人工甘味料の安全性は?肌にも害なのか

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

人工甘味料と肌

砂糖断ちで、肌荒れや老化を食い止める方法を考えよ!」の記事では、砂糖の危険性をお伝えしました。今回も同じく“甘い”をテーマにしたお話です。

例えば、あなたが、
砂糖たっぷりでシュワシュワしたおいしいコーラが大好きだったとしましょう!

そして砂糖断ちをすべく、コーラをやめようとします。

・・・でも、こう思います。

「砂糖でなくたって、甘ければいいんだ!そんなコーラはないかな~」

うん、賢い考え方です。砂糖は甘い物の代表ですが、世の中 甘いのは砂糖だけではないはずです。

そこで、あなたは、
人工甘味料で甘く作られているコーラを発見!ラベルには「ゼロカロリー」と書いてあります。

だから喜び勇んで手に取ります!

「これだこれ!砂糖が入ってないし、なにしろ太らないから夢のようなコーラじゃないの~♪」

あなたに限らず、大抵の人がこう思っているはず。

今はコーラの話でしたが、自分の大好きな物に置き換えて考えてみても良いと思います。

・・・さて、本当に大丈夫なんでしょうか?

「夢のような○○」の“夢”というのは、悪夢のことではないでしょうか?
あなたのその考え方こそ甘いのかもしれませんよ!

人工甘味料の中には、砂糖より約10000倍も甘味が強いものも!

少しウンチク話になるので、ご辛抱くださいませ。

人工甘味料とは、天然ではない合成甘味料のことをいいます。代表的なものとして、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロース、サッカリン、ネオテームなどがあります。あるサイトではキシリトールも人工甘味料と書いてありましたが、本来は天然甘味料です。ただ、お菓子などに使う際は作為的に生成することも少なくありません。

アスパルテームは、ローカロリーorゼロカロリーの飲み物や食品によく使われ、後引きのある甘さがあります。そこにアセスルファムカリウムやスクラロースが一緒に使われることも多く、甘味の相乗効果をもたらします。

スクラロースは砂糖の甘さに似ているという話もあります。

サッカリンは主にチューインガムや歯磨き粉に使われ、甘味と刺激をもたらします。

そしてネオテームはアスパルテームを利用して開発された最も甘い甘味料で、砂糖の7000~13000倍もの甘味度があります

ほかにも色々あり、中には使用禁止になっているものもあります。色々と健康被害を懸念した上で、そうなっているのです。

種類についての話はこの記事の主旨ではないのでここらへんまでにしておき、以下、代表的な人工甘味料にスポットを当てて見ていこうと思います。

人工甘味料は意外に問題ない!?

最近はいろいろと言われていますね。

発癌性があるだの、脳腫瘍ができるだの、実は太るだの、糖尿病にもかかるだの
砂糖以上に敵視しされることも多いものです。実際にネットで検索してみると、ざっくざっく出てきますよ!

しかし実際はどうなのでしょうか?

人工甘味料飲料

アスパルテームは、ある実験の統計では発癌性があるとも言われていました。しかし、別の実験では発癌性は認められないと結論付けられました。

アセスルファムカリウムもJECFAによって無毒であることが証明されています。スクラロースも血糖値に影響なしとされ、ネオテームも毒性は問題視されていません。意外にも、さほど問題無いんです。

ただ、サッカリンも特に危険性は示されていないですが、安全性を考慮して食品に使うことが規制されています。

・・・こう見てみると、実際のところ世間が騒ぎ立てるほどの危険性は無いものと思われます。

しかし、研究者たちの中でもまだまだ未知なる世界でしょうし、人工物ということもあって何かしらの害が今後発見されることもあるかもしれません。それは神のみぞ知るってやつです。

でも、天然でない以上怖い気がするのですが、私だけでしょうか?

サッカリンに関しても、現在は特に危険性がないとされているにもかかわらず食品に使われていない。そういったところを見ると、研究者たちの中で色々な疑惑が浮上しているのではないかという気もします。

サッカリンに限らず、ほかの人工甘味料にもまだまだ隠れた真実があるのではないかという気さえします。

人工甘味料の研究結果は信じ切れない

世間で騒がれているということは、たとえ完全に実証されていなくても、危険性があるかもしれないというわけです。

今は問題無いとされていても、過去の研究では危険性が結論付けられていたものもあります。

新しいほうのデータを信じたいところですが、
「実は過去のほうが正しかったのではないか?新しいのを100%正しいと信じていいものか?」と疑わざるを得ません。

昨今の論文事件を見ていてもそう思います。あくまで素人的な意見ですが。

アスパルテームは広く問題視されており、精力減衰、脳腫瘍、知能低下、不眠、鬱、神経異常などの引き金であるという説があります。人工甘味料というのは摂取しすぎると依存性を催すとも言われています。

ほかにも、実証はされていなくても、
インスリンの分泌が倍増したとか、ゼロカロリー飲料を頻繁に飲む人にはデブが多いとか、興味深い話もよく聞きます。

かといってそれが万人に言えるとも限らず、研究者たちの中でも論争がおきているほどのよう。消費者である私たちにとっては到底分別がつくはずがありません

結局、砂糖のほうが危険では!

今言えることは、どう考えても砂糖のほうが危険ではないか!ということです。

しかし、人工甘味料についてはまだまだ謎が多く、大丈夫というわけでもありません

ただ、厚生労働省も数値を踏まえて認めている以上は、あまり神経質にならなくても良いと思います。控える必要はアリかもしれませんが、考えすぎるのは骨折り損でしょう。

人工甘味料ばかり気にするのであれば、ほかのものぜ~んぶにも気を払わないといけません。体内に入れるものなら全て、何かしらの害があって当然という考え方をする必要が出てきます。正直キリがありません。

そして、このブログのテーマである肌の話をすれば、
人工甘味料が肌に与える影響も、正直ハッキリとしたことは分かりません。でも、何も害がないと言えば、それはそれで変だと思います。

甘味を感じたくても、人工甘味料では砂糖のような快楽感を得られません。なので余計に暴飲暴食してしまったケースもあるようです。それを踏まえたら、当然体にも肌には悪影響ですよね。

すると、上のほうに書いた「ゼロカロリー飲料を頻繁に飲む人にはデブが多い」という論も合点がいきます。まあ、元々好奇心旺盛であるという考え方もできないこともないですが(^^;)

まとめ

砂糖は危険!
人工甘味料も怪しい・・・しかし神経質にならない程度にしましょう。

食べ物や飲み物はバランス良く摂取していこう!と考えるほうが、きっと建設的かもしれませんね。

それこそ、肌の健康や美容にとってもプラスに働くのではないかと思います。摂取の偏り、そして神経質になることによるストレスは、体にも肌には悪いです。気を付けましょう!

甘い話の次は、塩っ辛い話でもいかがですか?甘い物を食べると、次は塩辛い物が食べたくなりますよね(笑)

  ⇒ 塩が肌の美容に与える効果と悪影響

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 飲食その他   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク