顔がヒリヒリする原因!その痛みは肌のSOSです

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

顔がヒリヒリする原因

顔がムズムズとかゆいだけならまだしも、ヒリヒリと痛みを感じる人は要注意!

それは、肌がそれなりのSOSを発しているということなのです。

ここでは、顔の痛みの原因と対処法・対策についてお伝えしたいと思います。今現在痛みを感じる人のみならず、「前にそんなことがあった」と心当たりがある方も、ぜひご覧ください。

敏感肌?体の不調?病気?・・・さて、ヒリヒリの原因は

「ヒリヒリ」といえば“肌”のイメージがありますが、その痛みの種類は数多いものです。

まずは、肌トラブルに限らず広い視点で見ていこうと思います。
ちょっと頭まで痛くなるかもしれませんが、肌トラブルを気にしている方は参考にしてみくださいね。

顔の傷みは、大きく以下のパターンがあります。

  • ◆ 神経痛
     : 原因不明な場合も多いですが、病気から引き起こされることもあります。強烈な痛みを伴ったりします。
  • ◆ 血管性の痛み
     : 不摂生や薬などの副作用で引き起こされたりするようです。   
  • ◆ 筋肉性の痛み
     : 原因が不明な場合が多いようです。
  • ◆ その他の症状から来る痛み
     : 耳・鼻・口腔の疾患から引き起こされる場合もあります。
  • ◆ 内的ストレスによる傷み
     : 心身の不調によって身体機能が低下し、肌トラブルが発生する場合があります。
  • ◆ 外的ストレスによる痛み
     : これが一番可能性大でしょう。花粉、塵や埃、ダニ、乾燥、日光などによって引き起こされた肌トラブルです。

ざっと以上のパターンが考えられます。

ヒリヒリ感が激痛でなければ、
外的ストレスによる傷み の可能性が高いと思います。

このブログは美容をテーマに扱っているので、
ここからは主に肌の美容の観点からお話ししてまいりますね。

乾燥肌・インナードライや外からの刺激!

美容の観点から見ると、一番考えられるのは乾燥した肌(乾燥肌)です。

肌は、乾燥するとさまざまな肌トラブルが引き起こります。
バリア機能(肌が自分を外的な刺激から守る機能)が低下し、肌環境が悪くなっていきます。

シワ、たるみ、くすみ、シミなどの老化現象を促進したり、ニキビ、ひび割れなどあらゆるトラブルが引き起こされたりします。

この状態が繰り返されると、そのうち慢性的な乾燥肌となって、肌は弱って敏感肌(非常にデリケートな肌)になってしまいます。もしかすると、ヒリヒリと痛みを伴うなら敏感肌になっているか、なりかかっているのかもしれません。

敏感肌になると、ケアするときも単純に保湿だけでは済まなくなり、
敏感肌の機能を整えていくためのスキンケアも必要になってきます(詳しくは後述します)。

また、「皮脂はたくさん出て脂性肌みたいになってるけど、ヒリヒリする」という人もいらっしゃるでしょう。

実はそれ、脂性肌のように見えても本当はインナードライ(隠れ乾燥肌)なのかもしれません。

なぜそうなるかというと、
先ほどに書いたようにバリア機能が低下するからです。

肌バリアバリア機能が低下して乾燥を招くと、その乾燥を補おうと皮脂が大量に出ることがあります。だから、大人の脂性肌というのは隠れ乾燥肌の可能性があるのです。

この乾燥肌の状態でも、肌は外的ストレスに非常に敏感です。塵や空気乾燥や紫外線などは危うい存在。そういった外的な刺激に肌が攻撃を食らって、ヒリヒリとした痛みが発生します。

普段は普通肌の人でも、肌の乾燥を繰り返しているうちに敏感肌になってしまっています。それに、老化によっても身体の機能は徐々に衰えるので、それで敏感肌になることも十分に考えられます。

以上が、ヒリヒリとした痛みが発生する主な原因です。

あとは、日光による日焼け、外的な刺激によって生じた細かい傷も、顔がヒリヒリする原因ですね。
そういった傷痕などは割と心当たりもある方も多く、目に見えることもあるので分かりやすいと思います。乾燥肌・敏感肌による傷みとは別物です。

しかし、乾燥肌というのはなかなか分かりにくい。
脂性肌のような隠れ乾燥肌の方はなおさら気付くのは困難です。

顔をいたわり、保水や保湿を徹底することが大事!

痛みが長引いたり、あまりに酷いようなら皮膚科を受診されることをオススメします。その場合は、あとは医師の指示に従うようにしましょう。

特にそうでない場合は、
ひとまず、保水保湿を徹底するようにしましょう!

肌が弱っている状態なので、しっかりと潤し、いたわってあげるようにしましょう。
できれば、低刺激の化粧水などを使うのが望ましいです。

次の記事では、私がおすすめしている化粧水を紹介しています。

 >> 肌が弱い人のための化粧水など!これでケアもバッチリ

保湿

とにかく保水・保湿です。このスキンケアは肌環境を整える上で重要なケア。
ヒリヒリ対策をする上では必ず避けては通れないでしょう。

あと、もし日焼けなどで火傷をして痛みを発している場合は、冷やすということも重要です。日焼けしたときは冷却と保湿。これが鉄則です。

あとは、栄養バランスの良い食事と、十分な睡眠なども心がけていくことも大事ですね。
体を健康な状態に保っていけば、肌だって健康に近づきます♪

できるところからでも良いので、少しずつ対策を!

さて、これから先、
肌の乾燥を招かないためにはどうすれば良いのでしょうか?

かなり不親切な答えを言いますと、
「当ブログで述べている様々なことを気にかけましょう」
となります。

つまり、毎日のスキンケア、生活習慣の改善、ストレスフリーな生き方を追求していきましょうということです。しかも様々な視点から。

ところが、「そんなこと言ったって、忙しくて・・・」というのが人間の性です。それは私も同感です。でも理想としては、自分自身ができるところから少しずつ対策していかないといけないのです。

ただ、手っ取り早い話をすれば、やはりスキンケアが最も気楽です。

正しいクレンジング・洗顔、化粧水などによる保湿、美容液によるパワーアップ、乳液によるバリアなどのことです。このあたりから突き詰めていけば良いと思います。

まとめ

以上、顔がヒリヒリする原因と、対処法・対策についてお話ししました。

今、現に顔が痛む方、そしてかゆみがある方も、
肌をいたわるようにしてそれ以上の悪化を防ぎましょう。

再度申しますが、痛みが尋常でない場合、あまりにも気になる場合は皮膚科にかかることをオススメします。可能性は低いですが、場合によって肌以外の病気の可能性もあるかもしれませんのでね。

・・・脅すような感じになってしまいましたが、たいていは肌の乾燥が原因です。
特に冬場は空気も冷たく、ヒリヒリしやすい時期。季節の変わり目も敏感肌に陥りやすいと言われています。

何はともあれ、保水・保湿をしっかりやっていくことが肝心ですね(^^)
そうすることで、肌トラブルを未然に防げます。

最後に私から、肌がヒリヒリしやすい方のために、
乾燥肌・敏感肌専門ブランドのDECENCIAから出ている「アヤナス」というケア用品をご紹介します♪

アヤナスは2016年10月にリニューアルした人気コスメで、ちょっとリッチな赤いデザインが印象的です。トライアルセットもあるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓
アヤナスの公式サイトはこちら
ay_クリーム推し(固定)_PC

 

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク