目の周りの乾燥はシワになる!驚愕の事実

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

目の周りの乾燥がシワになる!?

目の周りの乾燥が気になる方、そのまま放っておくと大変なことになりますぞ!

それは、そこにはシワが生まれ、老化への近道を歩んでいくことになるということ。

目的地に行くときは安全で近い道を通って行きたいものですが、老化に対しては遠回りで行きたいものですね。

では、目の周りが乾燥してしまうとシワになる理由を、ここでお伝えしていきたいと思います。

乾燥するということは、肌に潤いが無くなるということ

既にご存知のことかもしれませんが、乾燥するということは、肌の水分が抜けてしまっているということです。

テレビのNHKスペシャルなどに出てきそうな、ひび割れた大地をイメージしてみましょう。
乾燥してしまった肌は、まさしくあのような状態。

想像するだけでも非常に恐ろしいことだと思いませんか?

潤いもハリもツヤも弾力もなく、外からの刺激に対してももろい状態になっているのです。

では、実際に身近にある物を使って実験を。まずは一通りお読みください。

お家にあるアレを使って実験してみましょう

今、もし面倒でなければ、実際にスポンジを使って実験をしてみましょう。

1、ではまず、そのスポンジを水で濡らしてみます。それから、指で軽く触ってみてください(強く押す必要はありません)。

すると、スポンジは水分を含んだがためにプニプニしますよね。スポンジなので水がにじみ出てきはしますが、ざっくり言えば、これこそ潤いを保っている肌の状態。

2、次に、そのスポンジを外に出すなりして干してみましょう。時間がかかりますが、カラカラになるまで乾燥させます(完全に乾くには日をまたぐことも)。

乾き切ったら、また同じように指で軽く押してみてください。

するとどうでしょう?

スポンジの質にもよるかもしれませんが、大方カサカサしていませんか?少し強めに押すと、そこにシワっぽい筋のようなものが寄ると思います。

これが、乾燥してしまった肌の状態となります。

3、上記と同じような要領で、ハサミを使った実験もやることが可能です。

乾燥したスポンジをハサミで切ろうとすると、水に濡らしたときよりも切りやすいかと思います。

この経験は、なにもスポンジに限らず、色々な場面でしてきたと思います。濡れた物のほうが切りにくいってわけですね。

この実験から分かること

専門的な器具を使った実験ではないため、本当に参考程度にしかすぎない結果なんだけれども、
乾燥した肌のほうがシワができやすく、傷が付きやすいということがイメージできるかと思います。

とりわけ「目の周り」となれば、中年~ご老人の方々を見ていても、非常にシワになりやすい部分でもあるんです。

目の周り、もっと言えば目尻のあたりは皮膚が薄いので、目の動きや表情に影響されやすく、特にシワが出来やすい危険区域。

そのため、乾燥が起きればシワに直結すると言っても過言ではないわけだ。

常日頃から、乾燥から肌を守ることを考えるようにしましょう!

コラーゲンが減ると乾燥が生じる!その結果、シワが

肌の乾燥というのは、老化、紫外線の影響、水分・栄養不足、色々なことが原因で起こります。

そもそも、肌の乾燥とコラーゲンには密接な関係があります。

 (コラーゲンって言葉、しょっちゅう耳にしませんか~?)

コラーゲンというのはコラーゲン線維といった組織のことを言いますが、これがバネのような役割をしているのです。

しかし、老化が進めば進むほど、このバネ組織をうまく生成する力が無くなっていきます

同じように、紫外線を浴びるほど、また水分・栄養が不足した場合も同じ事態に陥ります

すると、要するに肌の弾力を催してくれるバネ=コラーゲンが減っていってしまうわけですから、肌はカリカリになっていってしまう。

当然、シワの発生は目に見えていますよね。

なお、上で試した実験では水を用いて説明しましたが、水分ほどに重要なのがコラーゲンと見ることもできます。
コラーゲンが豊富にある状態は、潤いがなければ生じえないことなのです。

このコラーゲンの生成を助けてくれるのは、水分補給以外に、紫外線や乾燥した空気などの外的ストレスからの保護、栄養の補給、そして老化を遅らせるための努力、心身に関する内的ストレスの軽減など挙がります。

・・・ここまで、主にコラーゲンに視点を当てて説明してきましたが、実際はほかにも色々な要素が絡んできます。

ただ、話が細かくなりすぎて、逆に分かりにくくなってもいけないので特に言及しません。もし興味がある方は、ぜひとも調べてみましょう!

まとめ

これで、乾燥がシワにつながることを知っていただけたかと思います。

特に、シワの発生しやすい目の周りに乾燥を感じたときは危険信号!

でもすぐにシワになるわけではないので悲観的になる必要もないですが、日頃から乾燥しないように気を付けておけば大丈夫。

目の周りはデリケートな上に、細々としていてなかなか扱いにくい部位で、それゆえケアも手を抜きがちなところです。

だからこそ、ほかの部位よりも念入りにやるような気持ちでケアに努めていきましょう。毎日の継続が肝心です。

こちらの記事の後半に、目元の保湿について書いてありますので、必ず目を通すことが大事ヨ♪

 ⇒ 目元の乾燥にリップクリームは使っていいのか?

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ:   この投稿のパーマリンク