冬の日焼け止めのおすすめって?知らなきゃアナタは老化する

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

冬日焼け止めおすすめ

地域にもよりますが、冬は寒く、日照時間が短くて日差しも弱いことが多いです。

そのため、洗濯物が乾きにくかったり、日向ぼっこしてもいまいちあたたかくならなかったりしますよね。

でも、冬には冬ならではの晴れ間というのがあります!
冷たくてピシッと引き締まった空気に注ぐ太陽の光。その光景はさえざえとして美しいなあと思います。

さて今回は、そんな冬の晴れ間での日焼けに関するお話です。

日光というものがある限り焼けないことはないです。冬の日焼け止めのおすすめな物をご紹介していこうと思います。

「冬なんて日焼け対策しなくてもいいだろ」

と思っていらっしゃる方!・・・それは大きな間違いですゾ。

冬の日焼け止めには、弱い日焼け止め成分のものを選ぼう!

当然ながら、冬は夏みたいに体中に塗りたぐる必要はないし、強いものは必要ありません

冬は空気の乾燥が酷いため、肌も傷みやすい状態です。
UVカット成分は肌に負担をかけるので、極力弱いものを使いましょう。

それに、基本冬は長袖かつ厚着をすると思うので、日焼け止めが必要となってくるのは顔が中心となるでしょう。

よって、ざっくり言えば、

* 弱いUVカット成分の入っている化粧品

* 同様の日焼け止め用品

を使うだけでも十分かなと思います。

「弱い」と書きましたが、SPFは20くらいでPAが+でも十分です。ちょっと買い物に行くくらいならSPFは一桁でも良いです。

普通にワセリンを塗るだけでも十分効果が得られます(笑)

ただ、外にいる時間が長い場合は当然必要ですし、スポーツ等で長い時間外にいる場合はSPF値を高めましょう。

晴れの日の屋外活動には、ちょっと強めを意識し、

* SPF20前後、PA++

が良いと思います。

「シルキーモイストファンデーション」というモノを例にとって説明すると、これにはSPF22・PA++の日焼け止め成分が含まれています。

SPFが1のときには20分ほど効き目が続くので、例えば22ならその22倍の7時間半ほど効きます。夏のように汗に流される頻度も少ないので、高めに見積もる必要もありません。

そして夏も冬も同じですが、塗るときは塗り残しのないよう万遍なく塗るようにしましょう。

雪かき、雪遊び、雪に囲まれたスポーツ活動等の場合

雪

ここで注意すべきは、冬ならではの風物詩である雪です。

曇りの日ならいざ知らず、雪が積もっているときに太陽が出ていると、日光がバンバン反射して紫外線の嵐を浴びることになります

そのため、雪かきや雪遊びをするときや、はたまた雪山等でスキーなどを楽しむ際は、普段よりも強めの日焼け止めがおすすめです。

強め、といっても強力な物は必要ないですが、

* SPF20~30、PA++(気になる方は+++)

を意識されると良いと思います。

SPFはあくまで目安ですが、雪が積もっていても晴れている日や、半日以上活動される方は30に近いものをお選びください。活動中は汗もかきますので、それを意識しての数値となっております。

冬には絶対忘れてはならないこととは

日焼け止めのお話をしてきましたが、冬には絶対に忘れてはならないことがあります。

上のほうでもチラッと書きましたが、冬はとにかく空気の乾燥が酷いです。そのため、肌も乾燥しやすく、非常にデリケートな状態になっています。

そこで大事なのは、「冬の日焼け止めって何がおすすめかな~?」と考えることよりも、

* 保湿

です!

日焼け止めよりも保湿のほうを優先すべきだと私は考えております。まあ、当然のことかもしれませんが、もし日焼け止めばかり気にされていた方は、まず先に保湿剤を改めて気にかけてみましょう。

保湿を怠って日焼け止めを塗っても、冬の場合は特に“本末転倒”に陥りやすくなるかと思います。あらら・・・。

以上を踏まえてのおすすめ品って? 

冬の日焼け止めのおすすめって?

ここまで述べてきたことまとめると、

  • * 保湿を徹底し、弱めの日焼け止めを施す。
  • * 屋外活動では少し強め、雪の日の屋外活動はさらにもう少し強める。

ということになります。

これを踏まえてのおすすめ品とは何か?と考えると、ハッキリ言って色々あり過ぎて難しいところがありますが、
上のほうで例として挙げたシルキーモイストファンデーション。これが魅力的です。

日焼け止めという名目ではなく美容が目的ですが、日焼け止めが申し訳なさそうな感じで入っているのでちょうど良いのです。

化粧水をしっかり肌になじませてから使うと良いでしょう。ファンデーション機能も含まれているので便利といえば便利です。

ただ、SPFが22、PAが++なので、屋内の活動でしたら強くて逆に肌に負担になってしまうかもしれません。冬に屋外活動をする際や、冬以外の季節の日焼け対策に使うことをおすすめいたします。

ファンデーション機能がどうもイヤという方は、オーガニックなウェアルーUV が良いです。これのSPAは30でPAは++ですので、特に雪の日の屋外活動時にお使いください

ほか、この世にはあらゆるアイテムがあります。シーンごとに使い分けてみるといった高度なテクニックも研究してみると、より一層肌の美容や老化予防に良いかと思います。

まとめ

さて、冬の日焼け対策に使うべきおすすめ日焼け止めのお話はいかがでしたでしょうか?

冬だからといって安心しきっていてはダメ。でも保湿のほうが重要で、それを前提に賢く日焼け止めを使っていくことが美容対策や老化予防になります。

「神経質だろ」と言われればそれまでですが、
女性なら誰もキレイになりたいものです。旦那さんや彼氏から「カワイイね」って死ぬまで言ってもらいたいものなんです(*^^*)

それもあってこその冬の日焼け対策なのですよね。

◆シルキーモイストファンデーション◆
シルキーモイストファンデーション
60秒であなたは大変身!?隠せるものは隠しつつ、冬の日焼け対策にもバッチリ♪SPF22・PA++です。

詳細3

 
 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 日光や紫外線と肌の関係とは, 日焼け対策グッズ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク