいなあと思いますね(私があまりに知らなすぎるだけかな^^;)。

・・・安っぽい言い方ではありますが、魅力的です(一言で片づけてしまいましたが、良かったのでしょうか^^;)。

通販の価格情報 と まとめ 

赤色LEDにこだわっているので、けっこうな価格なんじゃないかな~って思ったのですが、あながちそうでもなかったです。いや、化粧品とかに比べたらそりゃ高いですけれども・・・。

だけど、カートリッジが必要ないことや、消耗品も用いなくてOKという点、そして何より肌への効果そのものを加味して考えると、コストパフォーマンスは良い部類なのではないかと思います。

美顔器をどれにしようか迷われている方は、今回ご紹介したリジューを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。赤色LEDばかりにこだわるのは偏屈かもしれませんが、それはそれで面白く、魅力的であると思います♪ 

リジューの公式通販サイトはコチラ

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: その他のグッズ   タグ:   この投稿のパーマリンク