風邪を引くと肌が乾燥したり敏感になったりしない!?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

風邪 肌

風邪を引いたとき、なんだか肌の調子が悪くなりませんか?
今もし実際に引いている方は、ちょっと肌を触ってみてください。

風邪の種類とか症状にもよると思いますが、
ちょっとこりゃ酷いな・・・っていう風邪の場合、肌も元気を失っているかと思います。

では、その原因と対策について考えていきましょう!

風邪を引くと肌が乾燥するのはなぜ?

風邪を引いて熱が出た場合、とにかく体から水分が抜けていきます。すると、肌にも十分な水分が行き渡らず、カサカサになったりします。鼻水とか涙とかも、抜けていく水分の一部ですね。

特に怖いのは胃腸風邪のとき。
下痢や嘔吐などでどんどん水分が抜けて行ってしまうので、肌の乾燥を招くばかりか、全身が脱水状態になりえます。

また、こんな逆の考え方もできます。

肌が乾燥しやすい環境というのは、もちろん冬。そして夏場のエアコンで冷えた部屋。こういうところでは体が冷え切ってしまい、風邪を引きやすくなります。つまり、肌が乾燥したころには、鼻水や咳が出てしまうということです。

その場合は一時的な症状で収まることがほとんどですが、たまに熱が出て、本格的な風邪症状を招いてしまうこともあります。

風邪を引くと肌が敏感になるのはなぜ?

風邪を引くと、肌がヒリヒリしたり、肌荒れが生じたりすることがあります。

でもこれは仕方のないことです。
風邪を引くと、体は風邪をやっつけることを優先にして働くようになるので、風邪とは直接的な関係がない部位には十分な栄養や水分が送られなくなったりします。

すると、その部位の機能は、普段よりも鈍く不安定な状態になったりします。このせいで、肌の状態も不安定になったりして、ヒリヒリと痛みのようなものを感じたり、ちょっと荒れてしまったりするのです。

先ほど説明しました肌乾燥に関しても、この一時的な敏感肌が原因となっているでしょう。

また、風邪を引くと、どうしても注意散漫や手抜きが生じます。
すると日頃はしっかりやっているスキンケアも、あまり念を入れてやらなくなりますね。

にもかかわらず、空気の乾燥や肌への外的ストレスがあれば、肌はそれらの攻撃を受けやすくなるのです。またしても風邪のときは、なおさら肌は元気を失っていると思うので、ダブルパンチですね。

さらには、風邪を引いて食欲を失っていると、
栄養や水分も十分に補給されないので、肌にとってはあまり良い状況とはいえません。

では、風邪を引いたらどういったスキンケアをすれば?

風邪を引いてしまったら、それはそれで仕方のないことです。
肌が乾燥したり敏感になったりしても、あまり慌てずに、風邪を治すことに専念したほうが良いでしょう。

一時的な肌荒れなどによって急激に老けたりすることはないので、
出来る範囲で栄養と水分を取りながら、休養を摂るようにしましょう。

とにかく体を安静にしていたわることが大切なのです。

また、スキンケアはいつも通りで良いと思いますが、
メイクの乗りが悪いからといって落胆する必要はありません。仕方のないことです。ムキになって塗りたぐると、逆に肌を傷めてしまいます。

そして外出の際はマスクを着用し、
外的ストレスから肌を守ってやることも大切です。

風邪を引かないように気を付けることも大事!

もちろん、風邪を引かないのが一番良いですよね♪
今風邪を引いている方も引いていない方も、是非参考になさってみてください。

風邪対策で一番大事なのは、やはり体を冷やさないこと!
そして、しっかりと食べるものは食べて、水分も意識して摂ること!
プラス、なるべくストレスを溜めずにして睡眠を十分に摂ること!です。

・・・でも、これだけ全部を完璧にこなすのは、忙しい現代社会ではなかなか難しいことです。でも、意識をするのとしないのとでは、風邪を引く確率かなり変わってくると思います。

病は気から」とも言いますが、まさにそれは正しくて、
引くと思えば引いてしまうし、引かないと思えば案外へっちゃらなもんです。

中には強情な人もいて、
どう考えても鼻水や咳が出てるのに、「これは風邪じゃない!」って言い張ったり。
(私の母ですが 笑)

でもそれって結構大事なことで、
「あ~ダメだ・・・もう私死ぬ」とマイナス的に考えてしまうより、能天気なほうがよっぽど良いと思います。

ただ、「オヤッ?風邪引きそうだな」って思ったら、
本格的に引く前に、しっかりと休養を摂ることは忘れてはなりませんね。
そこは潔く、自分の体と向き合ってみましょう!

それと、特に寒い時期、体を内側から温めてあげることは、
風邪のみならず美容の面でも大変有効な手段です。

今、食べることのできるあったかいスムージーが人気であることはご存知ですか?
食べられる”そして“あったかい”という点が、多くの女性に人気のある秘訣かなと思います。

まだ堪能していない方は、
一回試してみると良いかもしれませんね♪

 >> 食べるホットスムージー“ほっとSaiby”

まとめ

今回は、風邪と肌の関係についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

もう一度サラッとまとめると、

  • * 風邪を引くと肌は乾燥し、敏感になる
  • * それは脱水、栄養不足、体の機能低下による
  • * だから、栄養・水分をしっかり摂って休養を摂ることが大事(可能な範囲で)
  • * 風邪を引いていないときも、同様に体をいたわろう
  • * 内側から温めてみると、効果的

という感じですね。
まあ、ごくごく当たり前すぎることを書いてしまった感も否めませんが、
意外に忘れていたり、知っていても実行できなかったりすると思うので、改めて記事にしてみました。

是非参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク