春の肌荒れを防ぐには、スキンケアと安らぎを大切に!

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

春 肌荒れ

春。それは別れと出会いの季節。
と同時に、肌荒れのしやすい時期でもあります。

それなぜか?・・・ざっくり言えば、季節の変わり目であることと、乾燥やアレルギーの影響が出やすい季節だからです。

寒くて乾燥の酷い冬から、ジメジメとした暑い夏に向けて、徐々に変わっていくときです。気温も次第に高くなり乾燥も緩和してくるので、とても安心感を覚えますが、新しい業務が増えたり、片付け・準備や掃除など、真新しい生活のためにドタバタしてストレスも溜まりやすい時期でもあります。

そういった意味でも変わり目の季節ですね。そこに空気乾燥と花粉などが襲い掛かる・・・という感じです。

ぜひ、対策をして肌荒れを防いでいきましょう。

安心しきらず、保湿を入念に行いましょう!

ポカポカ陽気の日が増えてくると、どうしても人間は寛大な心になります(関係ないですが、不審者が増えるのもこの理由です)。

春になると冬の頃の緊張が解けて、スキンケアもついついおろそかになりがちです。

なので、安心しきらずにきちんと保湿をすることを忘れないようにすべきです。
最初のほうで述べたように、春でもまだまだ空気は乾燥しています。
また、気温の変化のせいで、肌の機能が追い付かずに敏感肌になりやすかったりもします。

敏感肌になってしまったときは、保湿のスキンケアに加えて敏感肌ケアも必要です。つまり、外的な刺激に対しての防御力を高めるためのスキンケアです。後ほどご紹介しますね。

花粉という厄介な奴!こいつにも気を付けよう!

春は花粉や黄砂が飛びまくりますよね。空が霞んで見えづらくなることもあるくらいです。

花粉はクシャミなどの原因ですが、肌荒れの要因でもあります。花粉アレルギーの人は目の周りが赤くなり、酷い場合は顔中が赤くなって熱が出たりもします。鼻をかんだりするときの肌荒れも心配ですね。

なので、花粉を防ぐにはマスクを着用したり、保湿のバリアケアで皮膚を守ってあげることが大切です。

それから、肌がアレルギー反応を起こしてかゆくなったり赤くなったりする場合は、免疫力の低下が原因となっている可能性があります。つまり、肌機能の低下を招いて敏感になっているのです。

そのため、前項で述べたとおり、保湿ケアに加えて敏感肌向けのスキンケアをするのは、非常に有効な手段です。詳しくは別の記事をご覧ください。

>> 春の敏感肌対策と、花粉への対策はこちら

日焼け対策も考えていくようにしよう!

冬から夏に変わりつつある春は、日差しも次第に強くなっていきます
すると、心配なのはやはり日焼けです。

冬の頃はあまり意識していない日焼け止めですが、夏に向けて、春の小寒い時期から気にしていくのが良いかと思います。

とは言っても、まだ強いのは必要ないでしょう。SPFやPAでいうと、SPF20~30、PAは++くらいで十分かと思います。強すぎても肌に負担になることがあります。もちろん、ファンデ等に入っている日焼け止め成分だけでも十分なことがほとんどです♪

徐々に気を注いでいく感じで良いでしょう。

ストレスを発散する機会を設けよう!

冒頭にも書いたように、春はドタバタして忙しい時期です。今までの生活とは違った生活が始まったり、何かと新しい日課が増えたりもしますよね。

そういうときは、肌のみならず心も追いつかなくなってしまいます
つまり、ストレスが溜まりやすくなるということです。

ストレスを溜めると、自律神経の働きが狂ってきて、血行が悪くなったり代謝機能が鈍ってきたりします。結果として、肌の健康状態も不安定となり、乾燥肌を招いたり敏感肌になったり、皮脂が過剰分泌されたりすることもあります。

やはり季節の変わり目ということで完全に防ぐのは難しいですが、なるべくストレス発散を心がけ、心に安らぎと潤いを与えてあげましょう。

忙しいとそんな時間すら取れないかもしれませんが、5分だけでも良いので、何もせずボーっとしたり、枕を口元に当てて大声を張り上げたりするだけでも良いと思います。

私のおすすめは、ずばりウォーキング。花粉が心配ですが、花粉対策をした上で散歩に出かけたりすると、とても心地良い気分になりますね。ストレスも溶けていくような感じがします。

とにかく何でも良いので、少しずつストレス発散タイムを確保していけると良いですね♪あと、泣きたいときは泣けばいいし、好きな音楽に癒されてみるのも良いでしょう(*^^*)

春眠暁を覚えず!・・・なぜ眠ってしまうのか?

「春眠暁を覚えず」ということわざがありますよね。
デジタル大辞泉によると、「春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう」という意味があります。

でも、なぜ眠ってしまうのでしょうか?

まあ、諸説あると思いますが、
私は、花粉症(鼻づまりや頭痛)による睡眠妨害、慌ただしい生活のストレスによる不眠などがあげられると思います、私の場合は、ポカポカ陽気のせいで気が抜けて夜更かししてしまいますが(^^;)

不眠は、自律神経の調子を悪くしてしまいます
つまり、肌にも悪いってことです。

春にはなかなか寝付けない人も多いかと思いますが、
花粉症対策をし、ストレス発散・リラックスをし、プラスしてスキンケアをして、肌荒れから肌を守っていきましょう♪

まとめ

今回は、春の肌荒れを防ぐための方法のようなことをざっとお話ししました。

気が抜けて肌荒れを起こす人が意外と多い春。
浮かれた気分もほどほどにして、ある程度しまりのある生活を送っていきたいものですね(*^^*)

特に保湿ケアや花粉対策は、早いうちから手を打つことで肌の調子も良くなりやすいです。「私敏感肌になりやすいかも」という方は、是非、今日からでも対策を練ってみると良いでしょう。

 >> 春の敏感肌対策と、花粉への対策はこちら

 

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: シーン・状況別の肌対策, 色々な状況や肌への影響など(雑多)   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク