乾燥性脂性肌は厄介!放置すればニキビやシワがやって来る

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

乾燥性脂性肌

乾燥肌なのにもかかわらず、皮脂が出てしまう肌のことを「乾燥性脂性肌」といいます。とても厄介な肌です。だって、皮脂対策をしようとすると肌は乾燥が悪化してしまうし、乾燥対策をしようとするとベタツキに悩まされるからです。

では、いったいどうしたら良いのでしょう?

・・・ここでは、乾燥性脂性肌の原因や対策についてお伝えします。放置しておくとニキビができたりシワが増えたりすることもあるので、早め早めに、そして「適切に」ケアをしていくようにしましょう!

なぜ乾燥しているのに皮脂が出るのか?

ハッキリ言うと、「分かりません」。乾燥肌といえば、カラッカラの砂漠状態の肌のことをいいますが、なぜ皮脂が出る人と出ない人がいるのか、それは体質によるところもあり、ハッキリした答えは言えません。

でも、「肌自身が、乾燥から身を守ろうとして皮脂を分泌している」と言われています。そう、そのベタツキやテカリは、それ以上肌が乾燥したり傷んだりしないように・・・と、肌自らが防御線を張っているのですね。

とは言っても、いっそのことカラッカラの状態のほうが分かりやすいと思いませんか?乾燥してるなら、潔く乾いてればケアしやすい。なのに、いちいち皮脂で防御線なんて張るものだから困ってしまいますよね(笑)

放置するとニキビ、そしてシワやたるみの増加

正体は乾燥肌であるわけなので、なにも対策をせずに放置すると、肌はますます乾燥が悪化し、老化の進みも早くなっていくかもしれません。つまり、シワやたるみの増加に拍車がかかる可能性があります。

また、皮脂がたくさん出てしまう状態が続くと、毛穴の環境が悪くなっていきます。皮脂・汚れや詰まり、そこにアクネ菌が侵略しに来やがり、炎症を起こしていきます。これでニキビの誕生です。

・・・いかがですか?つまり、ニキビができないように肌の環境を良くする必要があるし、乾燥を防ぐ必要もあります。さすがにいくらスキンケアをしても老化は付き物なので仕方がないですが、それでも前向きにケアし、肌を整えていきたいものですね。

当然「うるおす」ことが大事

乾燥肌の対策をすべき?脂性肌の対策をすべき?

・・・ずばり両方です。が!根本的には乾燥肌なので、「うるおす」ことが最優先課題ですね。いくら余分な皮脂を落としても、肌が乾燥したままだと、いつまで経っても乾燥性脂性肌に悩まされることになるし、上に書いたような悪化の一途をたどる可能性もあります。

しかし、単純にうるおそうとしても、皮脂が邪魔。こいつが肌にへばりついているだけで、化粧水を与えても成分が皮膚の角層に行き届かず、意味がありません。

そのまま勘違いして、乳液やクリームなどの油分の多いアイテムでケアをし続けると、ますます意味がないし、テカリやベタツキに悩まされることになります。で、結局、「あ、保湿するんじゃなかった!」という結末になり、保湿をやめてしまう。すると乾燥はどんどん深刻化。

・・・実際、そのようになっている女性は少なくないと思います。ほとんどの脂性肌成人(脂性肌星人じゃないよ)は、うるおいのありすぎる本当の脂性肌ではなく、乾燥性脂性肌だと言われています。

つまり、この記事をお読みになっているあなた様は、おそらく高確率で「乾燥性脂性肌」ですから、うるおいケアが必須なのです!

でも、上に書いたように、皮脂のせいで厄介ですよね。そこで以下にて、コツのようなものをお伝えしましょう。

洗顔直後にガッチリ保湿!

肌自身が乾燥を防ごうと皮脂をたくさん出すのであれば、「余分な皮脂を洗い落とした直後」のわずかな時間こそチャンスです。

  • 1、クレンジングを先に行い、次に洗顔です(同時にやれるならそれでもOK)。
  • 2、優しく洗いながら皮脂をしっかり落とし、化けの皮を剥がしてやります!
  • 3、ぬるま湯で優しくすすぎます。
  • 4、あくまで乾燥肌なので多少ツッパル感じがあると思います。
  • 5、すぐに化粧水でうるおいを与えてあげます(保湿)。
  • 6、すぐに油分の多い乳液やクリーム等で蓋をします(バリア)。

以上です。これでおそらく皮脂量を抑えることが出来るのではないかと思います!

私が「これいいじゃないの!」と思った化粧品の一例ですが、DECENCIAのアヤナスです。低刺激かつバリア機能の優れたエイジングケア化粧品です。乾燥肌、敏感肌にとてもおすすめです。使うときは、洗顔後、皮脂が出ないうちに塗るようにしてみましょう。

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【保湿&ハリ訴求】アヤナストライアルセット

>> アヤナスの体験レビューはココをクリック <<

が、もしこれでも皮脂が同じようにたくさん出てくるのであれば、うまく化粧水が浸透していないか、乾燥性脂性肌ではなくて本当の脂性肌である可能性もあります。

本当の脂性肌というのは、一般的に思春期の人がなりやすいですが、成人でも、ストレスや疲れが溜まっていたり体に不調があったりすると陥ることがあります。乾燥性脂性肌との混合肌になっていることもあるでしょう。

ストレスの解消と、生活改善も大切!

「ストレスや疲れも原因にある」なんて言ってしまうと、おそらくほとんどの方が当てはまってしまう気がしますが、どうでしょうか。だから、乾燥性脂性肌であるのは間違いないにしても、そこに本当の脂性肌もかけ合わさっている可能性があるのです。

なんというか、「皮脂コントロールが乱れてしまっている乾燥肌」といえば分かりやすいでしょうか。何が何だか分からない、ややこしい状態になっているのですね。

そのため、うるおいを与えるだけでは物足りません。ストレスを解消したり、食生活や睡眠の改善を図ることも大切です。

ストレス解消については、「仕事始めの憂鬱を吹き飛ばす方法!ストレスこそ体を蝕むのだ!」の記事の中の “その3” の方法のように、愚痴ノート作戦がかなり有効です。また、ウォーキングをしたり、睡眠をしっかりととることもストレスや疲れの解消に良いですね。

スキンケアというと保湿などに目が行きがちですが、あらゆる方面から対策を練ってこそ、ニキビだってシワだって、自分の理想とする状態へと導いていくことができるのではないかと思います。

まとめ

今回は、乾燥性脂性肌の原因や対策についてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

おさらいがてら、内容を簡単にまとめておきたいと思います。

  • * 脂性肌であるほとんどの成人が乾燥性脂性肌。
  • * さらなる乾燥・刺激を防ぐために、多くの皮脂が分泌される。
  • * 放置すると、ニキビを誘発したりシワやたるみの原因ともなる。
  • * 洗顔した直後にしっかりと保湿&バリアするのがコツ。
  • * スキンケアだけでなく、精神面、生活面、食事面など、あらゆる方面から対策を練る。

おそらく、これだけでは不安な方も多いかもしれません。が、思いつめすぎもストレスになってしまいます。日頃の生活を楽しむようにして、伸びやかにケアをしていきましょう!

あと、「これでいける!大丈夫だ!!」と自己暗示をかけることも大切かもしれませんね(*^^*)

アヤナスの公式通販サイトはこちら
【保湿&ハリ訴求】アヤナストライアルセット

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   パーマリンク