化粧落とさないで寝るのは、おばあさんになるための方法です

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

化粧落とさないで寝ると・・・

こんなことを言っては、世のおばあさんたちに失礼かもしれませんが、化粧落とさないで寝るというのは、おばあさんになるための方法のうちのひとつです。

もちろん、1日だけ化粧落としをしなかったのであれば、さほど問題はない・・・・・・こともなく!10日分老けるという説もあります。だから常習の場合は要注意!あなたの顔にはニキビにシワに、老化の風物詩がたくさん頭角を現すことになるでしょう。

それで風情を感じますか?いいえ、私は感じません。当たり前ですが(笑)

だけど、一日の疲れがたまった夜は、化粧を落とさず一刻も早く眠りにつきたいというのが本音。

なのに化粧を落とさないと、肌が傷んで老化まっしぐら!ダメなことは分ってる。

そうは言っても、なぜ、化粧を落とさないと肌に悪いのかという点を知らなきゃ、いまいち納得できないのも事実。なので、説明してまいりたいと思います。

なぜ、化粧を落とさないと肌に悪い?

カラクリは非常に単純です。

前回の記事にも少しだけ書きましたが、肌と言うのは、睡眠中に修復・回復して新たな皮膚に生まれ変わります。要は、肌に汚れが残っていると、そのリセット機能を阻害してしまうわけです。何となくイメージできますでしょうか?肌自体を呼吸している人間だとすると、その息を止めているような感じです。こりゃ苦しいに決まってますよね。

また、肌には毛穴が多数存在します。化粧などの汚れは、よく見ると粉とか粒なのですから、この穴の中に転がり落ちていきます。するとどうなるか。当然肌は炎症を起こしたりして傷みます。化粧に入っている油分は酸化もしますので、全然いいことはありません。

分かりますか?この酷さ。たった1回化粧落としをサボっただけで、こんなにも悪影響があるのです。1回化粧をしたまま寝るだけで、なんと1ヶ月分洗顔をしていないことに匹敵するとも言われているので、間違ってでも実験なんてしないでください。まあ、早くおばあさんになりたいなら、どうぞご勝手に!

肌が悪くなることで、肌の老化が加速する

汚らしい肌を放っておくほど、肌の質はどんどん悪化していきます。

肌の新陳代謝能力が落ちて、新しい皮膚に生まれ変わりにくくなるため、古びた角質が残り、くすんだりするわ厚く固くなっていくわ・・・。すると、弾力性やツヤがなくなっていき、シワやたるみのご登場というわけです。もう、潤いもくそもない状態ですね。

どうします?そんな風になったら・・・。「私の顔、年季が入って大人びたでしょう?♪」と言い訳しても、気の毒どころか誰も相手にしてくれません。「知るか」と思われるのがオチです。

もし化粧を落とさずに寝てしまったらこうしよう!

でも人間ですもの。ウッカリってこともありますよね。
そんなときは、潔くこれから先のことを考えましょう。ここで後悔しても時すでに遅しですから。

まず、朝起きてから、なるべく早くに洗顔を行いましょう。当然念入りに行なってください。

前回の「朝に洗顔しないのが肌に良い?んなこたあ ないない!」の中では、朝洗顔はしっかりやらずに軽く行ないましょうというお話をしましたが、今回は事情が違います。

肌はゴテゴテして汚い状態になっていますので、洗顔料でしっかり洗いましょう。私がオススメしているのは肌ナチュールのクレンジング用品です。

そのクレンジング用品は、流行りの炭酸式になっているにもかかわらず、美容液としての役割も担っています。化粧落としから保湿まで1本でOKなので、とても効率よく楽にケアでき、早く寝たい夜に最適。

あと、3冠達成を果たしているため、注目のアイテムではあります。
    ⇒ 詳細はコチラ

なお、入浴時のクレンジングが非常に効果的です。

朝に風呂に入ると風邪を引いてしまう方は無理はいけませんが、風呂で行なうと、あたたかい湯気を立たせることで閉まってしまった毛穴を開いてあげることができます。すると、毛穴に入った汚れは落としやすくなるでしょう。

ただ、時間の無い朝の場合にはそんな悠長なことをやっている場合ではないかもしれません。だからこそ、夜の化粧落としは非常に大切。余すところなくキレイにすることを心がけましょう。

あと、化粧を落とさずに寝てしまった次の日の夜は、肌に「ごめんね、無理させて」 と謝り、なるべく早く眠ることを心がけましょう!そのほうが、傷んでしまった肌を早く回復させることができます。

まとめ

化粧落とさずに寝るのは老化の近道。絶対に洗顔&保湿を行なってから寝室に向かうようにしましょう。

万が一落とし忘れたら、翌朝に念入りな洗顔と保湿を行うようにしましょう。

1度忘れたら10日分老け、3度忘れたら1ヶ月分ですよ!あぁ恐ろしや・・・。気を付けないといけませんね!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 化粧(メイク)と肌の関係とは   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク