【番外編】平手打ちをして罪悪感を抱いてしまった女性

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 4 分 くらいで読めます】

脇の下と平手打ち

桜も散りつつあり、夏が待ち遠しい今日この頃。あたたかくて気持ちの良い日です。

そこで今日の記事ですが、番外編ということで、肌に関するお話とは離れます。

この前、ある女性から、当ブログの「ご意見・ご要望」のページから衝撃的なメッセージが届きました。その題名こそ「平手打ち」。以前私は「平手打ちは腐ってる!肌に及ぼす腫れと老化」という記事を書きましたが、それを読まれてからメッセージをされたようです。

個別の返信は行っていないのでお返しはしておりませんが、この記事にて取り上げてみることにしました。

メッセージの内容

まずここで、メッセージをご紹介したいと思います。ただ、そのままコピーするのではなく箇条書きにしてあります。また、リスクヘッジを鑑みて情報の一部を勝手に変えてありますので、ご了承ください。

  • *飲食業で働く50代の女性A子。職場では年齢を明かしていない。
  • *かぶり物がずれてしまったため、両手で直していた。
  • *すると突然後ろから、20代前半くらいの男性社員B男に、両方の脇(わき)の下を指で突かれた。
  • *B男は謝ったが、A子は「許さない!」と。
  • *しかしB男が「えっ?」という顔をしたため、B男の顔をバシッと思い切り平手打ち。
  • *A子から見れば、B男は「クソガキ!」。「だけども他人の脇の下を触るだなんて…」。
  • *「隙だらけだったのか」「日頃から年齢を言っておけば…」とA子は悩む。
  • *「随分とまあイヤらしい事をされたものだと情けない」とさらに悩む。
  • *けれども、人様の子に平手打ちをしたことに罪悪感…。
  • *会社事情上、表立った騒ぎにはしたくない。
  • *よく眠れずにいたところ、当ブログに来た。
  • *そして、「確かに人の心をも腐らせますね」と書き、筆を置く。

メッセージを読んで・・・

けっこう衝撃的な内容だと思いませんか?なんてお下劣な男なのでしょう。脇の下を不意に触るだなんて、嫌がらせをしようとしたとしか思いません。きっと、どんな反応をするのか面白がっていたのでしょう。最悪な奴です。

平手打ちをかましたA子さんはよくやったと思います。アッパレです!

大の大人が、しかも男たるものが、女性の腋の下を触るだなんてことはあってはならないことです。セクシュアルハラスメント、場合によっては性的暴行ともいえると思います。証拠さえあれば、訴えることもできるでしょう。

“若気の至り” なのでしょうかね。そんな言葉で片付けてはいけないような気もしますが、そういうヤンチャぼうず はたびたび現れるような気がします。

ただ文脈から察するに、A子さんは真面目な人なのだと思います。B男の肩を持つわけではありませんが、A子さんの真面目な姿を見て、「いじってやろう」との心情に陥ったのかもしれません。子供のいたずらみたいな感じですね。

A子さんは、平手打ちをしたことを後悔されています。いくら悪いことをした男だといっても、相手はまだ若い。A子さんから見れば子どものような歳頃です。肌もピンとしています。

どんな気持ちで脇の下を触ってきたのか?の本意は分かりやしませんが、A子さんにも「やりすぎたかな」「いい歳して感情的になってしまった自分も情けない」という気持ちがあったからこそ、罪悪感を感じられたのではないかと思います。違ってたらごめんなさい。

でも、何はともあれ、平手打ちの制裁はちょうど良かったと思います。

そういえば、過去の記事「平手打ちは腐ってる!肌に及ぼす腫れと老化」の中で、私は次のように述べました。

平手打ち(すなわち体罰)は教育に必要だ!と思われる方もいると思いますが、それは、手を出す側の気持ちがスカッと晴れた大空になるだけで、叩かれた方の痛みは大変大きいものです。だからダメ!

 
 絶対ダメ!! 平手打ちは腐ってます。

 
ただ、こんなに強く言っておきながら、例外もあると思っています。

まあデリケートなテーマかもしれないので、声を大にして言うことはできないのですが、非人道的な行為を行った者に対して、そして命にかかわる重大な過ちを起こしかけたりした者に対しては、一発“愛のある”平手打ちをかましても良いと私は考えています。

今回のB男に関しては、「非人道的な行為」をしたということになると思いますので、A子さんがかました平手打ちは意味のあるものだったはずです。・・・と私は思いたい!!

A子さん自身は、平手打ちをしてしまったことに罪悪感を抱かれていますが、たしかに、口で言ってどうにかなったかもしれないし、ほかに方法があったのかもしれません。でも、B男がやったことはセクハラあるいは性的暴行につながりかねない行為なので、平手打ちは致し方ないと思いました。

A子さんは、おそらく今もB男に対して嫌悪感を抱いていると思います。逆にB男は、反省していれば「申し訳ない」という気持ちを抱いているはずです。A子さんにとっては忘れられない出来事だったと思いますが、二人が “職場仲間として” 考え合うきっかけになれば、と私は期待します。

かなりプラスに考えれば、B男はA子さんのことが好きだったという可能性も無きにしも非ずですね。でもまあ、好きな人に対して嫌われる行為を施すっていうのは馬鹿としか言いようがないですが(^^;)

ただ、B男が全く反省していないどころか、平手打ちをされたことを恨んでいるのであれば、少し気を付けたほうが良いかもしれません。お互いの溝は深まったままだと思います。それだと今度は仕事にも支障を来しますし精神衛生的にも良くないので、上司か誰かに事情をうまく説明して、取り繕ってもらうのが賢明かもしれませんね。

まあ、何も問題がなければ、とりあえず様子見といったところでしょうか。今後同じようなことがあれば、必ず上司や信頼できる人に相談すべきかと思います。もし相談できる相手がいなかったら・・・、職場を変えたほうが良いかもしれませんね。

・・・と、なんだか本当にA子さんに返信しているような書きぶりとなってきましたが、まあ、以上は私の抱いている一意見にすぎませんので、参考の参考程度にしていただけるだけでも、それで幸いです。

もし、この記事で気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。でも、たびたび起こりうる問題だと思ったので、あえて取り上げてみました。

B男のような男性は少ないと信じたいですが、男性も女性もB男を反面教師とし、相手の立場や気持ちを考え清楚なる行動をとっていきたいものですね。

A子さん、勇気あるメッセージ、ありがとうございました。どうか気を落とさず、A子さんらしい生活をお送りくださいませ^^

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 番外編   パーマリンク