顔に汗をかかない方法はコレ!テカリを抑えて清潔肌へ

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

顔に汗をかかない方法

夏になると、顔にダラダラと汗が垂れてしまって、どうも不潔感満載な感じになってしまう方も少なくないでしょう。人によっては、冬でさえ額などから汗がにじみ出て、顔のテカリも気になっていることと思います。

あまりにたくさん出ると、やはり不快ですよね。化粧だって崩れるし、人と顔を合わせることも気がかりになってしまいます。そして、汗が毛穴に入って皮脂と混ざり、菌が繁殖したりして炎症が起きたりもしてしまいます。

けれども、そのたくさん湧き出る汗を抑える対策というものが、ちゃんとあるのですね。ある方法を実行することで、極力抑えることができるでしょう。

もちろん、人間が生まれながらに持っている発汗作用までもを止めるような魔法の方法ではありませんが、必要以上に出さないようにすることが期待できます。

その方法について、この記事で順番にお伝えしていきたいと思います。ぜひ参考になさってみてくださいね。

過剰に汗をかいてしまう原因と対策

たくさん汗をかいてしまうのは、自律神経の働きが狂ってしまっていることに起因します。

そりゃ、暑い夏などには、人間誰しもタラタラと汗を垂らすのは自然。でも、自律神経の働きが狂っていると、本来は出す必要性がない汗までもが湧き出してしまうのです。

だから、その顔の汗を抑えていくには、やはり自律神経の働きを整えてあげることが大切なのです。生活習慣を改善したり、ストレスを軽減させたりするというわけです。

しかし、そんなのハッキリ言って面倒ですよね。時間もかかるし、労力や忍耐も必要になってきます。もちろん大切な方法ではありますが、まず先に、もっと手っ取り早い方法(対策)をお伝えしますね。

顔汗用の制汗ジェルを使ってみよう

本来は、この方法で自律神経を整えていくことはできません。が、外見上、たくさんの汗をかかなくすることができます。だから手軽だし、誰でも簡単に制汗することができますので、かなりおすすめな方法ではあります。

顔汗用の制汗ジェルに、「サラフェ」というものがあります。このジェルを、日頃のスキンケアの後に顔に塗ることで、顔からの発汗を抑えることができます。

なぜ抑えることができるのか?というと、サラフェに含まれている“パラフェノールスルホン酸亜鉛”という成分が毛穴に入り、汗が出てこないようにガードするためです。ちょっと変わった名前の成分ですが、肌への負担は軽い成分なので、基本的には安心していただいて大丈夫です。

また、サラフェは女性の肌をいたわるべく、和漢やアロマの成分が配合されており、これらが肌を整えたりリラックス効果をもたらしてくれたりするのですね。だから、制汗だけでなく、美容の面でもプラスになるというわけです。

少し高いジェルですが、これで顔の汗を抑えることができるので、非常に有用ではあると思います。顔のテカリの対策にもってこいなアイテムなのではないでしょうか。他の部位にも使って大丈夫でしょう。

サラフェの公式通販サイトはこちら
サラフェ

そして、肝心の生活改善やストレスの軽減を

サラフェを使った方法は、時間も労力もかからず、非常に効率良く汗を抑えることができます。
ただ、必要以上に汗をかかない体に仕立て上げていくことができれば、もう来年から悩まずに済むかもしれませんよね。

そのため、やはり生活習慣の改善やストレスから逃れるというのは、必須項目でしょう。たしかにかなり面倒ですが。

特に女性は、ホルモンバランスの不安定化で、体調が肌にも分かりやすく現れます。自律神経の働きも乱れやすいし、気分だって浮き沈みが激しかったりしますよね。

だからこそ、生活や自分の心に気を遣っていくことが大切です。

* 食生活が良くないなら

栄養バランスが悪い食事をとっていたり偏食が多いなら、なるべくバランスの良い食事・規則正しい食事に変えましょう。

体を作っているのは、何と言っても食べ物たち。ここを改善しないことには、自律神経だって肌だって、乱れがちになってしまいます。

* 睡眠生活が良くないなら

お忙しい方はなかなか難しいかもしれませんが、睡眠も、質を高めることが大切ですね。量より質です。

しっかりと深い眠りに落ちることで、神経の働きがリセットされ、体が整った状態で新たな一日を迎えることができます。

* ストレスが溜まっているなら

ストレスは、定期的に発散することが大切です。

趣味に没頭したりする時間はありますか?もしあるなら、積極的に趣味を楽しみましょう。ない場合は、ウォーキングや有酸素運動をするだけでも、心がスッキリしてくると思いますよ。

運動を積極的に行おう

汗がダラダラ出ることを心配して、あまり体を動かさない・・・というのも、また体に悪いのですね。体に溜まった老廃物を効率良く排出するには、やはり血行や代謝を向上させることが大切です。

前項でも述べたように、ウォーキングや有酸素運動をするだけでも、かなりプラスになります。心だけでなく、実際に血行が良くなって代謝がUPし、自律神経だって整うし、肌も生き生きとしてくるでしょう。

「日焼けしろ」とは言いませんが、日光浴がてら、外に出てみると良いと思います。日光を浴びることで、人間の体内時計が調整され、自律神経の働きが整うといった話を聞いたことはないでしょうか?

はじめのうちは、顔から汗がダラダラと垂れてくるかもしれません(夏は特にそうですよね)が、長い目で見た場合、運動を積極的に行うということは、必要以上に汗をかかない有力な方法かと思いますよ。

こんな対策は、いったいどうなのか?

話が前後しますが、先ほどサラフェのお話をしました。
が、「ほかに、冷やしたり汗拭きシートじゃダメ?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、そういった方法も有効であるかもしれません。

しかし、冷やすのは血行を悪くする可能性があるし、その冷やしたときだけしか効き目がありません。また、汗拭きシートも同様で、拭いた瞬間は良いのですが、その後は再びダラダラダラダラ・・・。

制汗スプレーのようなものを顔に吹きかける!といった大胆な行動に出る方もいらっしゃいますが、ムラが出来やすいし、なんとも吹きかけるという行為そのものが、ちょっと勇気がいる・・・というか滑稽に感じたりしますよね。

「それらの方法が最適だ」という方は、そういった方法でも良いとは思いますが、効果を持続させ、ムラなく、肌をいたわりながら制汗していく効率の良い方法は、やはり制汗ジェル「サラフェ」が良いかなと、私個人としては考えています。

サラフェの公式通販サイトはこちら
>> SaLafe

まとめ

今回は、必要以上に汗をかかない方法についてお伝えしました。

繰り返しになりますが、単に汗かき・顔のテカリを抑えるだけなら、サラフェのような制汗アイテムを使うだけで全然対応できるのではと思います。大事な商談の前、デートの前、人目に触れる前など、気になるときにサッと一塗りでOKですしね。

でも、体質を改善して汗を抑えていくとなると、生活改善やストレス軽減、そして運動と、面倒なことを続けていく必要があるのです。ぜひ気長に対策を実施されてみてくださいね^^

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   パーマリンク