日焼け止めを毎日塗ると、肌に大きな負担となる!?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

毎日の日焼け止めは肌に負担

日差しが強いと、紫外線による日焼けが心配で日焼け止めを塗りますよね。でも、夏場とかは毎日毎日日差しが強く、日焼け止めをしない日はない!という人も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

すると、こんな疑問が出てきます。

「日焼け止めを毎日塗るのは。肌にとっていいんだろうか・・・?」

スキンケアについて興味がある人は誰でも、日焼け止めは肌に負担になってしまうことをどこかで知ったかと思います。だから、「毎日塗るのはいいのか?」という疑問を抱くのだと思います。

では、もったいぶらずに結論から言いましょう。

可能なら、毎日塗らないほうがいいです!!

日焼け止めは毎日は塗らないほうがいい、その理由

ご存知のとおり、日焼け止めには肌に負担になる成分が入っています。だから単純に、極力塗らないほうが肌には優しいということです。

「でも、紫外線対策しないと焼けちゃうよ」
・・・ごもっともです!そ、そうですよね。日焼けしてしまうのも、また肌に負担です。

だから、結局のところ、塗らざるを得ないというわけですね。

「なんだ、やっぱり毎日塗ったほうがいいのか」
・・・いや~、理屈としては良くないんですね、これも。

必要最低限に塗るようにするのがポイントだと思いますね。屋内にいる時間が長い場合は、薄めにしたり全く塗らなかったりすると良いでしょう。

毎日がっつり使うなら、「吸収剤」ではなく「散乱剤」を!

肌が強い方は、日焼け止めを塗ってもさほど負担にならないかもしれませんが、毎日がっつり使うつもりの方は、やはり気になってしまいますよね。

そこで、ちょっとしたコツ(?)のようなものをお伝えします。

日焼け止めは、「吸収剤」タイプではなくて「散乱剤」タイプを使いましょうということです。

日焼け止めには大きく分けて2種類あって、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が存在しています。前者は、成分が紫外線を吸収してそのまま熱エネルギーに変換するもので、後者は、成分が紫外線をただ跳ね返すものです。

前者(吸収剤)では化学反応を利用して紫外線を除去するため、優れた作用は見込めるものの、副作用のごとく肌に負担になってしまいます。

一方、後者(散乱剤)の場合は化学反応を利用していないので、吸収剤に比べたら肌に負担になりにくいのです。よって、日焼け対策をされる場合は、紫外線散乱剤のほうを積極的に使われることをオススメします。

ただ、散乱剤のほうは肌につけた粉が飛んだり汗で流れたりしてしまうため、こまめに付け直すなどするようにしましょう。また白浮きもしやすいものが多く、肌の見た目としてはちょっと劣りますね。

吸収剤と散乱剤の見分け方

見分け方は簡単です!

SPF50なら、まず吸収剤の日焼け止めと思ってもOKでしょう。50の散乱剤もありますが、その数値は高すぎると思うので、よほどの理由がない限りは避けたほうが無難です。

また、散乱剤のほうは基本的にノンケミカル処方となっています。というのも、散乱剤自体がケミカルなものなので、ノンケミカルということは散乱剤が入っていないことに等しいからです。

ここで散乱剤の成分の例を挙げると、オキシベンゾン、グアイアズレン、サリチル酸フェニルシノキサートなどがありますが、
そういうのを気にすると頭が痛くなると思うので(笑)、思い切ってノンケミカルやオーガニック処方の日焼け止めを選ばれると良いでしょう。

散乱剤の日焼け止めの場合は、それなりの表記があるので、それをアテにするようにしてみましょう♪

なお、特に敏感肌の方や肌が弱っている方は、確実に散乱剤タイプのほうが安心ですね。

おすすめしたい日焼け止めはHANAオーガニック「ウェアルーUV」

私が、当ブログでよくおすすめしているのは、HANAオーガニックの「ウェアルーUV」という日焼け止めティント乳液です。紫外線対策と肌の色の演出をしてくれるアイテムです。

オーガニック化粧品の専門ブランドから出ているため、まずその時点で肌への負担については心配がありませんね。ウェアルーUVはれっきとした拡散剤タイプです♪

また、ナノ化原料(=簡単にいえば、成分を肌へ侵入させるための原料)も使われていないので、肌が不安定な方や敏感肌の方でも安心です。

さらに、拡散剤タイプのデメリットとして白浮きが挙がりますが、ウェアルーUVでは白浮きしにくく、見事にクリアしています。

毎日のように化粧下地を使うと思いますが、その下地としてウェアルーUVを使うことで、気軽に日焼け対策と肌演出ができます。ウェアルーUV の肌演出サポートに期待して、これを機にノンファンデーションに挑戦してみるのも悪くないと思いますよ♪

ウェアルーUVの公式通販サイトはこちら

まとめ

ちょっとゴチャゴチャした感じの記事になってしまったので、ここでまとめてみましょう。

* 日焼け止めは必要最低限で良い
* 毎日塗る必要がある方や敏感肌の方は、吸収剤ではなく散乱剤の日焼け止めを使おう
* オーガニック処方のウェアルーUVがおすすめ

・・・たったこれだけの内容の記事でした♪

最後に誤解がないように言っておきますが、吸収剤のことを悪く言うつもりはありません。吸収剤は吸収剤としてのメリットがあります。それは、強力な紫外線対策が可能であることと、落ちにくいということです。

ただ、肌が強い人やたまにの使用の場合はそれで良いですが、そうでない場合は肌に負担になってしまう可能性がありますよ~ということです♪

以上となります(^^)

ウェアルーUVについて見るならこちら
>> ウェアルーUV

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 肌ケアにプラスして考えてみたいこと   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク