1月の肌のお手入れ!まだまだ続く、寒く乾いた日々

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

1月 肌

1月になると、正月があったりしてどうしても浮かれた気分になりますよね。「正月ボケ」という言葉があるように、調子が狂ったりヤル気が出なかったりする人は多いもの。

それに、これから春に向かっていくということでワクワクする人も増えると思います。

そんなとき、肌のお手入れについて手を抜いてしまう人もいるでしょう。でも美容の面から言えば、それはちょっと怖いですね。

まだまだ寒く乾燥した日が続き、それは3月や4月までことごとく続いていきます。正月に気が抜けて、その後肌荒れになってしまう人はけっこういらっしゃるみたいで、あなたもそのひとりにならないようにしたいものです。え?もうなってしまった?・・・あら。。。

では、1月の肌のお手入れについて、ご説明したいと思います。

正月(1月上旬)のスキンケア

楽しい楽しいお正月!
ここでのスキンケアこそ、その後の肌状態の良し悪しに大きくかかわってくると思います。

正月のケアに関しては、次の記事に詳しいです。
>> 正月に肌荒れをするかも!気を付けて過ごしましょう

美容アイテムを使ったケアのみならず、生活面に関しても書いてありますので、
どうしても正月にだらけてしまう方は是非一読してみてください。

正月を過ぎてからのスキンケア

さて、1月といえば「仕事始め」!学生さんは授業の再開とかテストとか。

せっかくゴロゴロして楽しいお正月を送ってきても、すぐに現実に引き戻されてしまって非常にめんどくさい気分になりますよね。私は小学生の時に、涙をこらえながら新年初登校しました(笑)

何が言いたいのかというと、
意外に心にストレスがのしかかるのではないか?ということです。

「新年早々、またアイツの顔を見なきゃいけないのか」
「そういえば、去年めんどくさい仕事を残したままだった!」
「もっとゴロゴロしていたいなあ・・・」

そんな思いを抱かれる方は少なくないと思います。
そういう方は、心に大きな負担がかかるので、自律神経の働きが狂ったりして、代謝の低下につながったりします

つまり、代謝が悪くなれば肌にも悪いということです。

肌のターンオーバーや修復がうまく働かず、
このときに肌がますますガサガサになったり吹き出モノができてしまったりします。

特に敏感肌の方はその傾向にあるように思いますので、
ストレスを抱えない生活を心がけていきたいものです。

でも、そんな生活、いったいどうやって送ればよいのか??
・・・これは簡単にはいきませんよね。だって、仕事だったら責任が生じるわけだし、嫌な奴とも働かないといけませんから!

だから、ストレスを溜めないと考えるより、
そういうものだと割り切り、発散法のほうを重点的に考えたほうがきっと良いでしょう。

あと、正月にだらけ過ぎないことも大事。
そのほうが、いざ生活モードが通常モードになっても体がうまく順応するかと思います♪是非心がけてみてくださいね。

まだまだ手が抜けない、保湿とバリアのケア!

1月は最も寒い月(地域にもよります)。そして乾燥は止むことを知りません。

保湿とバリアのケアを入念に行っていきましょう!
特に敏感肌の方は、それ専用のスキンケアアイテムを使うことが一番です。冬だけと言わず、一年を通して使われると良いと思います。

なぜそうしたほうが良いかというと、
敏感肌というのは、その肌の機能がうまく働いていないからです。つまり、保湿だけしていても、結局また同じようにカサカサしたりパリパリしたりヒリヒリしたり・・・。

だから、肌の機能を整えるためのスキンケアが必要なのです。
敏感肌向けの保湿ケアができる化粧品でバッチリ出来ます♪

敏感肌に良い基礎化粧品
【アイテム訴求・化粧水】アヤナストライアルセット

これからはスノースポーツ!!

12月はクリスマス、2月はバレンタイン。1月は正月。
・・・でも、正月生活は1月の頭で終わってしまうので、残る1月は何もないんですよね(ざっくり言い過ぎ?)。

でも、バレンタインに向けて彼女(彼氏)を作りたがる男性(女性)もいることでしょう。大学生なんかは1月2月と試験があったりしますが、学校に行かなくて良い日も増えると思うので、遊びに行く機会も増えます。

この時期はスキーやスノーボードなどのスノースポーツが旬!
一面の白銀世界に囲まれて、まばゆさを感じるときです。

でも!そのまばゆさこそ肌には大敵。
紫外線を大量に反射し、あなたの肌の細部へ突き刺さってくるのです。

だから、冬の日焼け対策も忘れてはなりません。
別に普段過ごすときは良いのですが、スノースポーツのときにはしっかりと対策を!空気も澄んでいるので紫外線量は意外に多いです。

>> 冬の日焼け止めについてはこちら

まとめ

今回は、1月にすべき肌のお手入れのお話でした。

まあ、ここに書いたことがマニュアルというわけではないので、ご自身で調整しながらしっかりとケアされると良いと思います。

寒い時期は家の中にもこもりがちですが、
しっかりとあたたかい格好をし、しっかり運動もして心身ともにハッスルしていきましょう!

健康的な生活こそ、肌には美味しい養分なのです♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク