化粧水にはコットンパックを!効果あるエイジング保湿です

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

化粧水はコットンパックが効果あり

エイジング世代になってくると、肌の調子が不安定になってくる人は多いそうです。

乾燥肌が目立つようになったり、今まで敏感ではなかったのにいつのまにか敏感肌になっていたり・・・。

若い頃でも保湿は重要なケアのひとつですが、エイジング世代になるとちょっとした工夫が功を奏すでしょう。

歳を重ねるにつれ、肌は乾燥する & 硬くなる

読むのが心苦しいかもしれませんが、いわゆる老化というものです。

これは、肌の新陳代謝機能や免疫機能の低下、そして長年の様々な要因が重なり合って生じます。そのため、仕方がないといえば仕方がないことなのです。

ただ、正しいケアを行なっていくことで、その老化を遅らせることは可能です。

エイジング世代にとっては、シワやたるみ、くすみといったものが気になり始め、精神的にも重たいものがあろうかと思います。

でも、前向きになって、今までのケアにちょっと一工夫凝らしてみてはいかがでしょうか?

以下、その一例をご紹介します。朝の化粧水の保湿ケアにオススメな方法です。

化粧水でのケアではコットンパックを使うのが効果的!

今までやってきた方には「今さら・・・」といった内容かもしれませんが、化粧水をコットンパックに染み込ませ、それを顔に貼り付けるといった方法です。

普通に手だけで化粧水をつけるのも、手のぬくもりで化粧水があたたまって浸透力は高まりますが、コットンパックを使うと集中的に浸透させることになり、肌をふやかすことができます。

肌をふやかすと同時に化粧水はぐんぐんと浸透していき、とてもみずみずしい肌に仕上がります。乾燥肌の目立つエイジング世代にとっては画期的な方法と言っても過言ではありません。

一手間かかりますが、その時間はきっと結果として現れてくるものと思います。

それでは、手順をご説明します。

化粧水コットンパックの仕方

仕方

まず、化粧水とコットンをご用意ください。

コットンはごく一般的なものでOKですが、化粧水を含ませたときに肌にピタッとくっつくような薄いものが良いですね。

化粧水はお気に入りのものでOKです。

以下、お手入れの手順になります。

  • 1、まずは、今まで通り化粧水を手に取って顔につけていきます。
  • 2、コットンに化粧水を染み込ませます。大きさによっては裂きましょう。
  • 3、コットンを両頬に貼り付けてパック開始です。
  • 4、コットンの上から手で押さえ、浸透を促してみましょう。
  • 5、しばらくしたら、ゆっくり剥がして終わりです。

以上の手順となります。この後、美容液や乳液などの塗布に入っていきます。

手間が少しかかるといってもわずか数分ですので、挑戦しやすいかなあと思いますが、いかがでしょうか?

もし、上記のようなコットンがお家に無い場合は、化粧水付属の専用コットンでも全然良いと思います。

ただその場合、肌に貼り付けることができなくなってしまいますので、手を使って押さえて浸透させていくことになります。

その際はこすらないよう、やさしくプッシュするようにしましょう。

【PR】「ルナメア」通販限定お試しセット (株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー) 

化粧水コットンパックの効果をより一層高めるために

コットンで顔をパックして浸透力を高めるといっても、その効果を最大限に出すにはそれなりの状態にしておくのがベストです。

その状態とは、

  • * 清潔

であることをいいます。これについては老若男女に通用する考え方かと思いますが、エイジング世代の場合、ちょっとだけ注意が必要です。

というのも、先に述べたように、歳をとってくると肌は乾燥していったり敏感になっていくからです。

そのため、清潔にしようと洗顔を張り切り過ぎると、余分な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を招いてしまいます。

ではどのような洗顔がオススメかというと、

  • * オイルタイプの洗顔料を使わず、ジェルやミルク系を使った洗顔。
  • * たっぷりと洗顔料を使ってしっかり泡立て、その泡で顔をパックする。

といったものです。

オイルタイプの洗顔料を使用すると、肌のバリア機能である皮脂を余分に取りすぎてしまい、乾燥を悪化させてしまうおそれがあります。そのため、水分の多い洗顔料がオススメです。

また、泡立てには必ず泡立てネットを使い、しっかりモッチモチに仕立てましょう。そして、やさしく顔に置いていくような感じでパックしていきましょう。

決して顔の上では泡立てないよう!シワや肌荒れの原因になります。

コツは、たっぷりと洗顔料を使うことです。モノにもよりますが、500円玉大くらいがちょうど良いと思います。

そして、「自分は敏感肌だな」と思われる方はパック後すぐに洗い流し、「角質が分厚いなあ」と自覚されている方は数分放置してから洗い流すようにすると良いでしょう。

 まとめ

 以上、エイジングケア世代の洗顔&保湿についてでした。

水分の多い洗顔料で肌をキレイに → 化粧水コットンパックを → 美容液・乳液を

・・・という流れをおさえておきましょう。

これを毎日続けてれば、ある日旦那さんに「最近若くなった気がする」って言われるかもしれませんよ(*^^*)また恋されちゃったりして!

エイジング世代は色々な面で大変かと思いますが、気長に楽しく肌ケアを行なっていきましょう!

【PR】リ・ダーマラボ モイストゲルプラス(株式会社リ・ダーマラボ)

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 肌ケアにプラスして考えてみたいこと   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク