日焼け対策はいつから始めれば良い?その答えは・・・

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

日焼け止めいつから

日焼け対策って、一体いつからやれば良いのでしょうか?
春、そして夏が刻々と近付いてくると気になるものです。

・・・その答えはずばり、「できれば今すぐ」です。

というのも、太陽は一年を通して出ているからです。
至極当たり前なことかもしれませんが、これが案外重要なのですね。

紫外線が降り注いでいる以上は、その影響は多かれ少なかれ受けてしまいます。

とはいっても、普段使っている化粧下地やファンデーションには日焼け止め成分が入っているので、年がら年中、嫌でも日焼け対策はある程度できているものです。

でも特に強化したいのは、春から・・・とりわけ3月半ばくらいからでしょうか。

地域によって紫外線量は異なるので一概には言えませんが、「から日焼け対策を強化する」と考えておかれると良いかと思います。

春は意外に紫外線が降り注ぐ

紫外線って聞くと、どうしても7月や8月とかの夏のイメージが付きまとうかと思います。
が、春は意外にも日焼けの盲点です。

地域にもよりますが、紫外線量は3月頃からグ~ンと増え始め、4月には真夏のときの量の1/2を超えます

「まだ春だから全然平気~♪」と のほほん としていると、知らぬ間に肌がくすんでしまったり、赤っぽく腫れたりするのです。

敏感肌の方だと、もともと花粉の影響で肌荒れしたり、はたまた冬の頃の乾燥の影響の名残があったりして、肌は弱りかけています。

そこに紫外線が突き刺さると、日焼けや肌の老化といった影響をもろに受けてしまうことになります。

だから、春の3月半ばくらいからしっかり日焼け対策をしておくと良いのではないでしょうか?

だからといって、やたら強いのは必要ない

対策だ対策だと躍起になって、やたら強い日焼け止めを塗ってしまうとかえって肌荒れを起こしてしまいます。
なので、ある程度弱い日焼け止めで十分でしょう。

日焼け止めには、SPFとPAという数値があるのはご存知でしょうか?

きっとご存知の方も多いかと思いますが、SPFとはUV-B波を防ぐ効果、PAとはUV-A波を防ぐ効果だと思っていただくとOKです。

春の場合は、SPF20~30、PAも++くらいで十分だと私は思っています。
ピクニックなどの外出時には、これらより少し強めでも良いでしょう。

夏場もそんなに高い数値は必要なくて、SPF25~30前後で、PAは+++までを私は目安としています。
(マリンスポーツのときは高めが良いですけどね)

これまで、特に何も考えずSPF50、PA++++といった日焼け止めを使われていた方は、マリンスポーツ時以外、一度やめてみると良いでしょう。

そのほうが案外、肌の調子が良くなるかと思います♪

オススメの日焼け止めって何がある?

さて、ここで春先~夏にかけての日常生活でオススメな日焼け止め例を、2つ挙げたいと思います。

ひとつ目は、HANAオーガニックから出ている「ウェアルーUV」です。

ブランド名のとおりオーガニックであり、リキッドファンデーションのような乳液タイプの日焼け止めです。
SPFは30でPAが++です。ちょうど良いですね。

ホホバオイルやツバキ油などの美容成分も豊富で、オーガニックエキスが保湿・エイジングケアの効果を持っています。

伸びがよく、ツヤ出し効果があり、白浮きしないのも嬉しい一点です。
ピンクベージュとイエローベージュから色が選べます(2018年3月5日現在)。

オフする際も、洗顔で簡単に落ちてくれるので助かります。

ぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

>> ウェアルーUV 公式ページへ

 

次に2つ目。「ミネラルパウダリーファンデーション」です。

上の「ウェアルーUV」はリキッドでしたが、こちらはパウダーですね。
SPFとPAは、「ウェアルーUV」同様に30と++です。

天然のミネラル成分と17種類の美容成分が含まれ、やさしくケア・化粧しながらの日焼け対策が可能です。
洗顔でも簡単に落とせる、肌に優しいタイプ。

色もいくつかから選べますが、合わなかったら交換できる点も私たちには安心です。

ぜひ一度チェックなさってみると良いでしょう。

>> ミネラルパウダリーファンデーション 公式ページへ

まとめ

今回は、日焼け対策はいつから?というテーマでお話をしました。

もう一度答えを言えば、「できれば今すぐ」というのがふさわしいです。
春であろうが夏であろうが秋であろうが冬であろうが、思い立ったが吉日です!

ですが、そんなことを言ったらキリがない・・・というか、「だったらわざわざ検索しないよ!」って話ですね。

なので強いて言えば、3月の半ばくらいから、SPF20~30、PA++くらいのものを使うと良いかと思います。

もちろん、その効果の数値は目安で、「絶対こうでないとダメ!」ってわけではないでしょう。
強すぎないのに越したことはないですが、人によっては強めが良い場合もあるかもしれません。

春は、暖かくなってくるので、外出する機会も多くなります。

日焼け止めだけでなく、できれば美白ケアなどもして、早め早めに万全の日焼け対策をしたいものですね♪

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク


※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 日光や紫外線と肌の関係とは   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク