化粧水がピリピリする・しない の違いはなぜ生じるの!?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

化粧水ピリピリ

「この化粧水良さそう!」と思って新しいのを買い、ウキウキ気分で使ってみたらピリピリとしてがっかり。

そうなれば泣く泣くゴミに。
そしてまた新しく化粧水を買うも、またピリピリしないか不安で不安で・・・。

ピリピリするんじゃ、メイクをしてもファッションをこだわっても、楽しくない・・・。

そんな経験、女性なら誰しも一度や二度くらいあるのではないかと思います。

ピリピリと痛みが走るのとそうでないのとでは、いったい何が違うのでしょう?
この記事にて、少し考えてみることにしましょう!

「合わない」から、ピリピリ痛む!

最も疑ってかかりたいのは、その化粧水が「肌に合っていないから」ピリピリと痛みが生じるというものです。

ただ、「合わない」と一口に言っても、あらゆるパターンが考えられます。それは以下のとおりです。

成分にアレルゲンが入っている
アルコールが入っている
肌に異常を来している

このように原因はひとつではないのですね。

では、一個ずつ詳しくお話ししてみましょう。

* 成分にアレルゲンが入っている 

このパターンであることが稀にあるようです。

化粧水の中には実にさまざまな成分が配合されていますが、それはメーカーによってもアイテムによっても色々。

実際にコスメを買うと、容器やパンフレットに成分表示があって、細かく書いてあります。

その成分の中に、もしかしたらあなたにとってのアレルゲンが入っている可能性も否めません

一体どれがクロなのか特定するのは、皮膚科専門医等の力を借りても非常に難しいそうです。

化粧水自体がいけないものだということではなく、ただあなたの肌(体)には合わなかった・・・という結果。

なので、人によっては「めちゃくちゃ肌に合う!」ということもありえます。

* アルコールが入っている 

アルコール(=エタノール)が入っている化粧品は少なくありません。

特に、さっぱりタイプの化粧水に清涼剤として入っていることが多いように思います。
ニオイやスーッとした感じが苦手といって嫌う人も少なくないでしょう。

でも、これがピリピリ感をもたらす場合もあるかもしれません。
アイテムによる程度の差こそあれ、アルコールは肌に刺激が加わることがあります

敏感肌の人や肌に異常を来している人にとっては、その刺激が「痛み」として感じられることがあるのでは?と思いますね。

気になる人はパッチテストを行ってみると良いでしょう。
もしそれで肌が赤くなるようなら、完全にアルコールがあなたの肌に合わないと判断できます。

* 肌に異常を来している 

肌で炎症が生じていたり悪化したニキビがあったりすると、化粧水に含まれている成分のどれかが刺激となります

化粧水には、たいてい「肌に異常がある場合は使用しないでください」と書いてあると思います。

「肌に異常があるからこそ化粧水で治すんだ!」と考えている人もいるかもしれませんが、化粧水は薬ではないので治せないし、逆効果となることもありえます。

肌の状態に合わせてふさわしい化粧水(それも低刺激性の優しいタイプ)を選ぶことは大切ですが、それでもピリピリとしてしまうことがある、ということを頭の片隅に置いておくと良いかなと思います。

低刺激性の化粧水を検討してみよう

いずれにしても、ピリピリという痛みが不安な方は「低刺激性」の化粧水を使うようにすると良いです。

例えばですが、こんなのです。

アルコールが入っておらず、なおかつ皮膚科医立会いテスト承認済み
敏感な肌に向けて開発・処方されたというものです。

それでもって非常にしっとりとした使い心地なので、なおのこと肌への感触もGOOD。
ほど良い香りもあって、夜のストレスへの癒しにもなります。

なるべく低刺激で安心してケアを続けたい方は、ぜひチェックしておかれると良いでしょう。

⇒ DECENCIA「アヤナス」

その痛みは「スティンギング」の可能性も!

おそらく、多くの方が聞いたことのない言葉かもしれません。

細胞が「それ違うったら!」と誤解をして痛みを発している状態のことをいいます。
英語で書くとstingingで、意味は「チクっとした痛ませる」。そう、まさしくそのまんまの意味です。

これは、刺激による痛みとは違うもので、研究もまだまだ途上にあるようです。
なぜスティンギングが起こるのかは解明されていないみたいです。

必ずしも化粧水が合わない場合に起きるわけではないそうです。
別に肌に何も悪くない(むしろ合っているかもしれない)のに痛みを発してしまうことがあるとのこと。

とても厄介ですね。きっと私だったら、「あ、刺激!」「肌に悪い!」と判断してしまうと思うし、多くの人もそう反応するでしょう。

特に、スティンギングを起こしやすい人(=スティンガー)の場合は、この世のあらゆる化粧水がピリピリ痛を起こすことがあります(そういう肌も「敏感肌」と言われることがありますが、通常の敏感肌とはちょっと違った概念かもしれませんね)。

「スティンギングテスト済み」と書いてあるコスメもありますが、それでもピリピリするときはします。

いくらスティンギングの面でクリアしても、結局肌に合わないアレルゲン等が入っていたら刺激となってピリピリすることもありえます。

・・・なんだか暗くなることばかり書いてしまいましたね。。。

まあ、「絶対安心!痛くないよ」と保証されている化粧水は無いということです。
万人向けのものなんてないってわけですね。

ピリピリしたら使わないのが安心!?

とにかく、ピリピリと痛みを感じたら使わない

そう考えておけば、まあ安心かもしれませんね。

もし刺激になっていた場合は、肌の微炎症が悪化したり、肌が荒れてしまったりします。

ただ、「スティンガーかも」という自覚のある方は、痛みを感じるたびに違う化粧水に変えていたらキリがないかもしれません。

合っているかそうでないかの判断は、よ~く肌の観察をしていく上で行ったほうが良い気がします。

スティンギングには個人差もあるので、「こうすべき」「○○の場合は××にしよう」といったマニュアルのようなものがありません。

ですから、上記のようにちょっと曖昧な言い方になってしまいます。すみません。

まとめ

以上、化粧水を塗ったときにピリピリするその原因などをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

  • * アレルゲン、アルコールなど
  • * 肌に異常がある
  • * スティンギング

といったあたりが、化粧水でピリピリする原因かもしれません。

何はともあれ、痛みを感じたら使用を中止。
皮膚科で診てもらったり、別の低刺激処方の化粧水を試して確認してみることが大切です。

風邪を引いていたり、ちょっと体調が優れないときなども、肌の免疫力が低下して刺激を敏感に感じることがあるようです。

今回お伝えした原因を疑ってみるのも大切ですが、もし体のコンディションが悪い場合は、まずはそちらを治すことを行ってくださいね。

それから、当然ながら日焼けをしているときや皮膚病があるときも、痛みが走ることがあるでしょう。

そういう場合もまずは症状を緩和することに専念し、丁寧なスキンケアを行っていくようにしましょう!

丁寧なケアを始めるなら、先ほどもご紹介した下記のコスメを試されてみると良いかと思います。

⇒ DECENCIA「アヤナス」

今回はこんな感じです。
お互い、ケアを頑張っていきましょうね♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク


※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   パーマリンク