肌に悪いことって、やっぱりコレじゃないですか?

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。 
 

【この記事は 3 分 くらいで読めます】

肌に悪いこと

肌に悪いことって、いったい何でしょう?
偏った食生活でしょうか?間違ったスキンケアでしょうか?ストレスでしょうか?

・・・答えは、
全部です。

油物の食べ過ぎ、お菓子の食べ過ぎ、肌に刺激的な化粧品、こすった洗顔、イライラ、メソメソ・・・これら全て、肌に悪いばかりか体に悪いのは想像に難くないと思います。

でも、私が一番恐れているのは、
「肌に悪いもの・肌に悪いことって何だろう?」と悩みすぎたり、
「肌のためにああしないとこうしないと」と神経質になりすぎてしまうことです。

それが、肌にも体にも一番負担を与えてしまうのではないかと思っています。

もちろん、肌をいたわる生活を心がけることは大切な事です。
それなくして、肌を美しくすることはできません。

だからと言って、神経を張り詰めてまで気にしていると、逆にストレスになってしまって良くないのです。

こんなことをしていたら、要注意!

インターネットで美容について調べていると、色々な情報を手に入れることができます。どんな成分が肌に良いのか、どんな成分が肌に悪いのかなど、検索してみるといくらでも出てきます。

だから、美肌を目指している人の中には、
本当に事細かに調べ上げているものです。

中には凄いサイトもあって、
化粧品やシャンプーの成分をひとうつひとつ細かく調査して、その商品の宣伝文句が誇大であるかどうかを突き止めたり、論文等の理論的な情報と照らし合わせて肌に良いか悪いかを考察していたりします。

そういうサイトは、たしかに間違ってはいないかもしれません。
しかし、それを100%信用して従うとなると、
かなり神経を鋭くさせて、色々気にしながら毎日を過ごしていかなくてはならなくなります。

「○○という成分は肌に悪いそうだから、これが入った化粧品は買えない」
というのを、意識続ける必要があるのです。

でも、実際に理想の商品を見つけて購入するにしても、
実は成分表示に書いてない成分が入っている可能性もあるし、
現段階では影響なしとされている成分でも、今後「影響あり」という結果が出てくることもあります。

だから、神経質なことを考えだすとキリがないわけで、
考えれば考えるほど、知らない間にストレスになっていきます。

そういうところで神経質な人というのは、
きっとほかのことに関しても神経質になっていると思う(そういう性格だろうから)ので、
どんどん心身に負荷がかかっていると思います。

そうなれば当然、肌だって理想の状態になりません。

すると、再び「一向にキレイにならないじゃないの!」、
「ああでもないこうでもない」と躍起になってしまい、ますますストレスが溜まっていくのです。

これでは悪循環ですね。

・・・あなたは大丈夫でしょうか?
気にし過ぎはストレスになってしまうので、要注意です!

食生活に関しても、同様のことが言えるのでは!?

食生活の面でも同じです。
ダイエットのお話をすれば分かりやすいと思うので、そうしましょう。

痩せたいからと言って色々な好物を我慢しているのにも関わらず、
気付いたら体重が増えてしまっていた!!泣 
ということはありませんか??

それはきっと、ストレスもひとつ関係していると思います。
ストレスが溜まると血行が悪くなったり代謝が悪くなったりしますし、
運動しようという気にもならないし、とにかくイライラして躍起になって、ある日突然甘い物を食べてしまったりもします。

運良く痩せることができても、どこかやつれてしまったり、
肌に元気が無くなってしまったりして、女性(男性)としての魅力がどこかに行ってしまいます。

このように、我慢我慢のストレスは体に良くないわけです。

だから、ダイエットは健康的に、そして無理なく、
だけども末永い努力をしながら続けていく必要があるのです。

スキンケアの面でもそれと同様で、
あまり気にし過ぎると、かえって仇となってしまったりするのです。

現に、あの食材がいけないだのこの食材がいけないだの、
世間では色々言われています。
例えば、乳製品の摂りすぎは子宮ガンになってしまうとか。

しかし、そんなことを言い出したらキリがなく、
ほどほどにしないと疲れてしまいます

美意識を高め、美容に気を遣うことは素晴らしいことです。
けれども、何事も“やりすぎ”は良くないのですね。

では、どんな心構えが必要か?

是非次の記事をご覧ください。

>> スキンケア・美容には、テキトーという精神が必要かもね!

↑今の記事と似たようなことを述べていますが、
どうやってスキンケアや美容に取り組めば良いか?といった視点で書いてあります。

まとめ

冒頭に書いたように、肌に悪いことは色々あります。逆に肌に良いこともたくさんあります。

ただ、どちらを極めようとしても、神経質になるとストレスが溜まってしまいます。ストレスこそ体にも心にも悪く、肌だって疲れてしまうかもしれません。

だから、ある程度はテキトーでいることが大事かなと思います。
「知らぬが仏」ではないですが、世の中知らないでおいたほうが良いこともたくさんあります(もちろんその逆も同様です)。

お時間あれば、ストレスフリーなスキンケアを目指すべく、
先ほどもご紹介した記事をご覧になってみてくださいね♪

>> スキンケア・美容には、テキトーという精神が必要かもね!

= 記事は以上です =

 
スポンサーリンク

ご自由に拡散OKです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 当ブログ内の美容・化粧品等の情報は、必ずしも効果・効能、結果等を保証するものではありませんので、あらかじめご了承くだされば幸いでございます。  
>> 目次はこちら <<


カテゴリー: 美意識や心の持ち方について   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク