柔軟剤を入れすぎてない?肌荒れになるおそれがあるので要注意です!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

柔軟剤の入れすぎは肌荒れの元

旦那の汚いシャツ、アナタの大切な下着、子どもの服・・・といったものを洗う際、多くの方が柔軟剤を入れるかと思います。そのほうが肌触りが良くなるし、最近は香料の効果でフンワリいい香りに仕上げることだって出来ます。

でもでも!よくよく考えてみたら、洗濯をする目的というのは、着ていた物の汚れを落としたり臭いを消したり除菌したりすることですよね。

柔軟剤というのは、ちょっとプラスアルファ的な存在のような気もします。

ところが、注意しなければならないことがあります。

実は、洗剤にしろ柔軟剤にしろ漂白剤にしろ、洗い上げた後にも洗濯物に粒子が残ります。いくらしっかりすすいでも、衣類の細かい目のところに入り込んだりします。なのでこれが肌荒れの原因になるんですね。

柔軟剤による弊害!それは大きくこの2つ!

肌荒れのお話をする前に、柔軟剤を入れることで起こりうる弊害を広い視野で見てみることにしましょう。

一見、衣類をフワフワにして触り心地を良くしてくれるサービス野郎に見えますが、実はこんな悪さもします。

* 吸水性を悪くする。
* ニオイで人を攻撃する。

最近は改良型の柔軟剤も出てきているので一概には言えませんが、柔軟剤に入っている陽イオン界面活性剤が、洗濯の際の衣類への吸水性を低下させます。

そのため、あまりに入れすぎるとしっかり洗えなくなるという事態に陥ってしまいます。

また、たまにクッサイのがありますよね~。人によっては良い香りなのかもしれませんが、香水の付けすぎよりタチの悪いニオイのものもあります。そんなニオイによってむせこんだりもします。

原因となる物質の特定はされていないものの、有害物質が混入されていることも疑われています。

例えば、そのうちのひとつが合成香料なんです。なので、ニオイによって気持ち悪くなるばかりでなく、頭痛や倦怠感までもが引き起こされたりすることが問題となっています。

私も実際、ある特定のニオイの柔軟剤が嫌で、美容院でスタッフの方が用意してくれるタオルがそのニオイだったことがあります。あのときは最悪でした。まあまあ苦手・・・というだけで気分が悪くなることはありませんでしたが、公の場で使う物は無臭にしてほしかったなあと思ってます。

以上、大きく二つの弊害でした。ほかにも細かく見ればありますが、本題より外れるといけないので代表的なものだけ紹介しました。

柔軟剤は入れすぎるな!けど入れないのも正しいとは言えない

上記のように、柔軟剤は入れすぎてしまうと吸水性が悪くって洗いきれないし、変な香料のニオイも倍増しますので良くないです。また、すすいだ後の衣類に粒子が残りやすくなって、肌には悪い影響を及ぼし肌荒れを引き起こすことがあります

だって、所詮は化学的なものなんですよ。

実際に成分表を確かめていただくと分かりますが、肌に必要なものって入ってますか?百歩譲って入っていても、そうでないもののほうが圧倒的に多いんです。

ですから、「やわらかくな~れ♪」っておまじないのような気持ちでドバドバと入れすぎると逆効果になってしまいます。気持ちは分からなくもないですが、おやめになったほうが良いでしょう。

ところが逆に、実は、柔軟剤を入れないというのもちょっと肌に不都合な点があります

柔軟剤を入れることで衣類は柔らかくなるわけですが、入れない場合はカサカサしてしまったりしますよね。すると、乾いた服を着たとき、衣類が肌を攻撃しやすくなるのです。カサカサした状態の繊維が肌にぶつかってしまうということです。

そうなれば肌の表面の保護機能を削り取ってしまいます。肌は外的ストレス(あらゆる刺激、紫外線、細菌類)にも弱くなり、潤いも逃げていきやすくなりますので肌荒れを起こしてしまいます。

まあ、とりわけ気にする必要は無いですが、敏感肌の方やそんなに強い肌ではない方は、柔軟剤をぜひ用いてください

以上より、柔軟剤の入れすぎはNGであり、入れないというのも正しいとは言えないという結論になります。まとめれば、適量(あるいは少なめ)で使ってください、ということになります。これが私からのアドバイスです!

ちなみに、使うべき柔軟剤は、考えればキリがないので深く考えなくていいと思います。

じゃあ、柔軟剤の適量ってどのくらいなの?

このような質問はちょっと不躾だと思います。厳しいことを申してすみません。

柔軟剤の容器に書いてある表示をしっかり見て使ってみてください。

私なりの意見としては、むしろその表示よりも少ないくらいでも良いと思います。私自身、実は柔軟剤を入れていなかったこともあるくらいです(笑)

あと、入れるタイミングですが、多くの洗濯機には投入口があり、セットしておけば自動的にタイミングよく入れてくれるので心配は要りません。もし投入口が無ければ、すすぎの後に入れるようにしましょう。洗剤と一緒に入れないようにしましょうね♪

まとめ

いかがでしたか?肌って本当デリケートなんです。
顔ならもっと繊細です。常に外気に触れているし、シワもできやすいし、老化も目立つところなのでね。まあ、顔は衣類に触れることはほとんど無いので、柔軟剤と顔にはさほど関連は無いですけどね。

まあ、今回の記事で肌の弱さを知っていただけたなら幸いです。

そして最後に・・・低刺激、かつ洗濯が楽しくなる柔軟剤を知りたくないですか?
毎日続いて退屈な洗濯タイムでも、今まで以上にグッと楽しい時間になればと思い、ご紹介したいものがあります。次のふたつです。

◆ミューラグジャス ファブリックソフトナー(柔軟剤)◆
◆ミューラグジャス(柔軟剤入り洗剤)◆

深みと品のある香りを追求した、とってもオシャレな柔軟剤と洗剤です。お肌に優しい処方で、赤ちゃんでも安心して使えるというところがポイント!リピート率も高いそうですよ。

興味があれば、ぜひ公式通販サイトで詳細をご覧になってみてください♪ 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク